RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
多読をはじめるときに
人気ブログ・ランキングから、お越しのみなさま、
ひょんなことでお越しのみなさま、
はじめまして。
こんなブログですが、あちこち、みてやってください。

さて、中学生の姪が英語に興味があるというので
多読を紹介し、うーんとやさしい本を
お正月にドサッと渡してきました。

どれくらいやさしいかというと、最初は、
表紙に文字があるだけ、というシリーズです。

Oxford Reading Tree: Stage 1: Biff and Chip Storybooks: the Apple (Oxford Reading Tree)
ぴょこん! と一個だけ飛び出してるの、
おもわず、ツッコミたくなりますね!

Oxford Reading Tree の紹介は、こちらをどうぞ。
http://www.oupjapan.co.jp/academic/readingtree/tour1_jp.shtml

これを Stage 1 から 3 まで、
1冊8ページの薄い絵本を約80冊。

それで、なにしろ渡したのが正月ですから、
その後どう? と電話をかけてみたのです。

そうしたら、きれいさっぱり、まったくなにも読んでない、そうなのです。
CD も聞いていない、とか。

うちのダンナいわく、

「そりゃ、そうだよ、英語の本だもん、読まないよ~。
ちゃんと勉強して読まなきゃって思ってるんだよ、きっと。

読むだけでいいんだよ、普通の読書と同じだよ、
わかんなくても、面白ければいいんだよ、

っていうのが、わかってないんだよ」

う~ん、そうか~。

渡したときに、1冊でも2冊でも、ヘタな発音でもいいから
読み聞かせしてあげればよかった、と反省しきりです。

これはお勉強じゃないよ、お勉強で読んじゃダメ、
と、もっと言っておけばよかった。

多聴多読マガジン 2009年 04月号[雑誌]
多聴多読マガジン 2009年 04月号[雑誌]
うまくいえませんが、
「成功する多読」をめざさないほうが
逆説的だけど、
うまくいくような気がします。

肩の力をぬいて、お気楽に、
「いい加減」でレッツ・チャレンジ♪

多読について、詳しく知りたい方は、酒井邦秀先生@言いだしっぺの
こちらのサイトをどうぞ。
http://tadoku.org/

人気ブログ・ランキング参加中です。訪問記念に(?)ポチッとしていただけると嬉しいです。
(お気楽に、洋書を読む人が増えますように!)
関連記事
blogranking.gif

よもやま日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(14)
コメント

成功する多読ってなによ?!
こんばんは、グリーンです。

>うまくいえませんが、成功する多読」をめざさないほうが逆説的だけど、うまくいくような気がします。

に一票!雑誌や本は「売る」ということが(著者の意図はさておき)販売する側にはどーしても必要だからなにがしかのキャッチーなフレーズがあっても仕方ないけど、多読で成功した状態、ってなんだろう?なんですよね。。。

さて、私にも中学1年生の姪がいます。おばさんは英語がちょっとできるんだということは知ってます。多読はとりあえず勧めていません。(なんだか他に色々興味あるみたいなんで)先日会ったときに、学校の英語の宿題をもっていて、こんな例文がありました。

This is ( ) animal.

答えはanです。おばさんは思わず、’変な英語!'と言ってしまいました。いったいどんな状況でThis is an animalって言うんだろう?とおばさんは思ってしまったわけです。
そしたら、姪曰く、
’いいんだよ、これはaで始まるからanを入れさせるための問題だから’ですと。。
頼もしいような、悲しいような。とりあえず、学校英語にどっぷりと染まってはいないのかな?と安心することにしています。

2009-03-10 火 21:56:22 | URL | グリーン #- [ 編集]

トンチンカン が キンコンカン
こんにちわ、Julieさん。
いつもありがとうございます。

うまくいえませんが、
「失敗する多読」のほうが
逆説的だけど、
私が読んだ場合、意味があるような気がします。

・・・ってなことで、最近はJulieさんのご紹介いただく児童書、そして アングラ本 & UKロック & ジャズばかりの多聴多読なのでした…。

P.S. この"The Apple"はじめORT、もっと安くなったら、いろいろ手元にそろえたいなあ、と思いました。
2009-03-11 水 08:53:40 | URL | Hyde #- [ 編集]

こどもに多読を勧めるのって、むずかしいですね
こんにちは、パピイです。
我が家でも、次女に多読を勧めていましたが、うまくいっていません。

中学三年の時に、やさしい英文を読むのは受験に役立つよと聞いた娘は、私の本箱からOBW1のオズの魔法使いをこっそり持って行って読んだそうです。このまま多読に進んで欲しいと、高校一年生になったばかりの娘を、酒井先生の講演会に連れて行きました。これから教わる学校英語は、Unlearnする必要があるなどと、ひどい話(笑)を聞かされたわりには、多読って面白そうとの感想を述べていました。

その後、MGR1、ICR、SIRなどを見つくろって渡しましたが、少しは読んだようですがあとはさっぱりでした。宿題や部活、そして携帯メールなどで時間がとれないようでした。

