RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05月 « 2009/06 » 07月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
本日の、スタバで英会話
今日は、質問したいことがあまりなかったので、
Japan Times を買っていきました。

時間が余ったら、一緒に記事を読もうという作戦です。

『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャーが、
パロディ本の出版差し止めを求めて告訴した
という記事を、先生が来る前にさっと目を通して、
一緒に読みました。

難しい言葉など解説してくださって、面白かったです。
先生の表情で、「これはネイティブでもあまり使わない言葉だな」と思ったり、
「これは先生が覚えて欲しがってることだな」と思ったり(???)。

ひとつ、とても感心したこと。
Doesn't the great J.K. Slinger have bigger fish to fry?
という文がピンとこなかったのですが、



doesn't he have more to worry about?
(bigger thing to think about)
ということだ、と教えてもらいました。

ああ、なるほど! と思うと同時に、
自分だったら、わかっていたとしても、
こういうやさしい言葉で説明できるだろうかと思いました。 blogranking.gif

よもやま日記 | 22:05:14 | Trackback(0) | Comments(0)
Blossom Street シリーズ 5 巻 Twenty Wishes 読了
今回も、心温まるお話でした。

Twenty Wishes (Blossom Street)
Debbie Macomber
0778326314
Blossom Street にある本屋さんが舞台。

これ読むと、自分の Wish リストが作りたくなりますねえ。

安心して読めるシリーズなので、いいペースメーカーになっています。

★★★★★
レベル7

Blossom Street のシリーズは以下の通り。

1.The Shop On Blossom Street
2.A Good Yarn
3.Susannah's Garden
4.Back On Blossom Street
5.Twenty Wishes (本書)

3巻目の Susannah's Garden は、同じ通り沿いの花屋さんが舞台。
1、2巻の登場人物たちは、ちらっと出てくるだけです。
blogranking.gif

読みやすさレベル7 | 21:07:44 | Trackback(0) | Comments(4)
仕掛け絵本『ギャロップ!!』の続々編
あの仕掛けに度肝を抜かれた絵本 ギャロップ!! (しかけえほん)
の第 3 弾が出ます。

Waddle
Rufus Butler Seder
0761151125ペンギン・・・。

ああ、動いているのを見たい!



Gallop! (Scanimation Books)Swing!: A Scanimation Picture Book

Tempo!
ちなみにこちらの Tempo は、
Swing! のドイツ語版だそうです。

数ヶ月前にみつけて、新刊と間違えて買いそうになりました。
あぶない、あぶない。

blogranking.gif

洋書多読情報 | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
この音、知ってる!
読んでいた本の中で、会話の文章。

you are xxxxxxx to

というようなところ(xxx 部)で少し長い単語がでてきて、
こんな単語知らないなあと思ったときに、
パアッ と音が浮かんできました。

わ、これ、知ってるよ。
よく聞くよ、これ。
こういう感じのときに、よく聞く音だよ。
あら、やだ、わかってるじゃん。
この文脈で、ぴったり。

英語で音のほうを先にしっていて
文字でつながったのは、初めての経験でした。

こういうことも、あるんだねえ。

で、体験が鮮明だったわりには、その単語を覚えていません(爆)。
覚えようとすると、せっかく自分の中にたまっていた音じゃなくて
自分なりのカタカナ変換したものになりそうで。

ま、一度パアッ~とひらけたので、
次にあっても(きいても)、わかるでしょう(笑)。 blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:56:37 | Trackback(0) | Comments(2)
Michael Jackson passed away
「ビーレ」が Beat it だと知った、あの衝撃。

今夜は、ビールを飲みながら
YouTube 三昧です。

天国でも、軽くなった体で踊っていてほしい。

blogranking.gif

よもやま日記 | 23:21:04 | Trackback(0) | Comments(14)
ただいま読みかけの本たち
あれこれ、とりまぜて読んでいます。(だって届いてしまったのだもの)

Peace Is the Way: Bringing War and Violence to an End (Chopra, Deepak)チョプラさん。

ノンフィクションが苦手な私には、読みたいのに読めない作者だったのですが、なぜかわかりませんが、さくさく読めます。

こういう本は、ある程度のスピードで読むほうが読みやすいのでは、と思い始めました。

Twenty Wishes (Blossom Street)「なんてこった!」
事件が起きたので、面白くなってノッてきました。

これからどうなるのか心配でたまらず、
胸が苦しくなってきたので、
ひとやすみ。

Harry Potter and the Half-Blood Prince (UK) (Paper) (6)このまま投げそうな気配ですが、いちおう読みかけ中。

映画公開までには読みたいのだけど。

この本に、便利なしおりスワンタッチをはさんであるので、
ほかの本でつかえない・・・。

New Moon (The Twilight Saga)2巻目。

届いてしまいましたが、ここで開いたら止まらなくなるので、これは読まないことにしています。だって、ほら、ハマってるわけじゃありませんから!(笑)

