RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
"A Dark Dark Tale" 再読
オチがいい味出している絵本です。

A Dark, Dark Tale (Picture Puffins)
Ruth Brown
0140546219

表紙の黒猫にいざなわれるようにして
読者は暗い、暗い森の中、
城の奥へと入っていきます。

だんだん dark になるところがたまりません。



★★★★☆
読みやすさレベル0
114 語

In the xxxxx, there was a dark, dark xxxxxx.
の繰り返しなので、
読み聞かせにいいですよ。
(と聞いて買ったのでした)

たとえば、森の絵があってページをめくると城が大きくなり、
In the wood, there was a dark, dark house.
またページをめくると入口のあたりがアップになり
At the front of the house, there was a dark, dark door.
「door ってなんじゃろ」と思ったとしてもページをめくれば
その先に進むので、絵でだいたいわかります。
(door はわかるかもしれないけど、その先に進むと
もっといろいろ出てくるのです。むふふ)

私だったら、dark, dark の 2 つめの dark を
うんと声を落として、おどろおどろしく読みたいなあ。

YouTube に動画がいくつか上がっています。



blogranking.gif

スポンサーサイト
読みやすさレベル0 | 18:19:12 | Trackback(-) | Comments(-)
昔からある絵本 "Caps for Sale" 『おさるとぼうしうり』
この絵本、知らなかったので、いや~、今回、
いい本を教えていただきました(後述)。

Caps for Sale Book and CD
Esphyr Slobodkina
0061215120

帽子売りのおっちゃんの話。

CD 付きの版をみつけたので、
それにリンクします。
繰り返しのところ、音で聴いたら楽しそう♪

★★★★★
読みやすさレベル0
674 語(出版社サイトより)


頭の上に帽子を積んで売り歩くおっちゃんの姿は
どこか滑稽です。
サルがサル真似をしおって、けしからん!
と怒るおっちゃん。

資本主義社会のルールで生きている人間は
どこか滑稽な姿をさらしている、
それに対して、楽しみをシェアする精神で生きてる
サルたちの自由なこと!!

というふうにも読めますね。
いろんな読み方ができるのが古典のいいところ!(初版 1938 年)

(個人的には、わたし、大戦前後の米国の絵本にでてくるサルは
白人の真似をする他者、つまり日本人への
当時のイメージが反映されていると思っています)
(なので、絵本にサルが出てくると、サル側の見方で読み直したくなるんですね)

今日(26日金曜日)の夕方 4 時までKindle Daily Deals の対象で
Kindle 版が 1.99 ドルになっています。
米国在住の方、米国価格で買える方はお急ぎを!
例によって日本からログインすると高くなり、5.90 ドルです。



先日、MIKI さんが twitter で The 50 Best Books for Kids という
リンクを紹介してくださいました。(ありがとうございました!)
この絵本知らなかったので、いい機会だし、Kindle 版でポチって読みました。
(ちなみに、50 冊のうち、既読 29 冊でした)

絵本でこの値段ならアリかな、
(普段の Kindle 価格より高いのか安いのかよくわからないけど・汗)
(もしかして 4 時以降の、普段価格のほうが安かったらどうしよう・滝汗)
(セールが終わったら、$5.98 でした)
この出会いのタイミングで勢いで読む~、というのが私の判断です。
やぱり絵本はハードカバーが発色がいい~とか、
せっかくなら CD 付きで~とか
いろいろ好みもあると思うので、そこはお好みでどうぞ。

blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 13:07:35 | Trackback(-) | Comments(-)
やさしい動物ノンフィクション When Animals Invade
昨日は、4 択の空所補充ゲームをやりましたが、
短文の連続につかれたのか、語に目がいくようになったのか、
Life Of Pi の続きに戻ったら
ひっかかるような感覚がありました。

やさしい本で、休憩しよっと!

以前教えていただいたオックスフォード大学出版局のサイトです。
これだけの冊数を無料で読めるなんて、オックスフォード太っ腹!
http://www.oxfordowl.co.uk/Library/Index/?AgeGroup=1

トラと漂流する話を読んでるので、動物もののノンフィクションが読みたくなり、[Book Type] から [Non-fiction] を選択。
選んだのがこちら。

Project X: Invasion: When Animals Invade
Chloe Rhodes Jon Stuart
0198471157

(←画像を借りるためアマゾンへリンクしてます)

害獣について。
こんなに可愛い表紙なのに!

人間だって動物の棲家を脅かしている
という指摘があるのも
動物愛護の国イギリスっぽい。

★★★★★
レベル0
352 語

Project X シリーズ、初めて読みました。
人気があると聞いていたけど、納得です。(^-^)

このサイトだと音声が出て、読み聞かせしてもらえるのもうれしい。
もう一度、サイトはこちらです。
http://www.oxfordowl.co.uk/Library/Index/?AgeGroup=1


blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 22:37:16 | Trackback(-) | Comments(-)
カルディコット賞受賞のシュールな絵本 (2013)
やっぱりこの絵本、前作を読んでから読むほうがいい!
前作を読んで、がくぜん、かつ、ぼーぜん、としてから
これを読んだほうが、シュール度が高くなると思うー。

This Is Not My Hat
Jon Klassen
0763655996ちがうねん

※カルディコット賞受賞の金の丸いシールがついてます。

★★★★★
読みやすさレベル0~1かな。
0でいいと思うけど、1にしようか迷う。
(レベル0と思ってナメルなよって感じ~)
204 語

魚くんの一人称(ひとり語り)で話が進みますが、
絵をみると、おや~?

