RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
12月 « 2011/01 » 02月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
大聖堂メモ
『大聖堂』The Pillars of the Earth を読んでいます。

教会の構造が、上からみて十字になってるのは知ってるのですが、
登場人物が教会のまわりをぐるっとめぐるシーンになり、
西の部分がアレで、東がコレで、ここに tower が建っていて……
という文を読んでいるうちに絵を書きたくなりました。

なにか書く紙!

そうだ、こういうときこそ、ほぼ日手帳!

(汚い字なので小さな写真で失礼しますよ)



何度もでてくる単語が、部屋の名前?っぽいなあと
思ってたのですが、
こういう構造なのか、
と手を動かすのも面白かった。

単語を覚える気はさらさらないんですが(笑)、
この先、同じ言葉が何度も出てくるので
「この c ではじまる単語は、ここのことね」
と地図を見返して便利でした。

教会のまわりには馬小屋やゲストハウスや
いろいろな建物があるのですが、
そっちはめんどうくさくなってパス。

南のどっかにあるはずだけど
西かもしれない……という曖昧な理解で読んでます。

blogranking.gif

スポンサーサイト
よもやま日記 | 21:35:42 | Trackback(0) | Comments(2)
ドクター・スースの賞 (Theodor Seuss) Geisel Award 【訂正あり】
とっくに発表になってましたが。(^^;

アメリカ人なら子どもの頃に誰でも読んでるといわれる The Cat in the Hat の Dr. Seuss にちなんだ賞です。

過去の受賞作をみると、おバカっぽくて、なおかつ英語教育によろしい、という絵本が並んでます。

■ 受賞作

Bink and Gollie (Junior Library Guild Selection (Candlewick Press))
Kate DiCamillo Alison McGhee Tony Fucile
076363266X

ケイト・ディカミロさんだ!

実は、これ、新人の作家さんと
ペアで書いているようだったので、
人気の大物作家と抱き合わせで売り出す営業戦略で
たいしたことないかも・・・と買ってなかったんです。

(すみません)

【訂正】
「新人の作家さん」どころか、あの Someday の作家さんでした!


受賞したんですね! ああ~、買いだ!
でも、2~4週間まちだ。
ぬかった~~。

アマゾンで検索すると複数の候補がヒットするので、
購入する方は、値段や納期を比較してくださいね。



■ オナー賞(いわゆる銀賞)

Ling & Ting: Not Exactly the Same!
Grace Lin
031602452X

一卵性双生児の話。

We Are in a Book! (An Elephant and Piggie Book)
Mo Willems
1423133080

でたな、ピギーめ!(笑)

これは、紙の本であることを生かした本です。
音読すると楽しさ倍増。

Elephant and Piggie のシリーズは、楽しいし、英語もやさしいし、どうして多読完全ブックガイドに載ってないのか不思議です。レベル0の超特選でいいとおもうのにー!

((((でもね、あまり人気がでると、児童英語の先生たちがハイエナのように買い占めてしまうので(笑)、自分が買えないと困っちゃうのね。だから、このシリーズ狙うなら今のうち。ナイショにしといて教えたくないシリーズでもありますねー・笑))))

blogranking.gif

洋書多読情報 | 14:04:15 | Trackback(0) | Comments(4)
【和書】プリンセス・トヨトミ
大阪ってなんかスゴイ
と思っていましたが、そうか、こんな秘密があったのか。

プリンセス・トヨトミ
万城目 学
416327880X
鴨川ホルモー(京都)、鹿男あをによし(奈良)
につづく三都物語です。
(話に関連性はありません)

正直、笑いを期待して読んでました。
しかし、どっかんとくる笑いがないまま中盤をむかえ
あまり面白くないなあと思っていたら……。

気がついたら泣いてました。
ぽろぽろと。
いい話だわ、これ。

3作の中で、一番好きです。
(でも、一番笑ったのは鴨川ホルモー)

それぞれの土地の、有名な場所やマークには
こういう sign が隠れていたのだ
というダビンチ・コード的なおもしろさは
あいかわらず。

ダビンチ・コードからキリスト教をひっこぬいて
大阪への愛にした感じです。

blogranking.gif

よもやま日記 | 10:10:23 | Trackback(0) | Comments(0)
2011年、ニューベリー賞とカルディコット賞発表
今年も、この季節がやってきました。

昨年発表された本のうち、もっとも優れた児童書に贈られるニューベリー賞と
もっとも優れた絵本に贈られるカルディコット賞の発表です。

公式ホームページ
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alsc/awardsgrants/bookmedia/newberymedal/newberymedal.cfm
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alsc/awardsgrants/bookmedia/caldecottmedal/caldecottmedal.cfm

