RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
06月 « 2008/07 » 08月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
仕事が決まったぞ~♪
むっちゃ、個人的な記事です。(^^;

なんと英訳の仕事です。

メーカーの中で、日本語のマニュアルを作るところからはじめ、
その英語版を作成します。

とにかく良い製品を海外に出すのだー
そのためには海外の人づくりなのだー
そのためのマニュアルなのだー
最後は人なのだー

という、技術者の熱い思いに惚れました。

勉強することがたっくさんありそうですが、頑張ります!

▽「おめでとう」のポチッをいただけると嬉しいです♪ blogranking.gif

よもやま日記 | 21:01:02 | Trackback(0) | Comments(14)
やっぱり君はこなかった
きっと君はこない~♪と思っていたソシュールの言語学の本。

Course in General Linguistics

在庫がありませんと楽天ブックスさんに断られたのは先週のこと。

にもかかわらず、今みると、ちゃんと在庫ありになっています。
(←画像は、楽天ブックスさんへのリンク)

あ、期間限定の楽天ポイントで注文すれば、キャンセルになってもポイントが普通のポイントとして戻ってくる、とブログに書いたのですが、どうやら私の勘違いだったようです。すみません。

▽三度目の正直で、もう一度注文しようかどうか、迷い中……のポチッ
blogranking.gif

よもやま日記 | 14:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ワンピースのチャプター・ブック
ワンピースのチャプター・ブック(マンガではなく、絵本でもなく、章立てになった小説)がでています。

King of the Pirates: Book 1 (One Piece)
Michael Anthony Steele
043989719X
パッとみたところは、レベル3の児童書のような薄さと文字のまばら度ですが、おそらくレベル4以上と思われます。(未読)

▽海へいきたいな~、のポチッ。
blogranking.gif

洋書多読情報 | 07:56:50 | Trackback(0) | Comments(2)
こわい児童書を読んでいます……
あれこれ読んでおります。泣きそうです。

そもそも、書評をかくよと言ったあとで、
本が届くその前に、
スティーブン・キングまつりをはじめて怖い本続きにしてしまい、
自分で自分の首をしめているのです。

こわいよう。

ああ、でも、ここを乗り切れば、
レイ・ブラットベリの怖いめの描写や
スティーブン・キングの血塗られたシーンが、
くっきりはっきり分かって読めるようになるにちがいない。

そう思って自分をはげまそう。

▽キングが、くっきりはっきり読めるようになのが嬉しいことかどうかは、この際、考えないでおこう、のポチッ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 17:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
Papa, Please Get the Moon for Me 【追記アリ】
お月さま、とって、の絵本。

Papa, Please Get the Moon for Me
Eric Carle
0887081770
いいですね、いいですね。
仕掛けをめくるのがぞくぞくしました。

Eric Carle さんの絵本の中では、やさしく感じたのですが、
それは私が成長したから?

レベル1
★★★★☆
490語

【追記】
私が読んだのは、掌サイズの本でしたが、上のリンク先は、アマゾンで一番上にあった版へのリンク。大判のほうが仕掛けがドーンと楽しめると思います。


▽休憩に絵本。休まるね、のポチッ。
blogranking.gif

読みやすさレベル1 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
このブログでは、もうやめようとおもったこと。
「この英語は、こういう訳だとおもっていたけど、
多読していたら、本当はこういう意味だってわかった!」

……という記事は、もう書くのをやめます。

自分で「発見」するのが楽しいのに、
多読している人が自分で発見する邪魔になったり
焦らせたりするから、です。

多読をはじめる前の方には、こういう例を出して

water は「水」じゃない、とか
head は「頭」じゃない、とか

英語の本当のニュアンスがわかるようになって、多読はすごいんですよーと
説明したくなるのですが、

多読をはじめた方には、こういう話は聞かせたくない。
自分で発見してほしい。
その力を自分の中に育てていってほしい。

諸刃の剣は引っ込めます。


あー、ちなみに……
英和辞典の全ての単語に、こういうズレがあると思っています。
だからネタには一生こまらない。
blogranking.gif

ブログ | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
The Artist's Way【読書中】
4週目に入りました。

