RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『さよなら英文法! 多読が育てる英語力』
やっと読みましたよ!(笑)

さよなら英文法! 多読が育てる英語力 (ちくま学芸文庫 サ 10-3)
酒井 邦秀
448009184X
英語の原文と、対応する翻訳文が並んでいます。

【11/25追記】ここ、わかりにくいですね。
翻訳文=邦訳として出版された本からの引用です。


英語は読まなくてもいいよ、
四角で囲んだ部分だけ見比べて


という注意書きに力を得て、
薄目をあけるような感じで
最初はパパッと見てたんですが、
だんだん面白くなって、
ガッツリ読んじゃいました!(^0^)

英語は英語として英語の感触で読んで、
日本語は日本語として日本語の感触で読まないといけないから、
こういうのを交互にスイッチしまくる読み方というのは、
むちゃくちゃ疲れるんです(笑)。

数年前なら、船酔いみたいになったんですが、
今は、平気で読めましたよ。
わたし、相当、英語の部分がしっかりしてきたようです。

英語と日本語は、これだけ距離がある、違っているっていう本です。

で、the ですよ、the。

わたし、正直いうと、the まだよくわかっておりません。
ですから、こんなことをいうのは僭越ですけど。

そして、本書を読んで、「なるほどね!」と膝を打ったのも事実なのですけど。

それでも、大きな口を叩かせていただければ(汗)

わたしの頭の中で、ぐるぐるしている the のほうが
もっと面白いよー!(ああ、すみません)

知らない単語に何度も出会ううちに、
今までに出合った、あちこちのシーンがあって、
こんな感じかなー、あんな感じかなー、と
ぐるぐるしているときに、うっかり英和辞典をみて、
「そりゃ、そうだけど、ただのそんな言葉じゃなくて
もっとこんな感じなのに~」
とがっかりする気持ちに、ちょっと似てました。(^^;

単語から文法へ育ってきたってことかも。

もーっと、たくさん読んで、もーっといろんな the に出合って
酒井先生や愉快な仲間達と the の薀蓄トークしたいなあ。

ちなみに、最近、the で「!」と思ったのは、
この本の中のあるシーンで出てきた「the instruction」でした~。

The City of Ember
▽よろしかったら、応援クリックお願いいたします♪
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:17:29 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント

Julieさん、こんにちは。
Julieさんの頭の中のtheってどんなんだろう?見てみたい!(>u<)
あ~、でも、Julieさんの言いたいことはわかる気がします。イメージはあるけれど、ぴったり来る言葉が見つからない感じ。私の場合、語彙が少ないのかな・・・とへこむことのほうが多いけど。
2008-11-24 月 10:06:31 | URL | さやの #wuOrFrC6 [ 編集]

the の蘊蓄
おー、Julieさんと語りたいぞー!
2008-11-24 月 10:40:16 | URL | クニヒデくん #- [ 編集]

さやのさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます♪
(はじめまして、じゃなかったら、ごめんなさい・汗)

>Julieさんの頭の中のtheってどんなんだろう?見てみたい!(>u<)

見ます~? こんなですよ~ (かぱっ)

基本的には酒井先生の言うとおりです。
おおっ、なるほどっ、と、まだ自分で言語化できないことが書かれている、
すごいーっ!
とは思ってるのですけど。

でも、でも、わたしの the のほーが、
もっといろんなシーンの色や気持ちがついていて
面白いもんねー。
(まだ言うか・・・)

>イメージはあるけれど、ぴったり来る言葉が見つからない感じ。

そうそう! それです!!
多読になれてくると、英語ではわかるんだけど、
日本語にできなくなってくる、アレです。

さやのさんも Happy Reading♪
2008-11-24 月 20:22:35 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

クニヒデくん、こんばんはー!
わーい、ありがとーございまーす!

でもなー、クニヒデくんの薀蓄は
毒がつよいからなー(←いじめっこ)。
わたしの薀蓄はこっそり教えてあげるねー(笑)。

※ よいこのみなさんへ
the なんか気にして読み始めたら、本なんか読めなくなります。(きっぱし)
容量・用法をお守りの上、てきとーに服用してください。
2008-11-24 月 20:35:11 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。