RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
すげー、笑っちゃうくらい、よめない(爆)
いえね、多読の実験として、仏語をやっているのです。

ご存知の方もいるかと思いますが、
シャドーイングで音がほぐれるようになってから
絵本と漫画で1万語くらい読みました。
わからないながらに、
まるっと、ほんとにまるっと、状況にあわせた1文がわかる、
そんな奇跡のような一体感を(ときどき)味わえたのです。

でね、わかるっていっても本当はこんなこともわかってないよね
という、実にごもっともなことがあって。

やばいなー、これは、細かいところに目がいって
読めなくなるなーって自覚はあったのです。
(というのも、そういう現象は、英語で多読をしている人からよく聞くので)

いや~、あの一体感はどこへやら。
ほんとに模様にもどってた!(驚)。
ぜんぶ、べたっと平面のアルファベットになってた。
そして、すごく、よそよそしい。

意味の強いとこ、目のはじでサッとしとけばいいとこ、
そういう強弱ができかけてたんだけど、
今はべたっと平面で、
全部の文字が等しく自己主張してる感じ。

は~、こういうふうになるんだね~~。
あまりにタドク的というか、コドモ的というか、笑っちゃった。

だんだん頭の中で音がしてきて、
音にそっていけば大丈夫だよって確信はもちました。

文字ってさ、音では言ってないのもあるから、
情報が多すぎちゃうのよね。
音にフォーカスすれば、
いらない情報は上手に飛ばせそう。


もっと時間をおいて、音をきいてから、復活します。


▽なんのこっちゃの方も、それはそれで貴重な実験結果だの方も、ぽちっと応援クリックお願いします。 blogranking.gif

スポンサーサイト
仏語 | 19:37:33 | Trackback(0) | Comments(2)
仏語版 xxxHOLIC
第一話のみ、読みました。

わははー、わからなくて笑っちゃいます。

XXX Holic, tome 1 (Poche)
de Clamp (Auteur)
(↑日本のアマゾンさんにはないようで、フランスのアマゾンへのリンクです)

あやかし関係の用語、人名は、そのままローマ字。
そこと、名詞らしきところ(冠詞のあとだからわかるのさ)をつなげて読んでます。

さーっぱりわからないけど、
こういう文字の並び方、よく見るなあ
っていうのがわかってきました。

ここは意味が強い主語や動詞っぽいところ、
ここはどうでもよさそうなオマケ部分というのがなんとなく。

文1つが、全体としてこんな意味というのは
わかるときがあります。
(どの部分がどうでこうでは不明)

そして、この部分を解析しなくとも全体がわかるというのは、
私が英語で到達したい理想郷なので、
なんだかこのまま進めばいいような気もします。

出版社の、この本のページはこちら。サンプルをみれます。
Pika Edition

ぼちぼち読みます。 blogranking.gif

仏語 | 22:22:43 | Trackback(0) | Comments(0)
フランス語シャドーイング
昨夜、うるるん滞在記をちょっと観ました。

フランス語だったのでシャドーイングしました。

なんだろうなー、なにいってるんだろーと
クチを動かしていたら、

あっ、今言ったの
Ce la season だっ
と閃きました。

聞いたときはわからなくて
クチに出してみたときにわかったんです。

字幕では「季節の味だね」。
いや~ん、あってるじゃん!
(スペルはテキトーだけど・爆)

「クチで言えると聞き取れるようになる」
なんていいますが、本当だったんだね……。

▽応援クリックよろしくお願いいたします。 blogranking.gif

仏語 | 16:07:12 | Trackback(0) | Comments(0)
プチ・ニコラの朗読サイト
匿名希望の方から、管理者あてにコメントを頂いていたのに気がつきました。(遅くなってスミマセン!)

プチ・ニコラの朗読をポッドキャストで聴けるのだそうです。

http://juanlecture.podomatic.com/

情報ありがとうございました!! blogranking.gif

仏語 | 23:11:58 | Trackback(0) | Comments(4)
Le Petit Nicolas
フランス語の音をかけながらでも英語の本は読める!

