RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09月 « 2007/10 » 11月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
朗報?
アマゾンで在庫切れだったあれですが、
3点のユーズド商品があるようですよ!

David Wiesner's Tuesday/Book and Frog: Book & Doll Gift Box
David Wiesner
0395735114
blogranking.gif

スポンサーサイト
洋書多読情報 | 21:00:11 | Trackback(0) | Comments(4)
フランス語シャドーイング
昨夜、うるるん滞在記をちょっと観ました。

フランス語だったのでシャドーイングしました。

なんだろうなー、なにいってるんだろーと
クチを動かしていたら、

あっ、今言ったの
Ce la season だっ
と閃きました。

聞いたときはわからなくて
クチに出してみたときにわかったんです。

字幕では「季節の味だね」。
いや~ん、あってるじゃん!
(スペルはテキトーだけど・爆)

「クチで言えると聞き取れるようになる」
なんていいますが、本当だったんだね……。

▽応援クリックよろしくお願いいたします。 blogranking.gif

仏語 | 16:07:12 | Trackback(0) | Comments(0)
江原さん
実は、今日お通夜にいくのです。

昨夜、帰宅して夫がたまたまテレビをつけたら
スマ・ステーションに江原啓之さんが出ていました。

「すべてのことに意味があるんです」

どうしてたまたまお通夜にいく前日に
たまたま江原さんの番組にあうんだろう。

なにか意味があるんだな、と感じながら
夫婦で出かけてきます。 blogranking.gif

よもやま日記 | 08:42:34 | Trackback(0) | Comments(0)
薄さ5ミリで読みやすいWalker Stories
これね、王様やお后様がジャージを着たりして可愛いんだけど、Walker Stories の中ではおすすめしません。(^^;;

The King's Shopping (Walker Stories)
June Crebbin Warwick Johnson Cadwell
184428090X
理由

意外と難しい単語が多い。長い本の中だったら、話の流れの波で読めるんだけど、1800語くらいの短さでこの密度で出てこられると上手に飛ばせないよ~。

絵がヘタウマすぎ(誉めてます)。馬の絵だと気付くまでにしばらくかかった(笑)。だから話のわからなさを挿絵がカバー……してくれない。

私の好みからいうと
★★★★☆(だって、おバカ系だもん)

レベル上げ中の人に薦めるかというと
★☆☆☆☆

このシリーズは、レベル1の終わりから2くらいだけど、
この1冊はレベル高めだと思う。

▽たまには薦めない本もブログに載せちゃうのだ。ポチッと応援クリックお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル2 | 22:02:01 | Trackback(0) | Comments(0)
辞書のこと
多読で英英辞典が読めるようになったら、
英英辞典を読みましょう、なんだけど。

(つまり、レベル3くらいまでをたっぷり読むと
2000語くらいで書かれた英英辞典が読めるようになる!)

一歩進化して、
多読で Google の検索結果が読めるようになったら、
Google を読みましょう、と思います。

つまり Google の検索結果で英文がドッと出てくるのに
抵抗を感じなくなって読んでもいいかなって頃になったら、
検索結果を例文ととらえて、前後関係を読んだほうが早い。

日本語だって、わからない新語を調べてもピンとこなくて、
その新語を含んだ前後関係に何回か出会ってるうちに
やっと定着する感じがしませんか。


▽応援クリックぽちっとお願いします。 blogranking.gif

英語で英語学習 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(4)
デルトラ・シリーズ読了
あ~、満足! (^^)

Return to Del (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253306
この8巻を読むために7巻までを読んだのだ、とおもいましたー。
(ハリポタの最終巻を読んだときの感想と似てるなあ)

7巻までは話のパターンが予測できるのですが、8巻はまったく想像がつかず、いい意味で裏切られる連続でした。「なにーっ!」とページをめくる手が進む、進む。

でも、同時に、終わってしまうのがもったいない、でも先が読みたい。

ワクワクどきどきの連続でした。
ジェットコースターみたい。

★★★★★
レベル5
26937語(出版社サイト)