前作はこちら。(ペーパーバック版にリンク)

I Want My Hat Back
Jon Klassen
1406338532どこいったん

それにしても、(もっと感動作もあるだろうに??)
こういう絵本にも賞を出すからカルディコット賞は好きさ!

そういえば、怪作 Tuesday もカルディコット受賞してましたね。


blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 11:49:39 | Trackback(-) | Comments(-)
At The Hospital
イギリスの小学生の副読本 Oxford Reading Tree から派生した、
家に持って帰って読むための Read at Home シリーズです。

First Experiences のレベルになると、読み応えがあって、
レベル1かなあ? という気もします(あくまで自分感覚)。
英語の本がはじめての人にはいきなりオススメしないレベルです。

Read at Home: First Experiences: at the Hospital (Read at Home First Experiences)
Roderick Hunt Annemarie Young Alex Brychta
0198387237

Chip (右の男の子)がサッカーの練習で
怪我をします。

イギリスだとギブスもカラフルで
緑色のギプスがあるんですね。
へー。

★★★★★
レベル0~1
385 語(手カウント)

ギブスを巻くときに、患者さんの不安をやわらげるよう
「ちょっと温かいですよ」って日本でも声をかけてくれますが
(お湯にひたして石膏成分を柔らかくしてから巻く)、
英語だとこんな風に言うんだ~と面白かったです。
ちょっとしたひとことなんだけど気持ちがこもっていて、
自分だったら英語でこれが出てくるかなあ~。

こういうの真似したいな。
(と思いつつ、すぐ忘れそうだけど・爆)

blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 11:11:15 | Trackback(-) | Comments(-)
Time to Say "Please"!
前に紹介したトイレ・トレーニングの絵本と同じ作者です。
Please と言いなさい、という絵本。かわいい~~。

Time to Say "Please"!
Mo Willems
0786852933

どういう場面で言うのか、
こういうときに言いなさいと、
ユーモアたっぷりに続きます。

★★★★★
読みやすさレベル0
170 語(手カウント)

ハードカバーしかなかったのですが、
見返しに仕掛けがありました。

ルーレット!(くるくる回せます)
moblog_2c6d6325.jpg

カバーをめくると、裏にすごろく!
moblog_9314c564.jpg

面白い~♪


blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 08:45:18 | Trackback(-) | Comments(-)
Time to Pee!
なんかこう、「うちまた」になっちゃうような(笑)。

Time to Pee!
Mo Willems
1406301582
子ども向けのトイレ・トレーニングの絵本です。

大きくなってから英語に触れた身として、
こういう幼児のときにかけられる言葉は
英語でかけられたことがありません。

人として原始的だった頃にかけられる
大人の言葉づかいは、
「うちまた」になっちゃうあの感じと共に
記憶の深いところにしまわれるのでしょう。

★★★★★
読みやすさレベル0
133 語(手カウント)

以前、多読仲間の間で話題になった絵本ですが、
今頃になって初めて読みました。(^^;;)
読んでよかったー!!!

レベルの高い本は、ストーリー・ラインの面白さとプライドで読む、
やさしいレベルの本は、ベーシックな英語そのものへの興味と
英語圏で育っていたら経験したであろう子ども時代を
追体験するために読む。

作者は、Elephant and Piggie シリーズの Mo Willems さんです♪

blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 09:15:10 | Trackback(-) | Comments(-)
ORT: Read at Home シリーズ
楽天ブックスでも ORT (Oxford Reading Tree) を
取り扱うようになったんですね。

イギリスの小学校で使われている Oxford Reading Tree ですが、
副読本として Read at Home のシリーズがあります。

(今回、楽天の期間限定ポイントが貯まったので、買ってみました!笑)



★★★★★

リサイクルの話ですが、あいかわらずお父さんがジョークを仕込んできます。
(ちまちま内職する Dad の絵が好き!)

ロンドン・オリンピックの開会式で思いましたが、
イギリス人のユーモアにかける情熱(?)ってなんなんでしょうね。
Mr Bean にあれだけ時間をとるのだもの、すごいなあ。
そして、指揮者役(?)をやっていた本物の指揮者の方の
ちょっとした演技力もすごい。

イギリスは、一般の人でも、ユーモア、演技の
潜在能力が高いように感じますが、どうでしょう。

教科書に、こうして一話完結のジョークを仕込んでくるあたりも、
なみなみならぬ、ユーモアへの愛を感じます。
blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 11:09:06 | Trackback(-) | Comments(-)
I Want My Hat Back
とぼけた味のクマさん。

I Want My Hat Back
Jon Klassen
0763655988

ぬぼー、としているようですが
こうみえて帽子を探しているんです。

この何を考えているかわからない表情が
絶妙にかわいい!


いろいろな動物に会います。
"Have you seen my hat?"
"No."

そしてオチも好き!

★★★★★
読みやすさレベル0~1
Theodor Seuss Geisel 賞 オナー賞
Best Illustrated Children's Book 賞
253 語(手カウント)

これ、『ミステリではじめる英語100万語 (めざせ!100万語)』のレベル・ゼロに追加してほしいくらい。

翻訳は大阪弁。

どこいったん
ジョン・クラッセン 長谷川義史
486101199X


blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 10:02:44 | Trackback(-) | Comments(-)
Quiet LOUD
表紙は LOUD の絵。

Quiet Loud (Leslie Patricelli board books)
Leslie Patricelli
0763619523

こういうちょっと抽象的なことを
絵本で表すのは大変だと思いますが、
ちゃんと絵で表現しているのがスゴイ。

音を感じる絵です。

★★★★★
読みやすさレベル0
92語(手カウント)

blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 18:36:28 | Trackback(-) | Comments(-)
次のページ
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。