RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10月 « 2008/11 » 12月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
He ってだれさ。
先日、だーっと英語でぐだぐだと書いていたとき、
弟と父のことを書いていたのですね。

そして、よせばいいのに読み返してみたら、
(私の頭の中では)弟も he で、父も he で、

He made a call to him.

って、だれがなんやら、わからん文章になっていたわけです。

なんじゃこりゃ、と思いまして。


あ、そっかー、こういうとき名前をバシッっと出して、

David made a call to Ablaham.

とかってするんだなあ~と気がつきました。


英語って、個人の特定の名前をバンバン出して使うなあ、
街頭インタビューですら、名前がテロップに出て、
アナウンサーが「今のデビッドの意見は・・・」って言うものなあ。
(日本だったら「今の新橋サラリーマンの意見は」って言いそうな場面で)

と思っていたのですが、
そうかー、名前を出さないと言葉としてうまく機能しないのか(?)
と思ったのでした。


▽ちなみに、うちの弟の名前は David ではありません、のポチッ。 blogranking.gif

多読的英語ネタ | 23:49:40 | Trackback(0) | Comments(0)
英会話
先日、カフェで英会話をしていたアメリカ人とおぼしきお姉さんに声をかけて、英会話をすることになりました。

なかなかメールで連絡がつかなかったのですけど、
ようやく連絡がきて、
来週の火曜日にやることになりました。

わーい!! 楽しみ!!

話のタネになにか本もっていこうかなあ。
なにもっていこう。

The Adventures of Super Diaper Baby: The First Graphic Novel (Super Diaper Baby)The Arrival (Boston Globe-Horn Book Awards (Awards))Miss Daisy Is Crazy! (My Weird School Daze)No, David! (Caldecott Honor Book)June 29, 1999


……ハッ。

こんなに持っていったら、その話だけで1時間終わっちゃうじゃん。

▽ま、ポチッと。 blogranking.gif

よもやま日記 | 22:22:47 | Trackback(0) | Comments(0)
【読書中】 Book of Ember 3巻目
さっそく3巻目を読んでいます。

The Prophet of Yonwood
Jeanne Duprau
0440421241
こうしてシリーズものを続けて読むのは、私にとっては、めずらしいのです。

たいてい、読みつかれちゃうので、なにかを混ぜながら。
あるいは、大切にとっておきたくて、なにかを混ぜながら。

でも、このシリーズは一気にいきたい。

都市 Ember が作られた謎が、わかりそうな予感です。

▽ま、ポチッと。 blogranking.gif

読みやすさレベル7 | 21:16:30 | Trackback(0) | Comments(2)
『さよなら英文法! 多読が育てる英語力』
やっと読みましたよ!(笑)

さよなら英文法! 多読が育てる英語力 (ちくま学芸文庫 サ 10-3)
酒井 邦秀
448009184X
英語の原文と、対応する翻訳文が並んでいます。

【11/25追記】ここ、わかりにくいですね。
翻訳文=邦訳として出版された本からの引用です。


英語は読まなくてもいいよ、
四角で囲んだ部分だけ見比べて


という注意書きに力を得て、
薄目をあけるような感じで
最初はパパッと見てたんですが、
だんだん面白くなって、
ガッツリ読んじゃいました!(^0^)

英語は英語として英語の感触で読んで、
日本語は日本語として日本語の感触で読まないといけないから、
こういうのを交互にスイッチしまくる読み方というのは、
むちゃくちゃ疲れるんです(笑)。

数年前なら、船酔いみたいになったんですが、
今は、平気で読めましたよ。
わたし、相当、英語の部分がしっかりしてきたようです。

英語と日本語は、これだけ距離がある、違っているっていう本です。

で、the ですよ、the。

わたし、正直いうと、the まだよくわかっておりません。
ですから、こんなことをいうのは僭越ですけど。

そして、本書を読んで、「なるほどね!」と膝を打ったのも事実なのですけど。

それでも、大きな口を叩かせていただければ(汗)

わたしの頭の中で、ぐるぐるしている the のほうが
もっと面白いよー!(ああ、すみません)

知らない単語に何度も出会ううちに、
今までに出合った、あちこちのシーンがあって、
こんな感じかなー、あんな感じかなー、と
ぐるぐるしているときに、うっかり英和辞典をみて、
「そりゃ、そうだけど、ただのそんな言葉じゃなくて
もっとこんな感じなのに~」
とがっかりする気持ちに、ちょっと似てました。(^^;

単語から文法へ育ってきたってことかも。

もーっと、たくさん読んで、もーっといろんな the に出合って
酒井先生や愉快な仲間達と the の薀蓄トークしたいなあ。

ちなみに、最近、the で「!」と思ったのは、
この本の中のあるシーンで出てきた「the instruction」でした~。

The City of Ember
▽よろしかったら、応援クリックお願いいたします♪ blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:17:29 | Trackback(0) | Comments(4)
Book of Ember シリーズ2巻読了
こんどは戦争だ!?