▽応援クリック、ぽちっとお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 13:18:20 | Trackback(0) | Comments(6)
Walker Stories シリーズ
絵本からはじめて、初めての児童書のレベルです。

Robin Hood's Day (Walker Stories)
Josephine Feeney Kate Sheppard
1406306401
Corgi Pups シリーズと同じくらいですが、ややこちらのほうが上に感じました。

1章目はお兄ちゃんの視点、2章目は人形の視点、3章目は妹の視点になります。そのへんが読みにくく感じた理由かも(その、構成が凝ってるところは面白かったです)。

★★★☆☆
レベル1.8~2.5 blogranking.gif

読みやすさレベル2 | 23:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
デルトラ7巻読了
このあと、いったいどうなるんだ!?

The Valley of the Lost (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253292
続きが気になります。最終巻、どうなるんだろう……。

★★★★★
レベル5
25495語(出版社サイト)

1巻目を読んだときはレベル5にしては難しい、レベル6じゃないかと思いましたが、やっぱりレベル5でいいような気がしてきました。慣れてきたから??

▽応援クリックお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 20:44:24 | Trackback(0) | Comments(0)
どうして猫はニャンと鳴く
猫についてのノンフィクション。

Why Do Cats Meow? (Puffin Easy-to-Read)
Joan Holub Anna Divito
0140567887
あーん、かわいいっ。いろんな猫の写真がいっぱいで、読みながら顔がでれでれしてしまうのが自分でもわかります。やっぱり日本の猫みたいな短毛が一番かわいい♪

猫用語をひとまとめに読めたので、「こういうことじゃないかなあ」とぼんやり獲得した言葉が納まるところに納まりました。絵本や本で多読してからノンフィクションを読むと、言葉が整理される気持ちよさがありますね。

★★★★★
レベル1
1660語あるので、長さも魅力。

▽ぽちっとしていただけるとニャンと鳴きます(笑)。 blogranking.gif

読みやすさレベル1 | 08:48:58 | Trackback(0) | Comments(2)
デルトラ6巻読了
この巻の怪物が一番きもちわるかった……(^^;

The Maze of the Beast (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253284
★★★★★
レベル5~6
26388語(出版社サイト)

目がどんどん先へ走っていって、会話のところでハッとして前の部分を読み返す、ということが増えてきました。なんでだろう。

レベル2~3を読んでいる頃に、同じようなことがあって、目はどんどん先へ滑っていくのに内容理解が追いつかないことがありました。

このときは、英語の字面に目が慣れて、目の処理に、頭の意味理解の処理が追いついていないんだと思いました。(性能のいいスキャナーを古いパソコンにつないだような感じ)

このレベルの字面に慣れてきたってことかなー。
たまたま、そういう時期なのかなー。

日本語でも会話のとこだけ読んで、地の文は読み飛ばしていることがあるから、それと同じなのかなー。

ま、Happy Reading ってことで♪

▽応援クリック、いつもありがとうございます。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 11:49:16 | Trackback(0) | Comments(2)
「千の風になって」の原詩が絵本に
本屋でみつけた、掌サイズの小さな絵本です。

Do Not Stand at My Grave and Weep (Inspirational)
Paul Saunders
028563335X
左ページに詩、右ページに、表紙と同じ白黒の柔らかいタッチの絵があります。

唄を知っているので、多少わからない単語があっても読めるのがスゴイ。

★★★★☆
レベル1~3
(原詩はレベル3~4くらいの語彙? 唄を知っていれば短いのでレベル1くらい)

☆を1つ減らしたのは、胸をしめつけられて悲しいから。(^^;;


▽応援クリックお願いします。 blogranking.gif

絵本 | 22:09:10 | Trackback(0) | Comments(0)
「眉」じゃなかった(^^;;
今まで、ずーっと「眉」だと信じて疑わなかった単語が、そうじゃなかったのがわかりました。

