RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
02月 « 2010/03 » 04月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
語彙力とは
ネットにつながりました。原因はよくわかりません(爆)。


さて、tadoku.org の掲示板に書いたことですが、
気に入ったので、こちらにも書きます。



語彙力とは、未知語があってもその本が読めるとき、
その単語以外の単語の語彙力がある、ということ。




たとえば。

多読をはじめたばかりの頃、はじめて聞く名前や地名がでてくるたびに
「これ、なに???」
と、いちいちびっくりしませんでしたか。

「なまえかなあ?
なまえでいいのかなあ??
……
どうも、なまえでいいみたい??」

と、落ち着くまでに、しばらく読み進めないと
納得できなかったりして(笑)。

それが、今は、読んでいてすんなり入ってくる。

そうだとしたら、未知語(この場合は名前)以外のところの
地の文章を読む力があがったのでしょう。

あえて未知語のある文章を、
わからないところは飛ばして読むと
その単語以外の語彙力が育ってくる、のでしょうね。

(ただし、はじめは、未知語が多いとストレスですから、
1ページに1個、いやいや、1物語に1個くらいの本で
多読をはじめると、お気楽かもしれません)

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:15:12 | Trackback(0) | Comments(17)
パソコンがネットにつながらなくなりました
携帯から投稿。

しばらくネット落ちしそうです。(^-^; blogranking.gif

ブログ | 19:09:09 | Trackback(0) | Comments(0)
ダーリンの頭ン中 2
おもしろかったけど、語学オタクなネタにいってるので、
英語について読みたかったなあと思ったり。

ダーリンの頭ン中 2
4840132313
Oct は 8 だけど、October は 10 月。

2 ヶ月ずれている理由はなんでだっけ
というところは面白く読みました。

blogranking.gif

よもやま日記 | 11:06:23 | Trackback(0) | Comments(0)
多読からその先へ
私の場合は、ここ一年ほど、ネイティブの英語の先生と
スタバで、マンツーマン・レッスンをしています。

仕事で悩んだときに質問できる相手が必要だったのと、
これだけ多読したから、そろそろやってみたいな、と思ったからです。

2週間に1回、1時間なので、それだけではたいした量にはなりません。

世間話だけだと間がもたないし(爆)
先生とどういうことをやったらいいかなあ
と試行錯誤の一年でした。

このあたりは、いずれ報告しますねー。
(タイトルだおれ・・・なのは、芸風です)
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:19:15 | Trackback(0) | Comments(0)
『現代霊性論』、ただいま読書中
刺激的で、おもしろい、よ?

現代霊性論
4062159546
内田樹さんが教鞭をとっている神戸女学院。そこの大学院で行われた「現代霊性論」の講義録に加筆修正したものです。

この講義では、ぜいたくに、2人の先生がいて、おふたりの「かけあい」をみながら講義が進んでいったようです。

釈 徹宗さんについては、私は存じ上げなかったのですが、ご専門は宗教思想。浄土宗の住職にして、兵庫大学生涯福祉学部教授だそうです。

ええなあ。ぜいたくな講義だなあ。
読んでいると、女子大生になって(正確には院生ですけど)、その場に居合わせている気分になります。

spiritual = 霊性 というのは、どうなのかという疑問は、とりあえず横においといて(笑)。

カルト宗教について

宗教がもつ毒や危うさから、どうやって身を守るか。

「ポスト新宗教」では、瞑想や、
それによって得られる超常現象の刺激を絶対視してしまった。
そこがあやうい、と。

密教の場合は、(以下引用)「それは生理現象として必ず起こるものやから、そこに本質はないから気にせず捨てていけ、それに足をすくわれちゃいけない、とちゃんと教えます。」

わたくし、これには、ハッとしたのですよ。

以下、多読をはじめたばかりの方には、どんびきかもしれず(笑)、続きに隠します。

多読の究極奥義について(笑)

blogranking.gif

“『現代霊性論』、ただいま読書中”の続きを読む>>
よもやま日記 | 23:03:13 | Trackback(0) | Comments(8)
映画『アバター』
3D対応の劇場で、日本語吹き替えで観てきました。

高いところから下をみたとき、
「ひえー、おっこちそー」感が、すごかった。

映画のあと、車にのって帰ろうとしたのですが、
車のダッシュボードをみて、
「これ、本物だよね。3D?」
と思わず、さわってしまいました。

以下、ねたばれです。

blogranking.gif

“映画『アバター』”の続きを読む>>
映画・ドラマ・ビデオ | 22:26:39 | Trackback(0) | Comments(4)
日本人の知らない日本語 2
外国の方に日本語を教えている日本語教師の「戦い」(笑)の記録。

