RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
08月 « 2005/09 » 10月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
ナルニア国の歩き方(その3)
The Voyage of the Dawn Treader (The Chronicles of Narnia, Book 5)
C.S. Lewis
David Wiesner
この巻が一番好き♪

出版順に読んでいるので、読了3巻目です。

今回は海への冒険です。
不思議な出来事が起きてはなんとかし、また次の島をめざすというパターンで、東のはてを目指します。

東のはて……なんだかわくわくしますね。
で、「はて」とか「終わり」っていうのは、なんだかせつないです。

レベル7
★★★★★ blogranking.gif

スポンサーサイト



ナルニア国ものがたり | 22:49:48 | Trackback(0) | Comments(2)
Rainbow Magic シリーズ
話題爆発(笑)の Rainbow Magic シリーズ、別記事をたててみました。
Rainbow Fairy だと思ってたら、Rainbow Magic だった、よ。

というのも、虹の妖精を救う話だからです。
1 冊につき 1 人の妖精、全部で 7 人の色をつかさどる妖精が出てくるので、1 ~ 7 巻で話が一周します。

レベル 2.8~3.5 くらいで、児童書入門にグー。安心してほのぼの読めるシリーズです。

(左がイギリス版、右がアメリカ版)

Ruby the Red Fairy 英国版Ruby the Red Fairy 米国版









英国版は、表紙の星がスパンコールのようにキラキラ光って「超カワイイ」のです!! あとから出版された米国版はその芸がない(星の数も少ない・笑)。
中の紙も、英国版は白い上質紙(イラストは白黒)で、米国版はわら半紙(?)です。その分お財布にはやさしくなってます。

表紙で子どものハートをぐっとつかみたい方には、英国版をお薦めします。表紙をみただけで歓声が上がります。もちろん、表紙にこだわる乙女にも!

見開きで 1 ~ 2 つ、必ずイラストが入っています。
Cobble Street Cousins シリーズと同じ感じのイラストの入り具合です。



でねー、このイラストの、のっぺりした顔が好きなのー。



イラストが怖くて読みたくない……という、洋書につきものの悩みも安心(笑)。



読む順番を載せておきますねー。
(表紙の画像はアマゾンさんからお借りして、クリックするとアマゾンに飛ぶようになってます。)

Rainbow Magic シリーズ(1 ~ 7 巻)

Ruby the Red Fairy 英国版Amber the Orange Fairy 英国版Saffron the Yellow Fairy 英国版Fern the Green Fairy 英国版Sky the Blue Fairy 英国版Izzy the Indigo Fairy 英国版Heather the Violet Fairy 英国版




1.Ruby the Red Fairy
2.Amber the Orange Fairy
3.Saffron the Yellow Fairy(英国版)
3.Sunny The Yellow Fairy(米国版)
4.Fern the Green Fairy
5.Sky the Blue Fairy
6.Izzy the Indigo Fairy (英国版)
6.Inky the Indigo Fairy (米国版)
7.Heather the Violet Fairy

Rainbow Magic: The Wether Fairies シリーズ(8 ~ 14 巻)

8.Crystal the Snow Fairy
9.Abigail the Breeze Fairy
10.Pearl the Cloud Fairy
11.Goldie the Sunshine Fairy
12.Evie the Mist Fairy
13.Storm the Lightning Fairy
14.Hayley the Rain Fairy

Rainbow Magic: The Party Fairies シリーズ(15 ~ 21 巻)

15.Cherry the Cake Fairy
16.Melodie the Music Fairy
17.Grace the Glitter Fairy
18.Honey the Sweet Fairy
19.Polly the Party Fun Fairy
20.Phoebe the Fashion Fairy
21.Jasmine the Present Fairy

このあと、The Jewel Fairies シリーズが今年の9月にどかどかと刊行されています。(もしやブッククラブに購入希望を出すべき?)

番外編
Holly the Christmas Fairy
銀色に光り輝く一冊です。


む?
Stella the Star Fairy (Rainbow Magic S.)
Ruby the Red Fairy 英国版

(2005/10/06 発売予定、ただいま予約受付中)

この金色の巻は、番外編なのかしらん?






リンク貼り、途中で力尽きました(笑)。
あとで、8巻以降にもリンクつけますね(たぶん)。 blogranking.gif

読みやすさレベル3 | 22:02:45 | Trackback(1) | Comments(6)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