RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
12月 « 2011/01 » 02月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
2011年、ニューベリー賞とカルディコット賞発表
今年も、この季節がやってきました。

昨年発表された本のうち、もっとも優れた児童書に贈られるニューベリー賞と
もっとも優れた絵本に贈られるカルディコット賞の発表です。

公式ホームページ
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alsc/awardsgrants/bookmedia/newberymedal/newberymedal.cfm
http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/alsc/awardsgrants/bookmedia/caldecottmedal/caldecottmedal.cfm

以下、本のリンクはアメリカのアマゾンになっています。日本のアマゾンだとまだ情報が薄いので。Kindle 版へアクセスしてサンプルをダウンロードするなら、このほうが便利かな。

■ニューベリー賞

Moon Over Manifest
Clare Vanderpool
0385738838スタンド・バイ・ミーを彷彿とさせる表紙ですねー。

1936 年が舞台だそうです。

日本のアマゾンのペーパーバックについては、こちらをクリック。



■ニューベリー賞 オナー賞(いわゆる銀賞)

Turtle in Paradise
Jennifer L. Holm
0375836888わ、さわやか。

こちらも30年代が舞台です。
親の都合で親戚の家にあずけられた少女の
ひと夏の体験……といった感じでしょうか。


Heart of a Samurai
Margi Preus
0810989816サ……サムライ?

ジョン万次郎だそうです。

福山竜馬のブームがアメリカに飛び火したんでしょうか。
(そんなわけはない・・・…)

トータス万次郎にしびれた私としては、
これは読まねばなるまい。

日本のアマゾンのリンクは、こちら。ただいま、在庫切れ。


Dark Emperor and Other Poems of the Night
Joyce Sidman Rick Allen
0547152280こりゃまた雰囲気のある表紙ですね。

えと、絵本ではなくて児童書として受賞?
どんな本なんだろう。

米国アマゾンには、紹介ビデオがあります。
the creatures of the night なんてきくとドキドキしちゃう。


One Crazy Summer
Rita Williams-garcia
0060760885この表紙は見たことあります。
全米図書賞のヤングアダルト部門も受賞してました。

両方受賞してるというと、興味がわきますねー。



■カルディコット賞(絵本)

さて、絵本は Kindle では読みたくありませんからね。ここからは、日本のアマゾンへリンクします。

A Sick Day for Amos McGee
Philip Christian Stead Erin Stead
1596434023
これはまた、レトロな
味のある絵ですねー。


■カルディコット賞 オナー賞(いわゆる銀賞)

Dave the Potter: Artist, Poet, Slave
Laban Carrick Hill Bryan Collier
031610731XPotter といえばハリーと思っていましたが、
こちらはデイブです。

そうか、potter ってそういう意味か。
(と、絵をみてわかる)

黒人奴隷ものっていうところが気になるなあ。


Interrupting Chicken
David Ezra Stein
0763641685これはオバカ系のにおいがする……。
やったー! おバカ系大好き~!!

米国アマゾンで軽快な紹介ビデオがみれます。こちら


ではでは、みなさま、Happy Reading♪

blogranking.gif

スポンサーサイト



洋書多読情報 | 11:04:21 | Trackback(0) | Comments(9)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