▽多読・・・というより、濫読? のポチッ♪


blogranking.gif

よもやま日記 | 21:13:24 | Trackback(0) | Comments(4)
仕事で英語を読む
先日、英語ではどういうのだろうと訳語(日→英)を調べていて、
Google Book Search で
「溶接のすべて」というような英語の本にいきあたり、
むさぼるように読みました。

(おそらく工学部の大学生向けと思われます。たぶん)

専門用語だらけといえばそうですが、
専門用語も、普通の単語が合体しただけだったり、
「ん?」と思っても、そのあとで同じ単語が何度も出てくるので
しばらく読んでいればわかります。

読んでると職場のおっちゃんたち(失礼)が、絵をみて
「お、溶接だね!」
と、いろいろ教えてくれました。
ありがたい、ありがたい。

ほんとに、なんでも読めるようになってきたんだなあ、
と思ったことでした。

私は、どちらかといえば控えめな活字中毒で、
読むものがなければ、コンソメパンチの袋の後ろの
原材料名などを読んでいたりするほうですが、

まさか、英語で「溶接」を昼休みに読む日がくるとは思わなかった・・・。


▽応援クリックいただけると、うれしいです。
blogranking.gif

よもやま日記 | 20:30:02 | Trackback(0) | Comments(8)
なんとなく
多読というのは、シンプルなだけにパワフルだな、と。

習慣が人をつくる、といいますか。

いろんな意味で
「自分の望む英語力」
を連れてくるように感じます。

「自分が望む英語力」には
いろいろな価値観があると思いますが、

それぞれの価値観がいいかわるいか、
ホンモノの英語力はどうとかこうとか、
ということではなくて、

そこに向かって自転車をこいでいったんだから
そこに着いたよ、となるように感じています。

Life is simple.

blogranking.gif

よもやま日記 | 12:11:35 | Trackback(0) | Comments(4)
山椒魚は悲しんだ
和書です。

山椒魚 (新潮文庫)
井伏 鱒二
4101034028
こんな終わり方だったか、と吃驚し、
ちょっと、ほろっときました。



blogranking.gif

よもやま日記 | 21:06:24 | Trackback(0) | Comments(2)
アマゾンのコンビニ受け取り
本日、コンビニに行きましたところ、
荷物が2個のはずが、4個届いている
というではありませんか。

あわてて携帯でアマゾンのサイトをチェックしたところ
1箱は、昨日出荷されていたことが判明。
ラッキー。

ところが、翌日(つまり今日)の18時以降にならないと
ローソンのロッピーくんが拒否するのです。
(ATM みたいな機械のことです)
問い合わせ番号&認証番号を入れて伝票を出さないと、
荷物を受け取ることができません。

あと3分、あと2分、・・・。

というわけで無事に入手。

しかし、あと1箱がどうにもわかりません。
未発送のものは、未発送だし。

コンビニのお兄さんに、あきらめた~、と告げ、
「箱、袋にお入れしましょうか」というので
「中身をあけて持って行きます、箱捨ててもらっていいですか」
とお願いし、受け取った3箱を開けました。

ん?

2冊入ってるはずの箱に1冊しか入ってない。
ああっー、分割発送されたってことかーっ!!!

あわててアマゾンのサイトを携帯でチェックしたら、
みつけましたよ、問い合わせ番号を!
認証番号のほうは、同じ注文書なので同じ認証番号でした。

ああ、あせった。

にこやかに対応してくれたローソンのお兄さん、ありがとうございました。


▽他山の石として参考にしてください・・・のポチッ
blogranking.gif

よもやま日記 | 21:40:58 | Trackback(0) | Comments(0)
Twenty Wishes 読書中
先週はなかなか読む時間がとれなかったのですが、
やっと話が動き始めました。

Twenty Wishes (Blossom Street)
Debbie Macomber
0778326314
はらはらさせてくれます、デビちゃん。

で、困ったことにですね、
この本がこれからだというのに
Twiligt シリーズの2巻が
発送になってしまったんですね。

もうコンビニに届いているんですが。
困った、困った(笑)。

とりあえず今日は、雨を理由にコンビニに寄らないことにしました。
これで、今日のところは困らない~♪

▽というより、Twenty Wishes の続きが気になって困ってるんですけど。(^^; blogranking.gif

よもやま日記 | 21:56:29 | Trackback(0) | Comments(1)
多書
書くことも量だな


と思い始めました。


書いて、また本を読んだりしていると、
発見もあって楽しい。
blogranking.gif

よもやま日記 | 21:42:32 | Trackback(0) | Comments(6)
Head or Tail?
Don't mold yourself. Be free.

Don't mold yourself into the
"don't mold yourself" mold.

Be free.