日本人の知らない日本語2
4840131945
いや~、わらった、わらった。

「時々」と「たまに」は
どうちがうんですか
という質問に考えさせられました。

私は英語をやっていて、この単語とあの単語と、どうちがうんだろうというのが気になるほうで、ああでもない、こうでもない、と「おとしどころ」を考えるのが好きです。

ひるがえって日本語では、「時々」と「たまに」のちがいなんて、考えたことなかったし、この本にあるような解説をきかなくても、ちがいを、なんとなくわかって使ってしています。

んー、もしかして、あんまり細かいことに悩まなくてもいいんじゃないか。。。
(いや、言葉ヲタクとしては、そこをくねくね悩むのが愉しいのよ・・・)


日本語では、どうして緑色の信号を青というのか、
緑と青の問題についてもふれています。
(おおー! そうだったのかーと思いました!)

blogranking.gif

よもやま日記 | 23:33:27 | Trackback(0) | Comments(10)
ロミオとジュリエット
Kindle で、Complet Works of William Shakespeare を購入。
Romeo and Juliet を読み始めました。

いやー、さっぱりわかりません。(^^;

でも、なんだか音が気持ちよさそう。

音読したり、Kindle くんに読み上げてもらったり、
気ままにすすんでいます。

blogranking.gif

よもやま日記 | 20:32:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ローマ字は、日本独自の国内ルールである
むかしむかし。私がはじめて外人とあったころの話です。

ボブ(仮称)といっしょに店頭に出たら、
わたしがお客様にいっている言葉をきいて、
その日本語を教えろ、というのです。

たしか、「ありがとうございました」だったと思います。

私がクチで言うと、ボブがメモをとりました。
もちろん、アルファベットでメモをとっています。

それが間違ってる、と私は感じたので、
きちんとローマ字で直してあげました。

すると、ボブは、そんな風には言ってない
というのです。

失礼な。

「ありがとうございました」でしょ。
いや、そうはいってない、このメモであってる。

そのときのボブのメモは、うろ覚えですけど、こんな感じ。

aligatoe go djaimushta

za だよ、za。
というと、ボブは蝿がうなってるような変な音をたて
ZZZZZZZ
ちがうよ、そうは言ってないよ、
自分はこれでわかるから、これでいいよ、と言います。

sh じゃないよ、shi でしょ。
いやそうは言ってない。sh しか言ってない。

きーっ!

その後、ボブのほうが正しかったと受け入れられるまで
数年かかりました、とさ。

たしかに、「ございました」の「し」は、
sh という音しか言ってませんね。 blogranking.gif

音のこと(シャドーイング) | 23:46:31 | Trackback(0) | Comments(4)
The Dead Zone
つづきが気になって、気になって……。

The Dead Zone (Signet)
0451155750
主人公は、John Smith。
冗談みたいに、ありふれた名前で、
だからこそ、めずらしい存在なのですが……。

あるきっかけで、昏睡状態になります。
そのまま何年も経過し、めざめたとき、
彼は、不思議な力をつけていました。

I think this story is not about a psychic.
It's about the life he lost.

★★★★★
レベル8~9
145550語(出版社サイトより)

途中、本が読めない青年の読書指導をするシーンがあります。
私が英語を読んでるときも、こんな感じなんだろうなあ。

Dyslexia (読字障害)は今でこそ受け入れられてきていますが、
できればそうでないという方向で指導していた時代
(70年代)が舞台です。

自分が英語の本を読むときも、こんな感じなんだろうなあ
と思うと、こういうシーンは
身につまされるところがありますね。(^^;

blogranking.gif

読みやすさレベル9 | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
ん?
前の記事で、こどものころ、「ん」が苦手だった
と書きました。

いや、その、ブログでここまでぶっちゃけるのもナンですが
(以下、お食事中の方は、読まないほうが……)


「ん」がでてくるたびに
ウ○コの「ン」 ……という呪文をとなえないと
音がうかんでこないんですよ。

弟がいるからかもしれません。

姉:これなんてよむの~?
父:ん
姉:うん? 「うん」ならわかるけど、「ん」ってへんだよー。いえないよー。
弟:ウ○コの「ン」ーーー!!!(ゲラゲラ)

というラブリーな会話がくりかえされていたからかもしれません。

で、わたくし、「ん」という音と文字の獲得には、
日本人のほぼ100%が、この呪文を通過したのではないか
とにらんでいます。
(自分はそうではない、という方、いらっしゃったら御一報ください)

たとえば、「みかん」をよむためには、
み……か……ウ○コのンー……あっ、みかんだ!
という工程をたどっていたようにおもいます。

そして、「ん」ひと文字をよむのではなく、
「みかん」という言葉のかたまりを
耳で覚えたとおりに再生するほうが、
どうも「ん」っぽい音になるらしい
と、だんだん気づきはじめたようにおもいます。

「ん」のたびに呪文をとなえるよりも
もっと文章全体をみて、その流れで、てきとーに飛ばすほうが
「ん」っぽい音になるらしい。

(というか、ウ○コの助けを借りなくてもすむらしい)