The Artist's Way: A Spiritual Path to Higher Creativity (Inner Workbook)
Julia Cameron
1585421464
13週かけて読む構成になっているので、ちびちび読んでは投げています。そういうところが、この本はつきあいやすい(笑)。

この本の提唱する Morning Pages(毎朝3ページ書く)は、最初英語で書いてましたが、だんだん日本語が増えています。日本語のほうが書きやすいこともある。ポジティブな方は、英語で書いたほうが頭の中がクリアになる。

英語をほとんど読まない日が続くと、英語がでてきにくくなりますね。

▽人気ブログ・ランキング参加中。ただいま13位。ありがとうございます。 blogranking.gif

よもやま日記 | 10:21:06 | Trackback(0) | Comments(0)
スパイダーウィックの謎
1巻『The Field Guide』読了。

The Spiderwick Chronicles
Tony DiTerlizzi
0689040342
ペーパーバック版も出たのですが、それよりもこちらのハードカバー版5冊セットのほうが、微妙にお得です。アマゾン価格は時価ですので(笑)、値段をみくらべながらお買い求めください。

郊外の家に引っ越してきた一家。そこでみつけたのは、妖精など架空の生き物について記した一冊の本だった。

boggart というおっさんの妖精(?)が出てくるのですが、boggart というのはハリー・ポッターのアズカバンの巻でも出てきました(おっさんの姿ではなく、自分が怖いと思ってるものの姿になるやつ)。

ほんとうのところ boggart というのは、どういう妖精(?)なんでしょうねえ。でも、こういうのは辞書を引いても無駄で、そういうのが出てくる物語をいくつも読まないとイメージがつかめないのでしょう。

クローゼットなど、暗くてゴミゴミしたところが好き。

おそらく、これ、西洋版風水なのでは。クローゼットや屋根裏をゴミ溜めにすると boggart が住み着くから、片付けると運がひらけるよ! というような。

関係ないけど、ゲイのひとがカミングアウトすることを coming out from his closet なんていいますね。クローゼットには、ひとに見せられないゴタゴタが詰め込んであるから、人に見せるのは恥ずかしい。まして、女装の服が隠してあれば……というニュアンスのようです。

★★★★☆
レベル5~6
9744語(1巻のみの語数、出版社サイトより)

イラストが丁寧についているところは読みやすい。
しかし、架空のおっさん妖精(?)の話をされても、その文化に慣れてない身としては読みにくい。そういうものなんだな~と受け入れて、飛ばして読むこと!

▽しばらく更新しなかったのに、それでも上位なのは、みなさまのおかげです。ただいま17位。ポチッと応援クリックお願いします。ありがとう。 blogranking.gif

読みやすさレベル5 | 09:40:57 | Trackback(0) | Comments(0)
ゆれない、ぶれない
多読というのは、ほんっと常識ハズレのところがあるわけで。
(なんたって、「辞書はひかない」)

多読をはじめた人は、常識をはずれたやり方に、
揺さぶりを感じたり、ゆらゆら揺れながら進むわけで。

そして自分なりにつかんでいくのが大切なわけで。


一方、多読の応援をする人は、そんな揺れてる人の揺れにどっぷりしつつも

自分はゆれない、ぶれない。


そういいながらも、やっぱり揺れてしまう自分がいたんだけど、
ああ、こういうことか、
どっしり構えておけばいいのだ、

と、ふっとわかった気がする今夜です。

みなさん、ありがとう!

▽ほぼ独り言な記事ですね。でも残しておきたかったの、この独り言。しばらく更新しなかったら、ただいま22位です。ポチッとよろしくお願いします。 blogranking.gif

よもやま日記 | 02:23:59 | Trackback(0) | Comments(0)
『華氏451度』
さっそく蛇のような描写がでてきました。

Fahrenheit 451
Ray Bradbury
0345342968
ご存知の方も多いでしょうが、『華氏四五一度』は焚書が常識となった近未来の物語です。

本→知識→(アダムとイブの)蛇、でしょうか。

蛇の絵本、読んでおいてよかった! 蛇そのものが出てくるわけではなく、体に入れるチューブなのですが、描写がなんとなく蛇っぽい!

