RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12月 « 2020/01 » 02月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
否定語はつかわない
恐怖心のアプローチはよくないといわれて、
ハッとしました。
萎縮してたら、力がでない。

もっと楽しく、のびのびと。


長年、多読関連の多くの方の掲示板投稿を読んできて、
また、オフ会で様子を見聞きしてきて、

この方は、こんな感じで進んでるな、
もうすこし進むと、
こういう壁にあたりそうだなあ

というのが、かなりわかるようになってきました。
(多読には、波があるので、へこむことは、あるのです)


でもねー、それをいっても、仕方ないんだよねー。

もうすぐ壁にあたりますよ、なんていわれても
いい気持ちはしないから。


自分の道は、自分で歩くしかない。


親切心で、転ばぬ先の杖を出したつもりがアダになる。



週末は熱を出して寝込んでました。
拡大ORT薀蓄オフにもいきそびれたよ~。

▽ま、ポチッと応援お願いします。
関連記事
blogranking.gif

よもやま日記 | 10:00:00 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント

寝込んでた!
こんばんわ、グリーンです。
そうでしたか、倒れてたんですか。。。来るとも来ないとも言わず、姿が見えなかったのでどうしたのだろうと。パピィさんもORT薀蓄はJulieさんが喜ぶ企画だと思ったんだけど、と言ってました。

「親切心で、転ばぬ先の杖を出したつもりがアダになる。」ほらほら、Sせんせー、心あたりがあるでしょう??
でもね、進歩するから壁にあたる、しないとあたらない。壁は進歩なんですよ。こうやって壁にあたりました、と聞いていると、私だけが壁??って恐れることがなくなるし。

こんなんでいかがでしょう?

2008-11-10 月 23:35:59 | URL | グリーン #- [ 編集]

Julieさん、お久しぶりです。ぽぽふです。
お体のほうは大丈夫ですか?

Julieさんがお書きのことと関係するかもしれない一節がありましたので、ちょっと長いですが引用してみます。

"Ask and It Is Given" by Esther and Jerry Hicks
Chapter3 "You Do Create Your Own Reality"の
"The Basis of Your Life Is Absolute Freedom"より

You have never enjoyed someone else telling you what to do. You have never enjoyed being dissuaded from your own powerful impulses. But over time, with enough pressure from those who surrounded you who seemed convinced that their practiced way was more valid than your way (and, therefore, ultimately better), you gradually began to release your determination to guide your own life. You often found it easier just to adapt to their ideas of what was best for you rather than trying to figure it out for yourself. But in all this adapting to your society's attempts to make you fit in, and in your own attempt to find less trouble, you have unwittingly relinquished your most basic foundation: your total and absolute freedom to create.

でも、そうは言っても、「そっちに行ってはアブナイよ~」とか、ついつい言いたくなりますよね。わかっているのに言ってあげないのも悪いような気がするし…
でも、そこをぐっとこらえなきゃいけないんでしょうね。その人の自由を認めるために。
でも、Julieさんのように親切な方ほど、難しいことですよね。どうしたらいいのでしょう…

お見舞いのつもりが、より一層悩ませてしまったかもしれません。すみません。失礼しました…
2008-11-11 火 18:54:39 | URL | ぽぽふ #/wMN71hk [ 編集]

グリーンさん、こんばんはー!
ご心配をおかけしました。
コメントありがとうございます!

そんなこともあろうかと、さかぽんに
メールで欠席の旨を伝えて、
残念だよ~という返信もいただいていたのですけど、
やっぱり某先生は伝書鳩さんではなかったということで(笑)。

>でもね、進歩するから壁にあたる、しないとあたらない。壁は進歩なんですよ。こうやって壁にあたりました、と聞いていると、私だけが壁??って恐れることがなくなるし。

あ~、これは本当にそのとおりですね。
わたしも、「レベル2の壁」とか、「量が解決」ってあらかじめきいていて、とても気が楽になりましたもん。(といいつつ、「量が解決」と最初にいわれたときは、どんだけっ! と突っ込みたくなりましたが・笑)

グリーンさん、また今度お会いしましょうね!
2008-11-11 火 21:23:39 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ぽぽふさん、ありがとうございます!
長い引用をありがとうございました。
素敵な本を読まれているんですね。

おっしゃることはわかるのです。
(そして、ここが悩みどころだから、いいのです♪)
人を育てる、人の自立をうながすことは
人を束縛するのとは逆。
「自由にのびのび飛んでいけ~」なのです。

その一方で、この常識はずれな方法を
人に説明していくにあたり、どうしたものかと。
「こっちの水は、あ~まいよ~」というのに、
「あっちじゃないよ、こっちだよ」という
他との差異ぶくみの説明のしかたを、
ついしたくなっちゃうんですよね。
「こっちの水」って、どう説明したら伝わるんだろう。。。

ひとりごとになってきました。
ぽぽふさん、きいてくれて、ありがとう。
2008-11-11 火 23:51:25 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

こっちの水
こっちの水を「ぷは~!ウメー!!」って飲んでるところを(飲み方もわかるように)見せるというのはどうでしょう。百聞は、、、の術を使うのです。
2008-11-12 水 01:15:01 | URL | tribird #u5Xxgupg [ 編集]