デルトラ5巻の表紙を見てほしいのですが、怪物の目の上、真ん中のところに緑のものがあります。この緑の位置に、その単語が使われていました。

ああ、恥ずかしい。

このイラストがなかったら、なんかへんだなあと思いながら気がつかなかったと思います。(そういえば、いままでにも、なんかへんだなあと思いながら通り過ぎていたことが多々あったような……)

絵に助けられました。(^^)

ロングマン現代英英辞典をひいたら、「目と髪の間」という意味が最初にきていて、「眉」は2番目でした。

で、英和辞典をひいたら、「眉、額」……順番逆じゃん!(笑)

自分の勘違いの原因は、日本の英和辞典のおかげだったということもわかって、トホホ感を満喫しております。

では、英辞郎(英和辞典)の例文をご紹介します。
ご鑑賞ください。

・He wiped the dirt from his brow. : 彼はまゆからほこりをはらった。

※brow が brows ではなく単数であることに着目すると、より味わい深いトホホ感が迫ってきます。


▽応援クリックお願いいたします(1日1回のクリックが有効になるしくみです)。 blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:00:01 | Trackback(0) | Comments(4)
デルトラ5巻読了
あー、おもしろかった!

Dread Mountain (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253276ここまでくるとキャラクターにも慣れてきて、今度はどんな冒険だろうとワクワクします。

前の巻のほうが読みにくかったので、4巻を乗り越えれば、このシリーズは楽になりそう。

★★★★★
レベル5
26494語(出版社サイト)

▽はげましのポチッをお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 07:04:11 | Trackback(0) | Comments(0)
ハリーポッター7巻の読み方
読了してから時間も経ったので、これからハリポタ7巻を読もうとしている方のために、参考になりそうなことを書いておきます。

(なにも知りたくない方は読まないでください)

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling
07475910591章~3章のあたりで進まなくなった方を念頭において書いています。○○のシーンから面白くなるからそこまではガマンねという内容です。(若干のネタバレはあります)


(それでもよかったら、続きをどうぞ)


▽続きの前にポチッとしていただけると喜びます。
blogranking.gif

“ハリーポッター7巻の読み方”の続きを読む>>
ハリーポッター | 12:38:30 | Trackback(0) | Comments(0)
パソコンのDVD【イギリスものの場合】
リージョン違いのDVDは、パソコンで再生するのは要注意! という記事を書いたのですが……(過去記事参照

これは、アメリカもののDVDの場合です。
(アメリカはリージョン1、日本はリージョン2)

で、イギリスものの場合はパソコンで何回再生しても大丈夫なんですって。
(イギリスはPAL方式、日本はNTSC方式なので、日本の機材では再生できないことがある。でも、パソコンのDVDだと再生できて、何度再生しても大丈夫!)

で、問題だった「熊狩りに行こう♪」のDVDは、イギリスものなので、このシリーズについては、お家のパソコンで安心して観れる……ということでした。

ううう、いろいろお騒がせしてすみません!

▽こんな私に、はげましのポチッを! blogranking.gif

洋書多読情報 | 21:57:44 | Trackback(0) | Comments(2)
デルトラ4巻読了
全8巻、半分まできました。

The Shifting Sands (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253268
この巻では、悪夢の中を歩いているようなイメージで、ちょっと解像度が悪かったです。主人公にも読者にも、どこをどう歩いているのかわからない(笑)。そこをこらえて一章くらい読むとわかるので、夢遊病のように主人公と一緒に歩きましょう。

この巻を越えれば、もうちょっと読みやすくなる・・・といいなあ。

★★★★★
レベル5
26714語(出版社サイト)

▽応援クリックいつもありがとうございます。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 22:50:24 | Trackback(0) | Comments(0)
パソコンのDVD
アメリカ版の DVD もパソコンで観れますよ、と記事にかいたのですが、
これは要注意です!