こういうのが分かって読めるようになるために、やさしい英語から蛇用語を吸収しつつ(?)多読してたんだなあ~、と嬉しいです。

さて、途中で残念ですが、他の本が届いたので、いったん、これは投げます。
思い入れのある本なだけに、一気に読みたいから!(笑)

▽更新が止まってましたが、、、いつも応援クリックありがとうございます! blogranking.gif

よもやま日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
100%幸せな1%の人々
心にガツン。

100%幸せな1%の人々
小林 正観
4806129372
Amazing Grace の歌詞ではありませんが、

Was blind but now I see

という感じがいたします。


心の持ちようを変えれば楽になる、とはわかっていても、なかなかそうは割り切れないときに読むと、ガツンと目が開かれる思いがします。

よかった。ありがとう。

▽ありがとうの和がひろがりますように。ポチッと、ありがとう。 blogranking.gif

スピリチュアル | 21:00:00 | Trackback(0) | Comments(5)
Different Seasons 読了
スローモーションのような描写。キングはやっぱり巧い!

Different Seasons (Signet)
Stephen King
0451167538
最終話 The Breathing Method 読了。

昔の小説にあるような、紳士たちの秘密めいた社交倶楽部。暖炉と書斎と煙草とお酒。そこでは、一風変わった物語が語られ、皆で傾聴します。

ダールの短編にあるような懐かしい枠組みですが、やっぱりキングはキング。こういう古典的な枠は、書くの難しいと思うんだけど、ちゃんとキング味に調理済み。妙にボロボロ泣きながら読みました。

★★★★
レベル9
本全体で、196,395語(米国アマゾンより)

去年の3月頃に読み始めて、本棚に帰ってもらいつつ、1年ちょっとかかっての読了です。あの頃は、まだキツかったけど、だいぶ楽になりました。

▽応援クリックいつもありがとうございます。 blogranking.gif

読みやすさレベル9 | 15:08:14 | Trackback(0) | Comments(0)
Mercy Watson シリーズ5巻
5巻が出ましたよ!

Mercy Watson Thinks Like a Pig (Mercy Watson)
Chris Van Dusen
0763632651アマゾンでは、近日発売になっていますが、我が家にはもう届きました。

拡大した画像をみるとわかりますが、パンジーの花を狙う Watson 家のペット Mercy ちゃんのクチのまわりに、花びらがついてます。

おいしいらしいです。

それが、神経質な隣家の老婦人の花だったから、さあ大変!

レベル2
★★★★★
約2000語

絵本と児童書の中間のような装丁です。
意外と難しい単語も出てくるのであなどれません。
しかし、絵が丁寧なので、類推しやすいシリーズです。

▽絵本には、栄養がいっぱい詰まってるのだー、のポチッ。 blogranking.gif

読みやすさレベル2 | 19:22:07 | Trackback(0) | Comments(0)
洋書を読んでいてよかったな、のこと
昨日は、施術院の待合室で、スティーブン・キングを読んでいたのです。
(私のペーパーバックは、表紙が映画『ショーシャンクの空に』のやつ)

すると、ヘミングウェイのような風貌のすてきなおじさまが話しかけてきてくれました。

「スティーブン・キングは面白いですか。
ぼくはグリーン・マイルを読んだけど、いいねえ。
うまい作家だねえ」

「日本人の悪いところで、よく辞書を引かないとと言うけど、
読んでるうちに何度も出てくる単語はわかるようになるし、
そんなのはどうでもいいから、たくさん読むんだよ」

「ジョン・アービングは読みましたか。最近のは、いまいちだけど、
やっぱりガープの世界だね。
翻訳で読んだ? 翻訳はね~。アービングの世界は、やっぱりね!(にこにこ)」

「こういう本が読めるっていうのは、とてもいいことだ。
ぼくみたいに年取っても、一生ずっと楽しめますからね」

ああ、もう本当にありがとうございました。
こんなところは見てらっしゃらないと思いますが、
先達に声をかけていただいて、嬉しかった!