常識はずれ?
Julieさん。お返事ありがとう。
「こっちの水」の説明って、むずかしいですよね…。でも、少なくとも、「常識はずれな方法」ってこともないと思います。
現に、やさしい本からいっぱい読めば読めるようになる、っていう考え方は、だんだんと常識化しているようにも感じます。小さな本屋さんでもGRとか児童書を見るようになりました。
tribirdさんもおっしゃるように、楽しんでいる実例をたくさん見せられれば人は「そうかな」と思うし、実際に少しずつ影響は広がっていると思います。
Julieさんのブログはまさにその宝庫で、あー楽しんで読んでらっしゃるんだなー、私もこんな本が読みたいなー、と思わずアマゾンぽちっとしてしまいます(笑)。
だいじょうぶなんじゃないでしょうか。これで。
(なにがだいじょうぶかときかれると困りますが…)
2008-11-12 水 12:36:05 | URL | ぽぽふ #/wMN71hk [ 編集]

こんにちわ、Julie さん。

身体の調子はいかがですか?

>この方は、こんな感じで進んでるな、
>もうすこし進むと、こういう壁にあたりそうだなあ
>というのが、かなりわかるようになってきました。
>多読には、波があるので、へこむことは、あるのです)

是非、自分の診断をおこなってお聞きしたいところです!

>もうすぐ壁にあたりますよ、なんていわれてもいい気持ちはしないから。

ちゃあんと覚悟してますので…。

>自分の道は、自分で歩くしかない。

そう思ってますが…。
私のように聞いてみたいと思う人、います。きっと。
そんな機会があれば、と思ってます(…しつこく)。

2008-11-12 水 14:12:01 | URL | Hyde #- [ 編集]

tribird さん、こんばんはー!
>こっちの水を「ぷは~!ウメー!!」って飲んでるところを(飲み方もわかるように)見せるというのはどうでしょう。百聞は、、、の術を使うのです。

ああ、ほんとうですね、それですね。

とはいえ、今の私がやると、どうも焦らせてしまうこともあるようなのです。

この本がこの濃度(?)で読めるまでに5年かかってるのよっといいたくなるのですが、一見児童書で簡単そうにみえるからでしょうか、
初めての人がとびついちゃってアップアップという事故(?)も、けっこうおきているようなのです。

あ、そうか、「飲み方もわかるように」
っていうところが大切ですね。
そうかー。

うん。元気でました。ありがとう!
tribird さんは、最近いかがですか。
久しぶりにシャドーイング報告を読みたいなあ。
2008-11-12 水 22:46:22 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ぽぽふさん、ありがとうございます♪
「常識はずれ」っていう言葉、よくなかったですね。
なんだろう。パラダイムシフト?

>現に、やさしい本からいっぱい読めば読めるようになる、っていう考え方は、だんだんと常識化しているようにも感じます。小さな本屋さんでもGRとか児童書を見るようになりました。

そうですね。だんだん常識化していますね。
世の中いいほうにいっているなあと感じております。

その一方で、今までのパラダイムのまま、やさしい本から辞書と文法で解析していけば、難しい本も、という道をとる方もいらっしゃる。

それはそれで、自分で選らんだ道ならいいのですが、「え? 多読って、そんなに、てきとーでいいの????」というのを「知らなかった」、というのであれば、残念だなあ~と思うのです。

だって、やりかた変えてみようと思った頃には、読みやすくてかつ面白い本は読了済みになっているでしょう?

てきとーに、いい加減にやってる人のほうが、「いい按配」を覚えてるように見受けられて、、、。

とまたしても独り言になってきましたが、
ぽぽふさん、本当にありがとうございます。

多読がはじまったころ、「そんな難しいの読めない」という声があって、やっている人が壊していくからこそ、発展もあった。
今はまたもう一度、さかぽんの提案(?)を壊していくときなのかもしれませんね

・・・とかおもってますが、よくわかりません。
ほんと、つきあってくださってありがと!

※Hyde さんへ

すみません、今日はもう寝ます。おやすみなさい!
2008-11-12 水 23:12:17 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Julie さん、こんにちわ。
無神経なコメント、ごめんなさいね。
よかったら削除してください。
これからもよろしく。
2008-11-13 木 13:36:56 | URL | Hyde #- [ 編集]

ああっ、Hyde さん、こちらこそ無神経でごめんなさい!
昨夜は、歯医者で麻酔を打たれて、痛み止めをのんで、日ごろ日の出前に起床している私としては、頭がもうろうとしてへろへろだったのです。おまけに家のものが早く寝ろってコンセント抜きそうな勢いで・・・(汗)。

失礼なことしちゃって、ごめんなさい!!
m(_ _)m

……本題です。

Hyde さんの多読は、わたしはぜーんぜん心配ないと感じています。
優秀な方なので、最初の頃はむずかしめのものを読んでらっしゃっていたけど、実に、てきとーに、いいかげんになってきた!
もう「楽に読む」ってことが身についてらっしゃるなあ、いいなあ、と思ってました。
そして PB を投げ!られたでしょう?(^^)

あれができるのは、それだけ、楽に読む感覚が身についているから、です。たくさん読んでいる証拠なの。

Hyde さんは、もう太鼓判だな、
自分で、今日の自分に合った本を選ぶ目もできている、
あとは、本の情報さえあれば、大丈夫!
って感じています。

また今度お会いして、いっしょに笑えたらいいなと思います。

Happy Reading♪
2008-11-13 木 21:02:22 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