調べたところ、リージョンの違う DVD を交互にみていると、最初の数回は対応するものの、ある回数を越えるとどちらかに固定されてしまうのだそうです。(そして、その回数はわからない)。

アメリカ版専用にすると決めているならともかく、覚悟が必要です。


※コメントくれたたこ焼さん、ありがとう! blogranking.gif

洋書多読情報 | 08:38:27 | Trackback(0) | Comments(0)
DVD付絵本
昨日にひきつづき、DVD 付の絵本です。このシリーズで何冊も出ています。

Silly Suzy Goose (Book & DVD)
Petr Horacek
1406308390
現時点では、アマゾンに画像がありません。(^^;

ガチョウの Suzy は群れにいて、ふっと皆と同じなのいやだなあと思います。ガチョウではなく、もし○○だったら、△△できるのに。いろんな動物とその特徴が出てきます。

★★★★☆
レベル0

高級だと思って習った文法が、英語圏の子どもにとっては当たり前のように絵本のレベルで出てくるのね~、と愕然とするのにいい一冊です。

▽人気ブログ・ランキング参加中です。 blogranking.gif

絵本 | 22:21:17 | Trackback(0) | Comments(0)
熊狩りにいこう!
晴れた日は、熊狩りに行きましょう♪

We're Going on a Bear Hunt (Bilderbuecher)
Michael Rosen Helen Oxenbury
1406303631なんとこれは DVD 付です。歌みたいで楽しい。

♪We're going on a bear hunt.
♪We're going to catch a big one.

ゆくてには、さまざまな障害があらわれます。
それを乗り越えていく、繰り返しが楽しい♪

で、この歌ねー、一緒に歌おうとすると「字余り」になるのよ~。
(きーっ、くやしー・笑)
文字から入ってる大人っていやねー(爆)。

数年前のタドキスト大会で読み聞かせしてもらい、大爆笑とともに、とても心に残った楽しい一冊。

★★★★★
レベル1

注:DVD は海外の仕様のため、うちの DVD 機では観れませんでした。でも、パソコンで観れました。(新宿ブッククラブで借りられます)


▽We're going on the 人気ブログ・ランキング. blogranking.gif

絵本 | 12:06:18 | Trackback(0) | Comments(10)
デルトラ3巻読了
冒険も佳境に入ってきました。

City of the Rats (Deltora Quest)
Emily Rodda
043925325X
★★★★★
レベル5~6
26242語(出版社サイトより)

剣と魔法と魔物のファンタジーは、舞台が中世風になるので、言葉遣いが古めかしくなります。それも雰囲気づくりなのだろうけど、その分、むずかしく感じます~。

Jasmine の台詞で、普通なら "Hurry up!" と言えばすむところを、"Make a haste!" なんて言います。古英語までいかないけど、ちょっと日常的じゃない言葉遣い。

デルトラって、ファンタジーの王道のような文体ですねー。

その点、ハリー・ポッターは、現代ものの学園生活ドラマなので、言葉遣いが口語的で読みやすいなあと思います(校長先生は100年生きてるような口調で話すけど)。


▽毎日ブログを更新していると順位が上がることに気がつきました(^^;
いつも応援クリックありがとうございます。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 14:44:08 | Trackback(0) | Comments(8)
デルトラ・クエスト2巻読了
表紙が光って派手でした……(^^;

The Lake of Tears (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253241
★★★★★
レベル5~6
25672語

電車の中で、中学生男子が「お、英語だ!」と友達に言っていました。

ほ~ら、デルトラだよ~、といわんばかりに、表紙をさりげなく見せてあげました。君たちも、やさしい本から大量に読み上げていけば読めるようになるんだよ~(とは、クチには出せず)。

電車の中でフツーの大人がフツーに英語の本を読んでいる、そのことで少しでも子どもたちに何かが残ればいいなあと願っています。


▽はげましのポチッをお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 20:55:14 | Trackback(0) | Comments(2)
ハイジ
ハイジスト(?)のみなさま、こんにちは!