多読をしていてよかったなあ♪


▽人気ブログ・ランキングでの、説明文を変えてみました。やさしい本から、ってことも入れたかったのだけど、文字数で入りませんでした。 blogranking.gif

よもやま日記 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(6)
"Love" by Toni Morrison
Quiet as it is. 内緒にしていたけど、Toni Morrison 大好きなのです。私の目標本なのです。

Love
Toni Morrison
0676976182ちょっとだけ、のぞいてみました。

むちゃくちゃスラスラ読めます(驚)。

おかしい、こんなハズはない。モリソンといえば、tricky な文体で、ひっかかりが多くて、なんだろうと読者に疑問を持たせては、次のパラグラフで種明かししたり、次の章にならないとわからなかったり、最後まで疑問を持たせたままだったり、とにかく読者に考えさせる "demanding" な小説なのです。黒人女性作家として初のノーベル文学賞受賞は伊達じゃないぜ。

それなのに、するっと2ページ目へ。

読める~! うれしい。でも、こんなハズは無い。
モリソンは、もっと難しいハズだ。

おまけに、このイタリックの字体は怪しい。最初の章は序章で、最後まで読むとわかるけど今読んでも仕方がない匂いがぷんぷんする。第1章は飛ばして読むところとみた。

こんなんで読んでいいんだろうか。

でも、文章がとても美しいんです。水のようにつるつると入ってくる。

とりあえず本棚にお帰りいただきました。読みかけのキングを読んだら、またのぞいてみよう。


▽だれか私の背中を押すなり、つきとばすなり、ひっぱって止めるなりしてくださいませ。のポチッ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 22:12:43 | Trackback(0) | Comments(2)
The Breathing Meathod 読み始めました
ちょっとダールっぽい雰囲気。

Different Seasons (Signet)
Stephen King
0451167538
4つ収められている中篇の最後、冬の物語を読み始めました。

冬のニューヨーク。謎の倶楽部につどう、紳士達。

今のところは安心して読めそうだけど、なにか怖いものが本棚の隙間から出てきたらどうしよう。

▽まんじゅう怖い、キング怖いのポチッ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 19:41:48 | Trackback(0) | Comments(0)
The Mist 読了
あー、こわかった。

The Mist
Stephen King
0451223292あまりに怖くなったので、途中で10日間ほど放置。残り半分くらいを2日間で読了。

放置前の過去記事はこちら。本自体の説明もこちらでどうぞ。
こわいよう (読書中)

最後の50ページになると止まらなくなりつつ、でも怖いので、ご飯をつくったりして止められるのが、逆にありがたかったりして。

レベル8.8~9
★★★★★
文章はレベル9だと思うけど、King にしては230ページしかないので、やや楽?
44000語 (9語/行 x 31行/頁 x 200頁 x 0.8 として概算)

嵐に見舞われた小さな湖畔の町。翌朝、すこーんと抜けた青空。倒れた木々、切れた電線。キング先生は、明るい景色の中に潜む不協和音を描くのが巧い。

そして町をすっぽりと包む不安な霧。

スーパーマーケットに取り残された人々は、霧の中になにかがいるのを知ります。

ずるり。べろん。むしゃむちゃ。ごっくん。
ぎゃあ!

あー。もうやだよー。
こういうの、もっと読みたいよー(爆)。

▽キング先生、ありがとうございました、のポチっ。 blogranking.gif

読みやすさレベル8 | 22:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
モーニング・ページ
毎日3ページを書いて、6日経ちました。すごいじゃん、わたし!

The Artist's Way: A Spiritual Path to Higher Creativity (Inner Workbook)
Julia Cameron
1585421464
なにがすごいって、英語で書いてるにもかかわらず、英語の勉強のつもりがまったくない、あたり(爆)。

そんなことのために書いてるんじゃないものね。

書いていたら、ふと、「fluent reader」という言葉が浮かびました。

Fluent reader turns out to be fluent writer.

"Tadoku" is the way to be fluent readar. The key is "fluent reader over acculate reader". To read fluently, there're three basic rules:

1. No dictionaries.
2. When you don't get the part or words, skip it.
3. When the book turned to be wasting your time, skip the book. Read other books.

