RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2006/05 » 06月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
翻訳『竜の騎士』読了
英語版の『竜の騎士』を読了しました。(原著はドイツ語)

Dragon Rider
Cornelia Caroline Funke Anthea Bell
0439456959
読み終わるのがもったいなかった! 少しずつ読みましたが、こういう冒険物は流れに乗って一気に読んだほうが面白い。でも読み終わりたくない。そんなお話でした。

人間達の開発の手が迫り、年若き竜 Firedrake は伝説の竜の楽園を探してヒマラヤへ旅します。途中、旅の仲間を増やしながら。そして、古の伝説が次々に明らかになり、宿敵「黄金の竜」が現われます。

現実の世界で、人間達が気付かないところで生きている竜や伝説の動物達と、人間とのふれあいが、ほのぼのと温かい。いろんな動物が出てきて、はじめて聞くものもいました。でも、辞書で例えば「小人」という訳語がわかっても、その特徴として穴掘りが好きとか、どういう技が使えるとか、そうした特徴設定はわかりません。架空の生き物の特徴は本の中にしかないのです。だから、この生き物はヨーロッパではそういうことになってるんだと本の中で理解して、飛ばしました。

別世界のファンタジーではないので、読みやすいほうだと思います。長い世界にどっぷり浸かりたい方に。

レベル7
★★★★★ blogranking.gif

スポンサーサイト



読みやすさレベル7 | 22:02:24 | Trackback(0) | Comments(0)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