それから4年、多読で洋書が読める喜びを伝えるために、ハリポタ大好きの娘に、最新刊が面白かったよと話してみても、夫婦で親が楽しんでいるところを見せてもだめでしたね。現在大学受験中ですが、進学したら少しでも読んで欲しいと思っていますが、あまり期待できないかも。

我が道を行く長女は美大生で、私の絵本の「絵」には目を通すものの、あとはさっぱり。ただ、お父さんの絵本で知った作家さんが授業で出てきて役にたったよと言ってくれたことがあったくらいですね。

多読を楽しんでいる親御さんが、お子さんにもという気持ちよくわかりますが、そう簡単ではなさそうです。
2009-03-11 水 10:54:28 | URL | パピイ #- [ 編集]

私も・・・
7歳の姪っ子に多読を勧めました♪
姪っ子って言うよりは妹に・・・。
姪っ子は私のプレゼントした
赤頭巾ちゃんと三匹のこぶたの本が
とても気に入ったらしく
妹もORTを大変気に入ったみたいで
多読を始めるみたいですo(*^ー^*)o
今小5の甥っ子の方は
全く興味ないみたいです。
妹につられて始めてくれる事を祈ってます。
2009-03-11 水 15:40:03 | URL | pokopu #- [ 編集]

グリーンさん、こんばんはー!
>雑誌や本は「売る」ということが(著者の意図はさておき)販売する側にはどーしても必要だからなにがしかのキャッチーなフレーズがあっても仕方ないけど、多読で成功した状態、ってなんだろう?なんですよね。。。

そうなんですよね。はじめたばかりのときは勢いも必要なので、こういうキャッチーなフレーズも仕方ないのかなあとおもいつつ。

「あっ、この単語ってこういうこと!?」と急に閃く、あの瞬間かなあ。

> さて、私にも中学1年生の姪がいます。おばさんは英語がちょっとできるんだということは知ってます。多読はとりあえず勧めていません。(なんだか他に色々興味あるみたいなんで)先日会ったときに、学校の英語の宿題をもっていて、こんな例文がありました。
>
> This is ( ) animal.
>
> 答えはanです。おばさんは思わず、’変な英語!'と言ってしまいました。いったいどんな状況でThis is an animalって言うんだろう?とおばさんは思ってしまったわけです。
> そしたら、姪曰く、
> ’いいんだよ、これはaで始まるからanを入れさせるための問題だから’ですと。。
> 頼もしいような、悲しいような。とりあえず、学校英語にどっぷりと染まってはいないのかな?と安心することにしています。

頼もしい姪御さん!
わたし、large ??? rare??? と一瞬考えちゃいましたよ。
意味がついてこない文って、びっくりしますね~。(わたしだけ?)
2009-03-11 水 21:25:15 | URL | Julie #- [ 編集]

Re: トンチンカン が キンコンカン
Hyde さん、こんばんは!
タイトル、うますぎてかえせません・・(笑)

> うまくいえませんが、
> 「失敗する多読」のほうが
> 逆説的だけど、
> 私が読んだ場合、意味があるような気がします。

うまい!
最初の頃は勢いで読めたりするのだけど、
語数稼ぎのしばりもとれてくると、
そのときの自分にとって「いい加減」の本をみつけるのが
うまくなってきますよね~。
Hyde さんも、そんな感じなのかな(と勝手にすみません)。

> ・・・ってなことで、最近はJulieさんのご紹介いただく児童書、そして アングラ本 & UKロック & ジャズばかりの多聴多読なのでした…。

アングラ本・・・気になります。
毛糸で編んであったりするのでしょうか(それはアンゴラ)

> P.S. この"The Apple"はじめORT、もっと安くなったら、いろいろ手元にそろえたいなあ、と思いました。

ご存知だとは思いますが、そのときはアマゾンでバラではなく、
別のお店を探してセットで買って下さいねー(念のため)。
2009-03-11 水 21:38:35 | URL | Julie #- [ 編集]

パピイさん、こんばんはー!
> こんにちは、パピイです。
> 我が家でも、次女に多読を勧めていましたが、うまくいっていません。
>
> 中学三年の時に、やさしい英文を読むのは受験に役立つよと聞いた娘は、私の本箱からOBW1のオズの魔法使いをこっそり持って行って読んだそうです。このまま多読に進んで欲しいと、高校一年生になったばかりの娘を、酒井先生の講演会に連れて行きました。これから教わる学校英語は、Unlearnする必要があるなどと、ひどい話(笑)を聞かされたわりには、多読って面白そうとの感想を述べていました。

「こっそり持っていって」というのがいいですねー。

> その後、MGR1、ICR、SIRなどを見つくろって渡しましたが、少しは読んだようですがあとはさっぱりでした。宿題や部活、そして携帯メールなどで時間がとれないようでした。

