RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
04月 « 2014/05 » 06月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
【追記アリ】キング先生の新刊が出るのだよ……。
6 月 3 日発売。Kindle 版を予約しました。
キング先生、書くの早すぎです。

(左:米国amazon、右:日本アマゾン)


以下、よくわからないので結果的に違っていたらゴメンね、なんだけど。

これは日本のアマゾンの価格ですが、
Kindle 版のところにある + の記号をクリックすると
もうひとつ価格表示が出てきます。

PriceOfMrMercedes140531.jpg

予約では¥1307 で、6 月 3 日の発売以降は¥1912 に上がりそう??
それなら予約したほうが安いかな~と思ったのです。
(違ったらごめんなさい)

もちろん、ペーパーバックのもっと安いやつが出るまで
待っていれば(一年後?)もっと安くなります。

ま、キング先生の場合はそこまで待っていると
次の新刊が出るんですけどね。

【追記 2014/6/4】
日本時間 3 日 17 時(アメリカが 3 日午前 0 時を回ったとき)に
Kindle を wi-fi につないだら自動的にダウンロードされました♪

4 日時点の価格は、¥ 1,403 で、このようになっています。


PriceOfMrMercedes140604_.jpg

blogranking.gif

洋書多読情報 | 08:29:15 | Trackback(-) | Comments(-)
スターバックスが舞台の本『How Starbucks Saved My Life』
出版された頃タドキストの間で話題になっていた実話ものです。
聞いていたとおり、大人向けの本のなかでは読みやすい。

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
Michael Gates Gill
1592404049

エリート人生を歩いてきた白人男性、
解雇されて仕事もなく、
60歳を超えて途方にくれます。

たまたまスタッフ募集の
面接をしていたスタバに入り、
「仕事がほしいの?」と
声をかけたのは、若い黒人女性でした。

スターバックスに勤め始め、人生観が大きく変わります。

★★★★★
読みやすさレベル7
71000語
(読みやすいけど、当時はもう少し読めるようになってからと思ったので
やっぱりレベル7くらいでいいのかも?)

アメリカって、ここまでエリート社会が確立されているんだと
そこにびっくりしながら読みました。
大学も就職もコネ。異分子は排除。
筆者は自分の人生を振り返りながら反省します。
人を大切にするってなんだろう、幸せとは?

今から思うと、オバマ大統領が誕生する 2009 年 1 月の前の秋に
この本が出てるんですね。
そして、ブッシュ元大統領は、筆者と同じく、イェール大学出身で、
学生組織 Skull and Bones に在籍しています。
(調べたら、卒業後も協力しあい、経済的・社会的成功をめざす
組織だそうです)

黒人大統領もいいではないかと変化を望む時代の気分をつくった
本のひとつかもしれませんね。

筆者の人生に合わせ60年ごろからのアメリカの今が、
スターバックスのお店に凝縮されたような本です。
読後は、心がぽかぽかする感じ。

翻訳は、こちら。

ラテに感謝! How Starbucks Saved My Life―転落エリートの私を救った世界最高の仕事
マイケル・ゲイツ・ギル 月沢 李歌子
4478004854


私は Kindle 版で読みました。




blogranking.gif

読みやすさレベル7 | 22:13:59 | Trackback(-) | Comments(-)
手帳で、読書時間のところを色塗りしてみた
いや、それだけなんですけど。

手帳の時間軸の目盛があるページで
(私の手帳では、一週間見開き)、
今日はこの時間、多読してたなーってところに
ちょっと色をつけてみました。

(写真ナシですけど、そこは想像でおぎなっていただければ!)