(そこは、いばれるところじゃない)

Le Petit Nicolas
Goscinny Sempe
2070364232この本のCDをかけています(アマゾンでは、CDはみつかりませんでした)。英語圏だったら、ダールのチョコレート工場くらいのレベルじゃないのかなあ。GRに比べると速い。でも、これが普通だと思うので、GRと混ぜながら聞いています。

ちなみに内容はまったくわかっておりません。


2日かけて「ぱぽ~ぇまも~」てところが聞こえるようになりました。
翌日、パパとママだって気がつきました。

あとね、ソニー・カセットって言ってるけど、なんだろう?
ソリ・カセッ? ソィ・カシ?
ま、いいやー(←深追いはしない)

そんな空耳アワーを楽しみつつ、
私の自宅は、おフランスよってことで。(おおいばり!) blogranking.gif

仏語 | 11:44:30 | Trackback(0) | Comments(1)
フランス語シャドーイング
引き続きフランス語のシャドーイングをしています。

オペラ座の怪人は1時間くらいあって難しいので(レベル2くらい)、
同じくBlack Cat というGR シリーズから
もひとつやさしいレベルにして(でもやっぱりレベル2くらい)、
La Petite Fadette というのを買いました。
(アマゾンでは取り扱いなし)

これ、話を知りません(爆)。

ま、やってるうちにみえてくるものもあるだろー。
(ほんとか?)

【追記】楽天ブックスで取り扱いがありました。

blogranking.gif

仏語 | 23:33:46 | Trackback(0) | Comments(4)
フランス語シャドーイング
英語のゆっくりのやつをシャドーイングしようとしたら、いきなりカタカナになってしまいました。ええと、聞こえた音のとおりに言うってどうやるんだっけ。荒治療でフランス語のシャドーイング。

Le Fantome de l' Opera. Mit CD. (Lernmaterialien)
3468484062
自慢じゃないけど聞いて分かるところは、むしゅー、ふぁんとー、くりすてぃーん、まど~んむ、くらい。(マダムって、私の耳には「まど~んむ」って聞こえます)

これを横浜シャドーイング会の前日にシャドーイングして当日にのぞみました(笑)。

会のあとで、指導お手伝い組が集まって反省会をしました。そのときに私のフランス語シャドーイングを聞いてもらったんですが……

すごいんだよ

当然のように、ああでもない、こうでもないとツッコミが。

あ、あなたたち、フランス語のシャドーイング指導までするんかいっ(笑)。

耳の肥えた人たちなので、当然のように英語以外の言語でも音について語り始めちゃうんです。

これには、たまげた。

えらいメンバーと一緒になったもんです。
(みんな、ありがとー。愛してるよー)


ところで、帰りの電車の中、車内の話し声が、みんなフランス語に聞こえてきました。へーんなの。

私がフランス語の音に触れた量なんてたかが知れてるので、シャドーイングはリスニングより5~8倍効率がいいというのは本当かもーと思いました。 blogranking.gif

仏語 | 19:32:14 | Trackback(0) | Comments(0)
リサ・ガス来日!
じょーじとおんじの英語日記さんで紹介されていた本、ソレイユさんに実物を見せられ、その足で紀伊国屋新宿南店へ行き、購入しました。

Gaspard et Lisa au Japon (アマゾンにないのでリンクなし)

リサとガスパール@紀伊国屋


きみたち、よく来た!
日本という an alien nation にきて、
センス・オブ・ワンダーを極めた
SF絵本です。(←ウソ)

ヨーロッパの人が日本に来ると不思議に思うんだろうな~
というポイントが、てんこ盛りでした。
可愛かったよぅ~。

読んだ方のブログはこちら
じょーじとおんじの英語日記さん
Drop's Happy Reading Day さん blogranking.gif

仏語 | 18:58:30 | Trackback(1) | Comments(4)
フランス語多読(少読?)
読書相談会の帰りに紀伊国屋へ行って、
フランス語コーナーをのぞいてきました。

前はちんぷんかんぷんだったのですが、
今もちーんぷんかんぷんです(爆)。

そして、そんな自分がすっごく楽しい。 blogranking.gif

“フランス語多読(少読?)”の続きを読む>>
仏語 | 23:50:00 | Trackback(0) | Comments(5)
東京国際ブックフェア(仏語)
洋書バーゲンコーナーで絵本を9冊買いました。

東京国際ブックフェアでの英語以外の本についての報告は、SSS 英語学習法研究会の掲示板に投稿しましたので、ご面倒ですがそちらを見てくださいませ~。(仏語カタログ情報もあるよ)
http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-n-e&c=e&id=996 blogranking.gif

“東京国際ブックフェア(仏語)”の続きを読む>>
仏語 | 09:12:36 | Trackback(0) | Comments(2)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。