で、なにがいいたいかというと、
言葉の音というのは、一音一音を追求してもしょうがなくて、
音のつながりのなかで変化しているものである
ということであります。

だから、英語の音をシャドーイングするときは、
いえない音は、それっぽく飛ばす、のがコツ。

だって、全部の文字を発音している言語なんて、ないんだから。



以上、追いかけると逃げるんだけど、
ウ○コと遊んでるとわかること???でした。


▽下ネタで失礼いたしました。応援クリックおねがいします。ありがとう。 blogranking.gif

音のこと(シャドーイング) | 12:53:35 | Trackback(0) | Comments(4)
続・サイレント K
前のブログ記事で、know とか knot とかの
K を発音しないのはなぜだろう
と書きましたが・・・

ふと。

英語圏の子どもだったら、逆なのかなって思いました。

どうしてナイフって書くときは K をつけなきゃいけないの

となるのかもしれませんね。



そういえば、こどもの頃、「ん」が苦手だったなあ。
あと「っ」も。

▽ポチッといただけると嬉しいです。


blogranking.gif

洋書多読情報 | 23:30:44 | Trackback(0) | Comments(4)
サイレント K
know とか knot とか、k を発音しないのは、なぜ?
と、英会話のときに、質問してみました。

先生もわからない、ということで、その場で先生の iPhone から
wikipedia を調べました。

で、いっしょにその記事を読んだのですけど(短いですよ)

Silent k

記事の中にでてくる言葉 voiceless velar plosive というのを
先生もわからない、とおっしゃるのですよ。

ああ、なんか、べつに、ネイティブだからって
すべての単語を知ってるわけでもないし、
知らない単語がある文章を読んだりしてるわけだよねえ
と妙に納得しました。

ちなみに、そのイギリス人の先生は、お若いけど、
今年から某難関私立大学の講師を務めることになったそうで
決して知的レベルが低いわけではない、と思います。

ときどき、彼女が「わからない」ということから
私は多くを学んでいるのだという気がします。

そもそも、教師にもわからないことがあるということを
生徒に示すことが教師の役割なのかもしれず・・・
(おっと、自分が教師でもないのに、いいすぎですね)

▽ま、ポチッっとな。
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:36:39 | Trackback(0) | Comments(2)
おなじ仲間のことばたち
先日、同僚に英語の質問をされて、こんなような説明をいたしました。

えーと。ここで the view っていうのは……
ほら、さっき出てきた visual inspection の
visual と view って親戚だから!

えーとなんていうか、
目でみえてることっていうか
(手で目からビームが出ているような、グーをパーにひらく動作)

だから、さっきの visual inspection で検査したときの、
目で見えるところとか、見える範囲とか、見たこととか
そういうことを、ここでは the view っていってるんだよ。

以上。


最近、こういうふうに、似ている単語が響きあっているのを
感じることができるようになりました。

英語のまま読むと親戚?だったり同じ仲間の言葉なのですが。

ヘタに日本語を思い浮かべて
「目視検査」とすると
the view .... 景色?
というふうに、つながらなくなってしまって
とまどうようです。

最近の私の密かな楽しみは、
Merriam-Webster のオンライン辞書で、
語源のところをみることです。
(ラテン語の○○からきていて、それは△△の意、というやつ)

ただ、これも、深追いすると、
一、二、三、なのに、どうして四は棒が4つじゃないんだろう、とか、
草冠が草なのはわかるけど、なんで「早」につくと草なの?、とか、
わけわからないことになるので、ほどほどにするのがいいみたいです。


▽ポチッと応援クリックいただけると嬉しいです。
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:46:39 | Trackback(0) | Comments(4)
十二国記
最初の物語を読んだあと、ずいぶん間があきました。

以下は、作品発表順ではなく、巻を飛ばして読んだのですが、最初の物語の主人公陽子ちゃんつながりで、面白く読めました。

東の海神 西の滄海 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
山田 章博
4062551683

華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)
4062732041

▽たまに和書を読むのもいいね~のポチッ♪

blogranking.gif

よもやま日記 | 15:35:59 | Trackback(0) | Comments(0)
英語で考える
職場におくられてきた技術レポートが、短いのだけど、さっぱりわからず、
同僚から相談を受けました。

ヨーロッパ人の書いた英語なのかとおもいきや、アメリカ人。
英語ネイティブが書いた、あまりにネイティブすぎる英語と判断しました。

「ここは辞書でみると○○と書いてあったので」という同僚の声を無視し(すまん)
鉛筆で書き込んである漢字熟語を無視し(すまん)
とにかく、英語の単語のコアのニュアンスを受け取ろうとして
上から順番に「英語として」読んでいきます。