以下、本のリンクはアメリカのアマゾンになっています。日本のアマゾンだとまだ情報が薄いので。Kindle 版へアクセスしてサンプルをダウンロードするなら、このほうが便利かな。

■ニューベリー賞

Moon Over Manifest
Clare Vanderpool
0385738838スタンド・バイ・ミーを彷彿とさせる表紙ですねー。

1936 年が舞台だそうです。

日本のアマゾンのペーパーバックについては、こちらをクリック。



■ニューベリー賞 オナー賞(いわゆる銀賞)

Turtle in Paradise
Jennifer L. Holm
0375836888わ、さわやか。

こちらも30年代が舞台です。
親の都合で親戚の家にあずけられた少女の
ひと夏の体験……といった感じでしょうか。


Heart of a Samurai
Margi Preus
0810989816サ……サムライ?

ジョン万次郎だそうです。

福山竜馬のブームがアメリカに飛び火したんでしょうか。
(そんなわけはない・・・…)

トータス万次郎にしびれた私としては、
これは読まねばなるまい。

日本のアマゾンのリンクは、こちら。ただいま、在庫切れ。


Dark Emperor and Other Poems of the Night
Joyce Sidman Rick Allen
0547152280こりゃまた雰囲気のある表紙ですね。

えと、絵本ではなくて児童書として受賞?
どんな本なんだろう。

米国アマゾンには、紹介ビデオがあります。
the creatures of the night なんてきくとドキドキしちゃう。


One Crazy Summer
Rita Williams-garcia
0060760885この表紙は見たことあります。
全米図書賞のヤングアダルト部門も受賞してました。

両方受賞してるというと、興味がわきますねー。



■カルディコット賞(絵本)

さて、絵本は Kindle では読みたくありませんからね。ここからは、日本のアマゾンへリンクします。

A Sick Day for Amos McGee
Philip Christian Stead Erin Stead
1596434023
これはまた、レトロな
味のある絵ですねー。


■カルディコット賞 オナー賞(いわゆる銀賞)

Dave the Potter: Artist, Poet, Slave
Laban Carrick Hill Bryan Collier
031610731XPotter といえばハリーと思っていましたが、
こちらはデイブです。

そうか、potter ってそういう意味か。
(と、絵をみてわかる)

黒人奴隷ものっていうところが気になるなあ。


Interrupting Chicken
David Ezra Stein
0763641685これはオバカ系のにおいがする……。
やったー! おバカ系大好き~!!

米国アマゾンで軽快な紹介ビデオがみれます。こちら


ではでは、みなさま、Happy Reading♪

blogranking.gif

洋書多読情報 | 11:04:21 | Trackback(0) | Comments(9)
整いました~!
整体とかけまして
コカコーラととく

そのココロは



あとがすっきりです。



整ったところで、今夜は寝ます。ぐー。 blogranking.gif

よもやま日記 | 22:10:27 | Trackback(-) | Comments(-)
5%読みました
Kindle ではページの代わりに Location という番号を使っており、
進み具合がパーセント表示されます。

さすが分厚いだけあって、読んでも読んでも1%増えない。
いやー、気持ちがいいくらい、同じ数字ですよ。

それだけに、1%増えたときのうれしさもひとしお。

フォントを大きくして読んでいるため、
カチカチと次のページをめくってめくって
やっと1%が増えるのです。

なんかうれしい。

もひとつ大きいフォントにしようかしら。

The Pillars of the Earth
Ken Follett
0451166892


blogranking.gif

よもやま日記 | 12:02:44 | Trackback(0) | Comments(4)
やすみ、やすみ
免許の更新。
ぐったり。

翌日、翌々日と寝て過ごしました。

おまけに免許のしゃしん、へんなかお。

2月には従弟の結婚式。
4月には別の従弟の結婚式。
外出ついでに、ロフトで祝儀袋 x 2。

義妹が心配して電話をくれて、
月曜日に整体につれていってくれることになりました。
ありがとう。

blogranking.gif

よもやま日記 | 12:00:51 | Trackback(-) | Comments(-)
The Pillars of the Earth 読み始めました
先日の記事に書いたとおり、児玉清さんにあやかって『大聖堂』にアタック・チャンスです。
(連発してスミマセン ^^;)

The Pillars of the Earth
Ken Follett
0451166892

あら、けっこう読みやすい??