Somethimes people loves
the "be free" part.
They just love it.

Othertimes people needs
the "don't mold yourself" part.

Find the balance.

Find the balance
by
YOURSELF.

Sail the ocean by yourself.
You are the pilot.
You are the passanger.
You are the navigator.

Do you want a navigator?

Sorry.
There is no guru.

Your best navigator
is
always
in YOU.

blogranking.gif

よもやま日記 | 08:01:08 | Trackback(0) | Comments(12)
とぷん -- その2
No, No, No.

I wrote yesterday that;

the words
in
me.

No, No, No.

They were what someone wrote somewhere,
someone said somewhere.
someone sang somewhere.
someone acted somewhere.

I mean
the words.

I copy.
I mimic.
I try.

I play
with
words.

これも結構たのしい。・・・のポチッ♪ blogranking.gif

よもやま日記 | 11:51:55 | Trackback(0) | Comments(0)
とぷん
最近、仕事がおもしろくて、おもしろくて。

これ、英語にしてねって頼まれたのを、このところやってたのですけど。

I'm diving into the ocean,
the ocean of the words.

とぷん。

ときどき日本語が英語をつれてくるんだけど、
そんな言い方はしないな、とか
角度を変えたら、またみえてきたり
英語が英語をつれてきたり

Catch the stream
down under.

deep

deep

とぷん。

「ん?」と止まると、紙にぐじゃぐじゃと書き散らしています。
そうすると不思議と言葉が浮いてきて、またパソコンに入力します。

My pen hooks up the words.
the words
in
me.

とぷん。

▽手を動かすことで、なにか刺激されるんでしょうか・・・のポチッ♪ blogranking.gif

よもやま日記 | 21:46:30 | Trackback(0) | Comments(2)
レターサイズとA4サイズ
紙の大きさが違うのです。

今日、英会話でイギリス人の先生に会ったので、
「レターサイズを使うのはアメリカだけでしょうか、イギリスではどうなのですか」
ときいてみました。

そもそも何の話かさっぱりわからない、
紙のサイズといったら、エーフォーとかエースリーとかでしょう、
レターサイズって??
という反応でした。

ああ、じゃあ、イギリスは日本と同じですねー!と喜ぶ私。

レターサイズは、A4より幅広で、高さが短いのです。
だからアメリカに添付書類でエクセルの表を送ると、
下のほうが切れてるとか、印刷したら2ページになったとか、
いわれてしまうので、ちょっと気をつかわないといけなかったのです。

印刷プレビューで用紙変更して、レターサイズでもきれいに納まるか確認して、
それからまた用紙変更して、日本用に書類をプリント・・・ああ、めんどう。

なんでアメリカでは、そんなことしてるんだろうね、と先生。
「Americans!」 とおもわず言ってしまった、わたし。

イギリスは、A4 のほうときいて、だいぶ安心しました。
それだったら、大英帝国の植民地だった香港やシンガポールなどなどは A4 で大丈夫そう。
(そういえば、そういう文句を香港・シンガポールから言われたことはない)

▽あ、でも、フランスとかヨーロッパの他の国はどうなのでしょうね・・のポチッ♪ blogranking.gif

よもやま日記 | 22:01:07 | Trackback(0) | Comments(4)
スワンタッチ(しおり)
ねっころがって、洋書を読んでいるうちに寝ちゃうこと、ありませんか。

特に、レベル高めのペーパーバックを読んでるときとか、
日曜のお昼を食べて、おなかいっぱいの午後とか。

本がパタンととじちゃって、
どこを読んでいたのかわからない。

いつも本屋でもらう栞をはさんでいるのですが、
読むのにちょっと邪魔で、
栞をはずしたときに限って、
なぜか寝ている・・・。

スワンタッチいいよ~と、某多読仲間から聞いていたのですが、
気になって、とうとう買いました。

結論からいうと、何度か救われました。
(だって、お昼は眠いのよ・・・)

本の後ろに挟んで粘着テープで固定し、
くちばしの部分を、えいやっと、今読んでいるページにもってきます。
ページをめくるときは、ふつーに、いつものようにめくると、
意外となめらかに、つつつつつと、くちばしの下から
ページがめくれます。

だから、本をとじても、くちばしのあるページがすぐに開きます。

ちょっとした工夫だけど、すごい。

私は本にテープを貼るのがイヤで、厚紙に貼って、
その厚紙を本の後ろに挟んでいます。

1個だけ試しに買いましたが、何冊も並行して読んでるので、
追加で買おう、と思いました。

上の画像は、読書用品の専門店 快読ショップ Yomupara 楽天市場店へのリンクです。


▽このスワンをみてると、なーんか、リボンの騎士を思い出すのは私だけ?・・・のポチッ。
blogranking.gif

洋書多読情報 | 22:23:07 | Trackback(1) | Comments(12)
スター・トレックででてこない台詞トップ10
あの人が笑っていると、なんかうれしい。