こういうときに発動するのは、多読できたえた
細部をみずに「全体を読む力」。

ああ、なるほど。

要するに、コノ部分は、日本語のアレのことね(日本では、そうはいわないけど)
そして、コノ部分は、アアゆーことで(日本では、そうはいわないけど)
ココは、アレのことね。(この発想は日本にはないなあ)

最近、こんなのばっかりですわ。

辞書や文法に頼って読もうとすると、かえってわからなくなる文章が多くて(^^;;
むこうは、やさしく書いてくれているのだけど、
英語ネイティブの考える「やさしい」は、日本人にとって必ずしも易しくない。

でも、辞書なしでやってきた多読で鍛えた語感で読むと、
けっしてむずかしくないのです。
やさしいコアの意味で、イメージがわいてくるから。

おもうに、大学教授とか、えらい英語の先生たちが扱っているのは、
辞書と文法で解析しやすい、整った文章を書く相手なのじゃないでしょうか。
大衆向けのペーパーバックだって、
それなりに文章としては整っていますよねえ。

こちとら、現場のおっさんと仕事してるのじゃー!
てやんでい。

と吠えつつ、こういう辞書ではどうにもならない英語が読めるようになる
というのが、私が多読をはじめた動機でもあるので……

ま、よかったです。

▽ポチッと応援いただけると嬉しいです。

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 13:56:35 | Trackback(0) | Comments(0)
紙の本より Kindle のほうが読みやすい (^^;
ひさしぶりに紙の本を読んでいるのですが、
いやあ、紙の本をひらくのって、めんどうですねえ。

ふとんにもぐりこんで、本を読もうとすると、
仰向けで両手をだせば、手が寒いし、
横を向けば、本と肩の三角形で、布団に隙間があく。

なんとかベスト・ポジションをつくっても
ページをめくるときは両手が必要になり、
もういちど肩に布団をかけなおしたりして。

石盤状だと、ぱっと見て片手で読めて、
字も大きくできて、らくちん~♪

あんがい「本」って不便なデバイスだったのかも、と思う今日この頃です。
(本の匂いや装丁は大好きなんですけどね)


iPad だと、重さ厚さで、こんなふうに軽く取り回しができないのかなあ。
でも、タッチで動かす感触も楽しそう。

blogranking.gif

Kindle (キンドル) | 23:33:47 | Trackback(0) | Comments(6)
雑誌 an・an でスピリチュアル特集
アン・アンで特集する時代になったんですね!

an・an ( アン・アン ) 40周年記念号 スピリチュアルBOOK 2010年 3/10号 [雑誌]
B0036YPEIU
江原さんの鏡、付録つき。

ちっちゃいけどパワーを感じます。
blogranking.gif

スピリチュアル | 22:07:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ウォールト・ディズニーの伝記
Kindle で、電子ブックで読みました。

Who Was Walt Disney? (Who Was...?)
Nancy Harrison
0448450526
Who Was シリーズも Kindle Edition が出るようになりました。

イラストなどのレイアウトは、Kindle DX(画面サイズの大きいやつ)向けに最適化されています。私の Kindle 2 だと、どうかなあと思っていたのですが、なんの問題もありませんでした。

本の値段は、日本のアマゾンさんで、ペーパーバックを買うほうが安いのですが、この持ち運びの利便性を考えると、ちょっとぐらい高くても、Kindle で買うのもアリだな、と思いました。

ただし、この本は、Kindle のウリである読み上げ機能には対応していません。ときどき、対応していない本もあるので、Kindle の本を買うときは、Text-to-Speach が enable になっているかどうかをみて、納得してから買いましょう。

難しい本も、やさしい本も、1つの Kindle で持ち運びできて、レベルの違う段違い平行読みができます。そして、読みつかれて、ちょっとやさしいのを読みたいなと思えば、その場で、新しい本をダウンロードできます。それも1分で。

これは、ほんとに革命的なことですよ。

本屋にいかなくても、外出先で、電車の中で、喫茶店で、本が手に入る。しかも、アメリカから海を越えて電送されてくる。

本好きの夢ですよ。

Kindle、日本語に対応してなくてよかった。和書まで、ほいほい手に入ったら、オソロシイですわ。


▽ Kindle の日本語対応が怖い、のポチッ♪ blogranking.gif

読みやすさレベル3 | 22:12:52 | Trackback(0) | Comments(4)
スター・ウォーズの動く絵本
飛び出す絵本じゃないですよ。スキャニメーションですよ。

Star Wars Scanimation: Iconic Scenes from a Galaxy Far, Far Away...
0761158464
まってました!

とおもってしまう、あなたは同志。
(がしっ)

こちらと同じ作者です。
Gallop! (Scanimation Books)
0761147632


▽May the force be with you のポチッ♪
blogranking.gif

洋書多読情報 | 20:34:39 | Trackback(0) | Comments(0)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