中世の教会ときいて、すごく難しい本だというイメージを勝手にもっていたのですが、著者が前書きで書いているように、そんな難しい本だと誰も読まないから、面白くなるように書いたそうです。事実、文学賞にはひっかからないけれど(?)ベストセラーになり、特にドイツで売れているのだとか。。。

そういう本、好きです。うれしい。
Kindle でフォントを大きくして読んでいます。

ネットを検索したら、児玉清さんのインタビューがありました。
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_koda.html
最後、ドイツ語版で読み終わった、というのがシビレます。

blogranking.gif

よもやま日記 | 23:20:00 | Trackback(0) | Comments(4)
『大聖堂』と児玉清さん
NHK-BS で放送されるケン・フォレット原作の
テレビ・ドラマ『大聖堂』を紹介する番組をみました。

NHK の公式サイト
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/daiseidou/

「アタック・チャーンス」の児玉清さんが出演されていましたが、すごいんですよ!
原書で読んだんですって。あの、分厚いのを。

米国版のハードカバーで読んでいる途中で、ヨーロッパに旅行が決まり、
持ち歩くのは重いので日本に残してきたのだけど、
どうしても続きが気になって、ロンドンの空港についたとたん
英国版を買って続きを読んだのだそうです。

すると、ドイツにいくことになって、またしても
ロンドンに本を残して旅立ったのだけど、
やはり続きが気になって、ドイツ語版を買って読了したのだとか。

それくらい面白い本なのだと言って、
スタジオでは、3冊のハードカバーをみせてくれました。
これがまた、本の状態がきれいなんですよ。
ある程度のスピードで読んでる方の本ですね。

白髪にスーツの容貌と相俟って、なんて格好いいのだ。
ああいうダンディーな好々爺に、私もなりたい!
(爺なんていったら失礼でしょうか・・・)

ちょっと前なら、あこがれだけで終わってた。
でも、今なら、『大聖堂』読めそうな気がします。

The Pillars of the Earth
Ken Follett
0451166892

新年早々、The Pillars of the Earth にアタックチャンス。

(言ってみたかったんです、スミマセン ^^;)

blogranking.gif

洋書多読情報 | 21:01:47 | Trackback(0) | Comments(10)
アマゾンの Best of 2010 絵本 (リンク修正済)
米国アマゾンのサイトをのぞいてみたら、
絵本の Top 10 はこれでした。


Top 10 Books: Children's Picture Books


今年も David Wiesner さんがカルディコット賞をとりそう??

※リンク修正しました! 匿名希望の詠み人知らずさん、ありがとうございます!

blogranking.gif

洋書多読情報 | 23:46:42 | Trackback(0) | Comments(2)
かりかり
先日、テレビをつけながらパソコンに向かっていたところ、
なにかが、心に入ろうとして「かりかり」としてくるんです。
ツメでそっとひっかくみたいに。

なにかが、こちらに像をむすぼうとするのですが、
こちらにそれを受けるものがないので消えていく……

あれ? なんだろう、これ?

と思って、テレビをみたら、
ドイツ語のニュースでした。


NHK-BS のワールドニュースをみていて、BBC の英語の番組が終わって
つけっぱなしにしていたらドイツの番組になっていたんですね。

(途中にフランスの番組もあったはずなのに!)

ドイツ語と英語はゲルマン系で似ているから
こういうことが起こるのかなあ。


翌日、今度はしっかりと意識的にドイツのニュースをみました。

すると、President Obama とか internet とか facebook とか
けっこう英語のままの音が出てくるんですね。

あー、これだったのか、原因は……。

聞くともなしに聞いているのに勝手に像を結ぼうとする感触が
日本語とそっくりで、あせっちゃったよ。


※ こうした感触的な「萌芽」は、つみとられやすいので、質問をぶつけられると困ります。勝手ながら、コメントを受け付けない設定でヨロシク!

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 12:27:16 | Trackback(-) | Comments(-)
獣の奏者 探求編と完結編
とうとう我慢できなくなって文庫化を待たずに読みました。泣いた~~。

獣の奏者 (3)探求編
獣の奏者 (4)完結編
上橋 菜穂子
40621563264062156334

私はこの物語の、あのとき別の道を選んでいればもっと楽な生き方ができたのに
というところが好きなのだと思う。

大切な岐路のひとつひとつで、登場人物たちは迷い選択し、
自分の選択をしっかり受け止めて生きていく。

あのとき別の道を選んでいれば、と思うときもあるけど、
それでも振り返ってみれば、やっぱりこの道を選んでいたと。

ファンタジーです。戦に使われる強力な生き物がいて
その生き物たちとかかわりながら、
世界の姿を知りたいと願い、
建国神話の謎をとき、
ついには国家間の戦いに巻き込まれていく女性とその息子の物語。