The story of Heidi (Young Reading Gift Books)
Johanna Spyri(著)、Alan Marks(イラスト)
Mary Sebag-montefiore(ナレーション)
0794512372アメリカの出版社 Usborne から、英語圏の子供向けにやさしく書き直した版です。絵本から本への橋渡しになるレベルです。

色鉛筆のタッチがやわらかくて、なごみました~。あ~、おじいさんのチーズが食べたい~~。

私が新宿ブッククラブで借りた版には、CDがついていませんでしたが、アマゾンのこの版はCD付のようです。いいな~、CDきいてみたい~。

★★★★★
レベル1.8~2.0 くらいかなあ。
(レベル1というには上だし、レベル2にしてはやさしい)

中のイラストと文字の入り具合は、こんな感じ。
※著作権に配慮してぼけぼけ画像でお届けします。

20071007103238

▽ランキング上位になると、それだけ多くのブロガーの目に「多読」がふれるという試みです。応援クリックお願いいたします。 blogranking.gif

読みやすさレベル2 | 09:10:41 | Trackback(0) | Comments(6)
『中学生はこれを読め』
本日、Tさん帰国お祝い会にてジアスさんに見せていただきました。

中学生はこれを読め!
北海道書店商業組合
4894533863
メルマガ多読通信のコラムでジアスさんが紹介していた本です。北海道の書店のおっさん(失礼!)が、熱い想いでつくったブックリスト。

これが、ほんとうに面白そうな本が並んでいるんです。古典的な絵本まで入っているし、最近発表された面白い本も載っているし。なにより、いい本を子供たちに読んでほしいという想いが伝わってきます。

これは参考に買おうと思いました。この本に載っている翻訳書を原作で読むのもいいですよね。


▽ぽちっとしていただけると、大喜びします。 blogranking.gif

洋書多読情報 | 22:49:15 | Trackback(0) | Comments(9)
デルトラ2巻、読書中
というわけで2巻に突入です。

The Lake of Tears (Deltora Quest)
Emily Rodda
0439253241
それがね、30ページくらいしか進んでません。同じ時間だったらペーパーバックでも30ページくらい読めそうなのに。

で、気がついた。

絵本でも
児童書でも
大人向けペーパーバックでも

1ページを読むのにかかる時間が同じになってきています(たぶん)。

絵本は、絵をゆっくり味わってるから遅いし、
大人向け PB は、冗長な描写を飛ばしてるので(爆)。

たしか、そういう風になってきたと誰かも言ってたような。

レベル5
25672語

▽多読マジック(?)に、ぽちっとお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 00:09:11 | Trackback(0) | Comments(6)
デルトラ・クエスト1巻読了
タドキストに人気のシリーズですが、ほんと面白かった!

The Forests of Silence (Deltora Quest)
Emily Rodda
0545010314
デルトラの国を守っていたのは王と魔法の力を持つベルトだった。泰平の世が続いたのち、Shadow Lord が力を取り戻しデルトラ奪還を計る……! ベルトの7つの宝石を取り戻す旅が今始まった!

★★★★★
26803語
レベル6(……と思ったら書評システムだと5になってますね。個人的には、ハリポタ1巻と同じくらいか、やや上、ぐっと詰まった硬質の文体だと思いました。でもハリーのほうが長さがある)

A knight in shining armour is coming to you,
not to protect you
but to kill.

▽ぽちっとしていただけると小躍りします。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 02:00:00 | Trackback(0) | Comments(8)
Labor Day とは
ひきつづき、Rookie シリーズを読んでます。

Labor Day (Rookie Read-About Holidays)
Carmen Bredeson
05162631299月の最初の月曜日。
つまり、夏の最後の3連休。

小説を読んでると、夏の終わりをあらわす日として出てきます。夏の最後の思い出作りに出かけたり、生ビールを飲んだりして、明日からの秋にそなえるようです。

知らないと、小説に出てきても素通りしちゃうよ、ね?(笑)

この本では、労働者の歴史についてもふれられています。

★★★★★
レベル0
300語(出版社サイトより)


▽お陰さまで毎日約200人、人気ブログ・ランキングから毎日8人前後のご訪問をいただいてます。ところが、10位圏内に入ると1日20人近くがランキングからドッといらっしゃいます。というわけで、ぽちっとしてもらえるとよろこびます。 blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 20:06:33 | Trackback(0) | Comments(2)
いい椅子を買った【バロン】
日ごろの感謝をこめて、ダンナさまにプレゼントしました。