The People of Sparks
Jeanne Duprau
0375828257
滅び行く都市 Ember から、安住の地をみつけたかのようにみえた人々でしたが。

なにもかもが初めてで、輝いている世界。

しかし、文化の衝突は、緊張感を高め、戦争へと……?

★★★★★
71,705語(米アマゾンより)
レベル7かなあ。

この本が出版されたのが、2004年。
アメリカ同時多発テロ事件が、2001年。

こういう本が児童書として出版されているところに、アメリカの良心をみた、と感じました。

■関連記事

The City of Ember 読書中 (映画化の紹介あり)
【読書中】The City of Ember
【読了】The City of Ember (Book of Ember シリーズ1巻)
Ember シリーズ 第2巻、読書中

1巻目はレベル6にしてましたが、やっぱりレベル7かも、と思い始めました。

▽このところ毎日更新できていませんが、毎日応援クリックしてくださってる皆様、ありがとうございます。 blogranking.gif

読みやすさレベル7 | 08:28:17 | Trackback(0) | Comments(0)
Yes!
先日、カフェにいった折、外国の方と日本人で、英会話の練習をしていました。

「いいなー、わたしもやりたいー!」と強烈に思いつつ、
勇気がなくて声がかけられませんでした。

そして今日。

ふらっと寄ったカフェで、やってらっしゃるじゃありませんか!

思い切って、思い切って、
お店の外に出たタイミングをみはからって
声をかけてみました。

"Excuse me, but could you please teach me English?"

(……直球だわ…)

というわけで、あちらの都合もあり、12月から、
1回1時間、英語でお喋りをはじめます。

YES!

▽応援クリックいただけると、うれしいです。 blogranking.gif

よもやま日記 | 20:43:24 | Trackback(0) | Comments(8)
アマゾンさんとコンビニ受け取り
やっと今日受け取りました。やったー!

さよなら英文法! 多読が育てる英語力 (ちくま学芸文庫 サ 10-3)
酒井 邦秀
448009184X
一昨日、アマゾンから発送された旨のメールがとどき、翌日の夜、会社帰りにコンビニに行ったのですが、まだ届いてなかったのです。

ローソンさんのサービスセンターに電話して、気持ちよく対応していただきました。

学んだこと。

1.ローソンの端末で出てこないときは、店舗にものが届いていない。

2.一日一回18時の便で各店舗に配送されるため、
その便に乗ってなければ翌日の18時以降になる。

3.サービスセンターの方いわく、アマゾンから発送された後2~3日
みていただきたい、とのこと。

そして、今日、18時前にお店で端末操作をしたら、
「13日18時以降に届きます」
との文字が!

しばらく時間をつぶして、18:15頃にやってみたら
受け取ることができました♪

心配して見守ってくださった、お店のかた、ありがとうございました。


別件ですが。
昨夜は、歯医者にも行き、麻酔と痛み止めでヘロヘロになっており、
いただいたコメントに満足にお返事できず、すみませんでした。 m(_ _)m
tribirdさんにも、ぐちりまくってしまった・・・不愉快にさせたら、ごめんなさい。


では、これから酒井先生の本、読みます。
(さっそく最初の3ページくらい飛ばしてしまいました・・・)

▽日通のペリカン便さんは頑張っているのだなあと、あらためて感謝のポチッ。 blogranking.gif

洋書多読情報 | 21:53:57 | Trackback(0) | Comments(10)
Ember シリーズ 第2巻、読書中
なにを書いても、1巻のネタばれになりそうですが。

The People of Sparks
The People of Sparks見るもの、聴くもの、全て新しい。

こういうものがあって、という描写が続きます。
なんのことだかわかりません。

そこの住人が○○だよ、と言葉でいってくれると納得。

言葉って偉大だわ。
ニンゲンって、身の回りに言葉をつけて、
世界を切り取っているのね。

▽ますますSFっぽくなってきましたよ、のポチッ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
モンキービジネス 創刊号
書店で目に付いて買ってみました。
岸本佐和子さんのサイン入り。

モンキー ビジネス2008 Spring vol.1 野球号
モンキー ビジネス2008 Spring vol.1 野球号
柴田元幸さんが、毎号2つ、現代モノと古典を翻訳して載せる文芸誌だそうです。

ほかに、日本の古典を毎号1つとりあげ、その作品についての愛を語ってもらうコーナーや、連載コラムなど。

読み始めて気がつきましたが、どうも私は、翻訳が苦手になってきたようです。
(だったら、買うなよ、自分!)
これだったら英語で読もうと思って、
早くも投げモードです。

岸本佐和子さんの連載コラムは、ブラックでした。

4月に出た雑誌なので、すでに何号かでているようです。

▽ま、雑誌の創刊号って、なんとなくワクワクしますよね、のポチッ。 blogranking.gif

よもやま日記 | 10:10:26 | Trackback(0) | Comments(2)
否定語はつかわない
恐怖心のアプローチはよくないといわれて、
ハッとしました。
萎縮してたら、力がでない。