外伝も出てるんですよね!
あー、文庫になるのが待てない……(笑)

blogranking.gif

よもやま日記 | 20:36:26 | Trackback(0) | Comments(6)
本日のお風呂読書……の記録でモチベーション・アップ!?
ほぼ日手帳に、本日のお風呂読書 October Sky と書いてみました。

あら、不思議。
なんだか気分がいい。



ペーパーバックを読むようになると、読了までに何日もかかります。

それが数週間におよぶとブログのネタにも困るし、
「読んだ! さあ次の本!」っていう勢いがなくなります。

(私だけかもしれませんが……)

読み終わったものを記録すると達成感があるというか、
次への勢いも出てくるんですが、
楽しく読んでいても長くかかえこんでいると
なんとなくモチベーションが下がって
なんとなく続きを読む手もとまってきたりして……。(^^;

それを避けるために(?)、合間に短い絵本を読んで
ブログのネタをつくったりするのですが、
それにも限度があるしー。

ペーパーバックを読めるようになってからの時期って
一所懸命読んでいるのに、読了本に反映されなくて
なんとなーくモチベーションも下がることがあるように思います。

(生活リズムの波とか、読み疲れで自然に体が休憩したがってるとか、
熟成に入ったということもあると思いますが)

一週間が一覧できる超整理手帳を使っていたときに
読み始めの日にタイトルを書いてみたんですが、
これは失敗でした。

まるっきりノルマのようにみえるんです。
そのタイトルから矢印を引っ張って、この間は読んでいた……
とするつもりでしたが、
2、3日読んでいない日もあるのに、そこに線を引くのも抵抗があるし、
一週間前をみて、この日に読み始めたのに……と
自分を責める気持ちになってしまう。
楽しくないんですね。

ほぼ日手帳に「本日のお風呂読書」と書いてみたら
なんだか ほっ としました。

「本日の」ってところがいいんですね。
明日は違う本を読んでいてもいい。
ちょっとでも記録できるとうれしいですね。

気に入ったので、また書いてみようと思います。

blogranking.gif

よもやま日記 | 14:52:56 | Trackback(0) | Comments(6)
汎化(はんか)って……
この言葉は、英語で先に読んだことがあります。
(Java のオブジェクト指向のところで読みました)

generalization

general にするってことだよねー、ふんふん。
オブジェクト指向はさっぱりわかりませんが
ま、genreral ねー。ふーん。

これを日本語にしたらなんなんだろうと
日本語での Java の解説書を調べたら
汎化(はんか)でした。

そんな日本語があったのか。
てか、英語のほうが簡単じゃありません??

なぜか、はんぺんが食べたくなってきた・・・。

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 23:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)
『進化しすぎた脳』(読書中)
まだ半分くらい読んだだけですが、あんまりびっくりしたので
ブログに書いておきます。

もし人間が写真のように記憶してしまったら、
次に同じ人に会っても服装や髪型が違うので、
同じ人だって認識できなくなってしまう。

だから、脳は、あいまいに、いい加減に記憶するんだそうです。
共通する特徴とか、抽象性を取り出して記憶する。

正面姿の池谷さんを見て、
「これは池谷さんかもしれないけど、ここは判断を保留しておこう」
右向き姿の池谷さんを見て、
「これも池谷さんかあ。共通するところはなんだろう」
とゆっくりゆっくり学習していくのだそうです。

引用します。
ともかく、表面に見えているものに振り回されないためには、学習スピードの遅さがキーになる。ゆっくり覚えてはじめてルールの抽出ができる。

うわー! 熟成だ!

辞書を引かずにやさしい本から多読しているときの
英語のわかり方と似てる!!

「これはこういうことかもしれないけど、ここは判断を保留しておこう」
って、同じ言葉に何度も出会って、
いろいろな場面で使われているのに会ううちに
なんとなく共通のイメージがつかめてくる……。

ゆっくりでいいんだなあ。熟成ってすてきだな、と
あらためて思ったことでした。

興味のある方は、本をどうぞ。

進化しすぎた脳 (ブルーバックス)
池谷 裕二
4062575388
blogranking.gif

よもやま日記 | 23:11:40 | Trackback(0) | Comments(8)
あけましておめでとうございます!
今年もよい年でありますように!

fuji.jpg


今年はダンナがお雑煮をつくってくれました。
いいダシのとれる大人になってくれて
ツマはうれしい。

去年は長い本を読んで、あまり冊数を読んでないのです。
今年は、もっと読めるといいな!
blogranking.gif

よもやま日記 | 09:35:25 | Trackback(0) | Comments(6)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。