家具屋さんに行ったときに、「!」と。
「この椅子いいね!!!」と。
で、帰ってからネットで探して買いました。
ばっちり、ちょびリッチポイントがつきました♪

このランバー・サポートというのが、いい感じに腰をサポートしてくれて、座っていてすごく楽なのです。部品ひとつで、ずいぶん違うものですねー。後に体重をかけると、ぐぐぐとリクライニングして、その沈む感じもなかなか良く……ねむねむ、ぐー。

最初まちがってランバー・サポートなしを注文してしまったのですが、こちらのショップでは、とても気持ちよく対応していただきました。値段も張るものだし、すぐに応答いただいて安心できました。

で、この夏は、ダンナがいない隙をついてこのバロンという椅子に座り、男爵さま気分でハリー・ポッターの7巻を読んでいたのでした。(極楽だー。)

そして秋。
ちょびリッチポイントをアマゾンのギフト券に換金して、本を注文しました。
(ダンナさまにプレゼントと言いつつ、これが狙いだったりして ^^;)

ちょびリッチについては、左下の多読的ちょびリッチ利用術をご覧下さい。

▽人気ブログ・ランキング参加中です。
blogranking.gif

よもやま日記 | 20:03:33 | Trackback(0) | Comments(2)
死者の日? メキシコ系の祭日
Rookie Read-About Holidays シリーズから1冊。

El Dia De Los Muertos: The Day of the Dead (Rookie Read-About Holidays)
Mary Dodson Wade
051627354Xこういう祭日があるんだ~と感心して読みました。

そもそもタイトルがスペイン語なのが新鮮でした(中身は英語です)。

それだけメキシコ系移民が増えており、また、それぞれのアイデンティティを大切にする教育をしよう、という流れなのでしょう。

★★★★★
レベル0でもいいかなー
234語(出版社サイト)

ノンフィクションは未知単語が多いので読みにくかったのに(爆)、久しぶりに読んだら、知らない単語がなくなってましたー。

(正確にはあるんだけど、あー、そういうのねー、へえーと思って読んでる……日本語の文章の中に未知語が出てくるのと同じ感覚です)

(日本語だって100%わからずに読んでるんだよねえ)

▽今日も楽しく Happy Reading♪ ポチッとお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル0 | 07:26:52 | Trackback(0) | Comments(4)
映画『リトル・ダンサー』がGRになった
rfuji さんのブログで紹介されていて知りました。rfuji さん、ありがとう!

Billy Elliot (Penguin Longman Penguin Readers)
Melvin Burgess
1405850000
男の子だけどバレエ・ダンサーになりたい Billy Elliot くんの物語。意外と男くさい話でした。

背景としては、80年代サッチャー政権が炭鉱の閉山をすすめており、炭鉱の町はストライキで闘っているところ。誰もが貧しく、やり場のない怒りが街に満ちている。そんななかで、バレエの世界と出合った Billy くん、息子にはボクシングをさせたかった炭鉱夫の父(これが渋い! 高倉健のよう)、将来への不安を暴力で発散するしかない兄。

映画『フラ・ガール』と比較するのも一興。炭鉱とフラダンス、炭鉱とバレエって似てるでしょ? 『フラ・ガール』の時代は、女の子が裸に近い格好で、というところに時代の嫌悪感がありましたが、Billy くんの場合は、男がバレエなんて「ゲイ」じゃないかと「ゲイ」が認知されはじめた時代です。

11歳ということで、淡い性の揺らめきのような要素があります。(ちょっと胸キュン、ただし18歳未満)。

★★★★★
レベル3
12931語
(80分くらいで読み終わりました。分速160語……自分では120語くらいで読んでると思ってた)


Billy Elliot
Melvin Burgess
1903434335
読んだ方のレビューはこちら。

あずきさん
雫さん

映画やGRのあとでノベライズへ進む道もありますよね~。


▽ポチッとお願いいたします。 blogranking.gif

読みやすさレベル3 | 14:53:36 | Trackback(0) | Comments(4)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。