一日では読み終わらない本を読んでるときに
こうしておくと、ちょっと気分がいいかな~と。

そうだ、字幕なし多観(ビデオ鑑賞)をしたときも
色をつけておくと、パッと見てわかっていいかもしれない。

ちょっと楽しくする工夫、でした~♪
(三日で飽きるかもしれないけど・爆)

blogranking.gif

よもやま日記 | 10:30:21 | Trackback(-) | Comments(-)
♪うぉんちゅー ふりーすびー !?
ビートルズの Help! という曲を聞いていましたら、
子どもの頃からずっと、なんとなく

♪うぉんちゅー ふりーすびー

と聞こえていたところが、

♪Won't you please please

と聞こえてきました。あら、びっくり。

そこにくると犬とフリスビーをする公園の図が浮かび、
そうじゃないだろうとは薄々わかってはいたのですが。
(有名な曲なのに、いまさらスミマセン ^^;)


ところがですよ。


自分で口ずさんでみると、やっぱり

♪うぉんちゅー ふりーすびー

と歌うほうが、ずっと英語の音に聞こえる。
というか、すごくそれっぽい。

そうだ、聞こえたままの音を出すってこういうことだ、
と、あらためて思いました。
迷ったら、こっちを選べ。


シャドーイングをやってない頃だったら、わかった時点で

♪うぉんちゅー ぷりーずぷりーず

と歌おうとして、なんとかそれを英語っぽくしようと
していたかもしれません。
で、がんばってるのに、なんか英語の音と離れている、みたいな。

というわけで、今後も ♪ふりーすびー♪ でいこうと思います。


それにしても、あれですね、口が言えるようになると
耳が聞き取れるようになるって本当ですね。

現実の英語は、日本語とは全然音が違っていて
それこそ超音波みたいな音で(知ってるよっていわれそう)、

please please → ぷりーずぷりーず

なんて言ってないのだから、耳できこえたとおりの音が
たいへん現実的だし、
現実的な音を口で出せるようになると、
いろいろな音に無限に変化する please please の音に
耳が馴れてくる。

そもそも please please なんて 2 音節しかないのに、
プリーズプリーズって 6 音節…… 8 音節? なんかわからないけど、
それだけの音を詰め込もうとするんだから
そりゃ、英語が早くて聞き取れないってなるわなぁ。(遠い目)

というわけで、今後も ♪ふりーすびー♪ でいこうと思います。

とはいえ、歌う機会があるとは思えませんが。

万一、歌うことになったら、そこ以外は
フフフン♪ですませます(キリッ)。


blogranking.gif

音のこと(シャドーイング) | 10:19:40 | Trackback(-) | Comments(-)
The Safe Man: A Ghost Story
奇しくも、"The Lock Artist" に続き、金庫破りものが続きました。

The Safe Man: A Ghost Story
Michael Connelly
B009ZG70H6

といっても、こちらはドリルで
ガンガン穴をあけていくほう。

古くなったミステリアスな金庫と
即物的な電気パワーの対比が面白い。



あのコネリーの、幽霊奇譚です。
短編なので、あまりなにも知らずに読むほうが面白いと思う。
これ、好きです。なんかいいよ。

★★★★☆
読みやすさレベル6
(短いので6にしておきます)
語数:たぶん 4000 語くらい(どんぷり勘定)


前半が表題の短編 "The Safe Man"、
後半は "The Black Box" の最初の章です。

昨年、(当時の)最新作のプロモーションのために、
初公開の短編とセットにして Kindle 版で出されたものです。
最近、こういうの多いですね。うれしいなあ。

<語数について>
短編は Kindle のロケーション番号で 654 まで、です。
なんの根拠もありませんが、ヤマカンで
1 ロケーションに 5 語あるとして(もうちょっとありそうだな)、
654 x 5 = 3270
もうちょっとありそうなので、4000 語くらいかな、と。


すでに読まれた間者猫さんのブログにリンク張らせて頂きます。
【Kindle】Michael Connelly, The Safe Man


そういえば、私は、まだコネリーの Bosch シリーズを全部読んでません。
いずれ、そのうち。


blogranking.gif

読みやすさレベル6 | 16:13:48 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