もっと楽しく、のびのびと。


長年、多読関連の多くの方の掲示板投稿を読んできて、
また、オフ会で様子を見聞きしてきて、

この方は、こんな感じで進んでるな、
もうすこし進むと、
こういう壁にあたりそうだなあ

というのが、かなりわかるようになってきました。
(多読には、波があるので、へこむことは、あるのです)


でもねー、それをいっても、仕方ないんだよねー。

もうすぐ壁にあたりますよ、なんていわれても
いい気持ちはしないから。


自分の道は、自分で歩くしかない。


親切心で、転ばぬ先の杖を出したつもりがアダになる。



週末は熱を出して寝込んでました。
拡大ORT薀蓄オフにもいきそびれたよ~。

▽ま、ポチッと応援お願いします。 blogranking.gif

よもやま日記 | 10:00:00 | Trackback(0) | Comments(11)
Black President to White House
今朝は駅で Japan Times を買って通勤。

Obama 氏勝利の記事を読むためです。

ホワイトハウスで、Obama 氏の娘さんたちが育っていく、
それがどんなに、アメリカの子供たちに希望を与えることか

と記事にありました。

なんだか、ぐっときちゃいます。

May America united (?) というような気分になりました。

こういう記事が楽しめるのも、やさしい本をいっぱい読んでいたからです。

I Am Rosa Parks (Puffin Easy-to-Read)Rosa Parks: My StoryMartin Luther King (Penguin Reader, Level 3)Barack Obama: An American Story

▽アメリカという国の底力をみた気分です。ポチッとな。 blogranking.gif

洋書多読情報 | 21:40:43 | Trackback(0) | Comments(3)
しょーどーがい
本屋の店頭で、プレゼントにすべく英語絵本を物色ののち、衝動買いにいたりました。
(いつも立ち読みさせていただいている本屋さんへの貢献ともいう・・・?)

Poststructuralism: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)
Catherine Belsey
0192801805
オックスフォードの A Very Short Introduction シリーズ、気になっていたのです。

ポスト構造主義の前に、構造主義を読まねばいかんのではないか

という、胸の中に沸き起こるツッコミは却下。

いやその前にソシュールの記号論はどおした

というツッコミも却下。

だって、最初にでてくるたとえが、
アリスとチェシャ猫だったんだも~ん。

▽「つかみはオッケー」って、出版社のおもうツボ!? のポチッ blogranking.gif

よもやま日記 | 21:02:01 | Trackback(0) | Comments(0)
【読了】The City of Ember (Book of Ember シリーズ1巻)
ときどき考えるのです。

古い環境にいきずまりを感じたら、その環境をよくするために力をつくすのがいいか。
それとも、勇気を出して、新しい環境へ飛び出して、より広い世界をみるのがいいのか。

なんとなく、身につまされて読みました。

The City of Ember
Jeanne Duprau
0375822747
Ember の街は、Builder がつくりました。

朝になると、電気が点き、
夜になると、電気が消えます。
(逆じゃないの?と思うでしょうが、そうなのです)

街の外には暗闇が広がるばかり。

しかし、最近は、発電機が古くなり、停電が増えてきました。

滅び行く街 Ember。
12歳の少女と少年の発見はどうするのでしょうか。

★★★★★
(ものすごく好みでした)
59,612 語(米国アマゾンより)

▽ひさしぶりに、ぐっとくるSFを読みました。ポチッと応援クリックお願いします。 blogranking.gif

読みやすさレベル6 | 21:24:21 | Trackback(0) | Comments(2)
長生きするよ……
病院にいって、ガンの検査を受けて、
ま、結果からお話しすると、なんともなかったのです。
(だから心配しないでね!)

でも、結果がでるまで、むしょうにドキドキしたのです。
ああどうしようと思って。

もしかして、このまま入院ですよってなったら
どうしよう。

長く入院になったら、本を読みたいけど、
どの本って、家の者にはわからないかもしれないし。
どうしよう。

今の読みかけは、すぐに読み終わりそうだから
シャーロック・ホームズ(分厚い!)を持っていくことにして、
あと、ノートと万年筆と。

でも、難しいのだけだと停滞するから
やさしい本も選ばないといけないし。
体調もあるだろうから、
難しいのだと結局読めなそうだし
やさしいやつ。
ああ、どれにしよう。
アマゾンに注文しちゃおっかな。

……

ここで、ふと我に返りました。

「入院したらなに読もう!」と真剣に悩んでいる自分が、可笑しくて
本棚の前で、噴き出しちゃいました。

すっと力がぬけて、ああ、だいじょうだ、と思えたんですね。
こんなにケラケラ笑えるなら、だいじょうぶ。
なにがあっても、しっかり受け止めていこう。

結果、気になる腫れがあったものの、
ずっと小さくなっていて、問題なし。
笑顔での帰宅でした。

(でも、鞄は重かったです。結局ホームズその他、持って歩いちゃった・爆)

▽「ながいきするよ~」のポチッ。(ちがうビョーキにかかってるともいう・・・) blogranking.gif

よもやま日記 | 23:18:30 | Trackback(0) | Comments(8)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