んー、この fluent reader ということ、多読は fluent reader over acculate reader を育てるのだってことにポイントがある気がするのですが、考えがまとまりません。(て、それだけ言えば充分か)

ずっとやりたかったことを、やりなさい。
Julia Cameron 菅 靖彦
4763193449
翻訳はこちらです。

種をまいてね、育てるのも自分なんだよねー。

▽ま、ぽちっと。
blogranking.gif

よもやま日記 | 16:55:28 | Trackback(0) | Comments(2)
Opening Doors Within 届きました!
1ヶ月おきに、2人の別々の人がお薦めしてくれたという、不思議な「偶然」の本。
わ~い! 届いたよ~!!!

Opening Doors Within
David Earl, Ph.D. Platts
1844091082
さっそく今日のところを開いて、ほお~。
思うところが、ありました。

日々のことばの本なので、365日かけて読みますね。

レベル7かな。
1日1ページなので読む量は少ない、抽象的な英語なのでやや難。スピリチュアル系を日本語で読み慣れている人なら読みやすそう。

たかぽん、カイさん、無意識の結託、ありがとう!

▽すすめてくれる人も、きてくれた本も、かいてくれた人も、ありがとう! これだから、本との出会いは面白いのポチッ。 blogranking.gif

スピリチュアル | 16:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
鹿男あをによし
ひとことでいうと、『坊ちゃん』+「我輩は"鹿"である」です。

鹿男あをによし
万城目 学
434401314X
鴨川ホルモー』にでてきた、すぽんすぽんする奴らは出てきません。かわりに「びい」と啼くものが出てきます。

あー、面白かった!

なにか、こう、人知を超えた神さまに遊ばれるところは同じです。
人間は、ま、自分のできることを、神さまの掌でやるしかない。

こういうの読むと日本人に生まれてよかった、と思います。

▽エキゾチック・ジャパン! の、ぽちっ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
♪きっときみはこな~い~♪本
間者猫さんのところは来たそうで、おめでとうございます!

わたしの、「こない」本は、楽天ブックスのこちら。

Course in General Linguistics
Ferdinand De Saussure

数ヶ月前に、在庫がありません、と楽天ブックスさんに断られたのです。

月末、期間限定ポイントが残ってるからどうしよっかな~とみたら、
取り寄せ(1日~14日以内)となっていたので
おもわず再挑戦!(なにに?)

だってねー、新しい版はアマゾンで4000円もするんだよ。こっちは半額だよ。

「きっときみはこない」本というのは、送料無料の最低合計金額に達しないときに、抱き合わせで注文するのに便利です。もしかしたらくるかもしれない、というスリルがたまらない。

▽ソシュール『一般言語学講義』、きたら、読んでやるから首を洗って待っとけ! のポチッ。 blogranking.gif

洋書多読情報 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
ランディ・パウシュの『最後の授業』
全米600万人が涙したメッセージ。

癌、なのだそうです。
バーチャル・リアリティの第一人者である教授が贈る、夢と壁について。

日本での出版元ランダムハウス講談社では、YouTube にこの講義をアップしています。
ランダムハウス講談社での紹介ページを見てからのほうが、わかりやすいかもしれません。




続きは、YouTube で観てください。1~9までに分割されています。上は1のみ。

字幕なしを一気にみたい方 (76 minutes)、ほかのビデオも観たい方は、ランディ・パウシュ教授のホームページでどうぞ。
Without subtitle, visit Randy Pausch's Home Page.

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
矢羽野 薫
4270003502The Last Lecture

The Last Lecture is amazing! Unbelivably it was fun! I smiled a lot, although I cried at last.

Childhood dreams might change their shapes, but still they are in me. I used to want to become Mr. Spock. I loved that smart alien. Another hero was the Bionic Woman, who helped people with her power.

Dear Randy, thank you for your Lecture. You gave power to me (in far east Japan). I hope many Japanese people watch your video. Please take care of yourself with your family. Love. blogranking.gif

映画・ドラマ・ビデオ | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(6)
シンシア・カドハタさんの新作
日系アメリカ人として、はじめてニューベリー賞を受賞した『Kira-kira』の著者 Cynthia Kadohata さんの新作が出ていました。

Outside Beauty
Cynthia Kadohata
0689865759
ヤングアダルトになっています。
▽こうして読みたい本が増えていく……のポチッ。 blogranking.gif

日系アメリカ人(絵本→ペーパーバック) | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