▽ぽちっと応援クリックおねがいします。 blogranking.gif

映画・ドラマ・ビデオ | 21:26:52 | Trackback(0) | Comments(2)
Twenty Wishes 読み始めました
Blossom Street シリーズの続きです。

Twenty Wishes (Blossom Street)
Debbie Macomber
0778326314
まだ読み始めたばかりで、誰が誰やら(笑)。

今までは毛糸屋さんが主役でしたが、
こんどは、同じ通り沿いの本屋さんが舞台です。
登場人物が出てくるたびに、
いままでに出てたかなあ、
ま、いっかーと読んでいます。

▽本に没頭する幸せ、をたくさんの方が英語で体験できますように! ポチッ
blogranking.gif

よもやま日記 | 22:35:23 | Trackback(0) | Comments(2)
わたしが多読をはじめたころ
そのころは、SSS英語学習法研究会の掲示板しかありませんでした。

一番初期の熱い頃はすぎて、
そろそろ落ち着いてきた頃だったと思うのですけど。

それでも、掲示板の過去ログをちょっと掘り返すと、
古川さんと酒井先生がケンケンガクガクしていた頃の投稿が読めました。
(わきあいあいと、辞書は引いてもいいとか、よくないとか
ケンケンガクガクしていて面白かったのです・・・)

いろんな意見を読めたのが、すごくよかった。
いい時期に多読に出会ったな、って最近おもいます。

最近はね、多読を長年している人たちの読んでるレベルが上がってきて、
それをみて始める方たちは、いきなり上のレベルに飛びついたり
とにかく語数さえ稼げば、同じくらいの語数になったころには
いいことがあるに違いないと盲目的にやってるところもあるようで(?)
ちょっと心配しています。

だからね、多読なんか信用しない!
眉にたっぷりツバをつけて、自分の感覚を信じていくって
すごく大事だと思っています。
(これが多読のパラドックスですね・・・)

以上、ひとりごとになっちゃっいました。(^^; blogranking.gif

よもやま日記 | 22:28:34 | Trackback(0) | Comments(5)
【試訳】町の名前を一つ
酒井先生の友人が書かれたという詩です。
多読仲間がつぎつぎと試訳をしているんですもの。
わたしもやるー!

(というか、自分も書いてみないと、ほかの人のを落ち着いて読めない! 笑)

町の名前を一つ
私だけの。
そしたら公園に座って
毎日黙っている。

子供らの遊び
古い古い歴史


時の名前を一つ
私だけの。

そしたら道端に座って
毎日ながめてる。

ゆきかう人々
とおいとおい闘い


A name of town.
It's mine.
I'd sit on a bench in a park,
keeping silent.

Watching children play.
Anciant history repeated.


A name of time.
It is mine.

I'd lean on the wayside
every day to see

the people passing by.
Far away battlefield.


うーん。lean on the wayside ってのはなんか違うような気がします。
でも、上と同じの使うのもイヤで、ここはひとつ変えないといけない気がする。。。

この詩は、先生のブログの「このブログについて」にあります。
Hyde さんにはじまる試訳は、こちらの記事から順々にみていってください。
http://tadoku.org/sakai-note/archives/2009/05/31_1810.html blogranking.gif

洋書多読情報 | 21:59:13 | Trackback(0) | Comments(20)
「フックは右向きのこと。」 tadoku 的翻訳ことはじめ(?)
ちょっとうれしかったこと。

仕事で、英語で説明しなきゃいけない書類の中にあった文。
「フックは右向きのこと。」

ふむ。

機械についている「?」の形をした大型のフックの写真がついています。

※この記事は、やや毒があるかもしれないので、続きに隠します。

英語と日本語を見比べることは、
英語を英語としてわかるようになることの邪魔になることが
あるからです。 blogranking.gif

“「フックは右向きのこと。」 tadoku 的翻訳ことはじめ(?)”の続きを読む>>
よもやま日記 | 22:42:21 | Trackback(0) | Comments(4)
The Graveyard Book
古式ゆかしき英国の墓場のものがたり。

The Graveyard Book
Chris Riddell
0747598843
主人公の男の子は、
赤ん坊のときから
ある理由で墓場で育てられ
Nobody Owen と名づけられます。

古臭い、黴臭い雰囲気が
とても素敵です。

2008年度のニューベリー賞受賞作

★★★★★
レベル6

前半は、ちびちび読んだり投げたりしていたのですが、
後半は、あっという間でした。

関連記事:ニューベリー賞、カルディコット賞(2009-02-07)

▽某掲示板で話題沸騰中の、朗読 CD も聞きたいな~、のポチッ blogranking.gif

読みやすさレベル6 | 21:30:04 | Trackback(0) | Comments(10)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