中学生、高校生は、なにかと忙しいですよね。

> それから4年、多読で洋書が読める喜びを伝えるために、ハリポタ大好きの娘に、最新刊が面白かったよと話してみても、夫婦で親が楽しんでいるところを見せてもだめでしたね。現在大学受験中ですが、進学したら少しでも読んで欲しいと思っていますが、あまり期待できないかも。

夫婦で多読っていいなあ。
うちは、ダンナにいきなりパンツマンを読ませたら、その一冊はおもしろがってくれたものの、他の本に手がでないですねー。今にして思えば、いきなり難しいのを読ませて気の毒なことをした・・・。

そのうち、また親の見てないところで「こっそり」読んでくれるといいですね。

> 我が道を行く長女は美大生で、私の絵本の「絵」には目を通すものの、あとはさっぱり。ただ、お父さんの絵本で知った作家さんが授業で出てきて役にたったよと言ってくれたことがあったくらいですね。

絵に目を通すって、けっこうすごいことですよ。
というのも、洋書だっていうだけで、手に取るのがコワイって反応も多いので。
すてきな絵の本だから、敷居が下がったのでしょうねえ。
Arival、娘さんも絵を読まれました?

> 多読を楽しんでいる親御さんが、お子さんにもという気持ちよくわかりますが、そう簡単ではなさそうです。

はい。体験談、ありがとうございます。
気長にいきます。私が、教育ママになってもしかたないしね~。
2009-03-11 水 22:03:44 | URL | Julie #- [ 編集]

pokopu さん、こんばんはー!
> 7歳の姪っ子に多読を勧めました♪
> 姪っ子って言うよりは妹に・・・。
> 姪っ子は私のプレゼントした
> 赤頭巾ちゃんと三匹のこぶたの本が
> とても気に入ったらしく
> 妹もORTを大変気に入ったみたいで
> 多読を始めるみたいですo(*^ー^*)o

おおっ、姉妹で多読♪
それもすてきですねー。

> 今小5の甥っ子の方は
> 全く興味ないみたいです。
> 妹につられて始めてくれる事を祈ってます。

こちらがギラギラになると、テキは逃げるものだと
子ども多読については、よくうかがいます。
うまくつられてくれるといいですね。
2009-03-11 水 22:19:46 | URL | Julie #- [ 編集]

ちょっとずつ
私も最近、英語本読み聞かせしていないなあ。
日本語の本がいいかなあ、と思い始めたのもあり。
このごろ、下のがすごい集中して聞くようになったんですよ。日本語ですが。

いきなり英語の本をどっさり与えられて、姪御さん、びっくりしちゃったのかもしれませんね。
ほら、あんまりありすぎて、どこから手を付けていいかわからないことって、あるじゃないですか。
小さい子でもね、ご飯やおかずを最初にどっかり盛りつけると、手を付けないことがあります。
小食の子なら、なおさら。
そういうときには「ちょっとずつ作戦」
すぐ食べ終わる量を、少しずつ乗せていくんです。
そうすると、結果的にたくさん食べられる、こともあります。

いつもえらそうに、ごめんよー。
姪御さん、読んでくれるといいですね。

This is an animal.
どんな状況なんでしょうね。
クイズかなあ?これはなに?みたいな。
2009-03-12 木 09:24:46 | URL | こるも #HYk322Nk [ 編集]

広報活動、ありがとー!
グリーンさん、Hydeさん、パピイさん、pokopuさん、こんばんは!

(多くの方には蘊蓄でお会いしますね!)

多聴多読マガジンもどんどんよくわからない方へ向かっていきますねえ・・・ 

ま、いいです。極北はtadoku.orgにあり・・・
2009-03-12 木 22:44:06 | URL | さかい@tadoku.org #- [ 編集]

こるもさん、こんばんはー!
> 私も最近、英語本読み聞かせしていないなあ。
> 日本語の本がいいかなあ、と思い始めたのもあり。
> このごろ、下のがすごい集中して聞くようになったんですよ。日本語ですが。

わあ、いいですね。
日本語を読むのも大切ですよね。

> いきなり英語の本をどっさり与えられて、姪御さん、びっくりしちゃったのかもしれませんね。

それもあると思います。
近くだったら、おばちゃんちに来た時に
読めそうなもの選んで借りていきなって言うんですけど、
なにせ、盆と正月くらいしか会えない。。。

ではー!
2009-03-12 木 23:52:36 | URL | Julie #- [ 編集]

さかぽん、こんばんはー!
こちらこそ、ありがとうございます。
多読のおかげで、ほんっと、世界が広がりましたもの。

> グリーンさん、Hydeさん、パピイさん、pokopuさん、こんばんは!
>
> (多くの方には蘊蓄でお会いしますね!)

私も今度こそ薀蓄でお会いしたいです!

> 多聴多読マガジンもどんどんよくわからない方へ向かっていきますねえ・・・ 

巻末の絵本紹介は味があるんですけどねえ・・・

> ま、いいです。極北はtadoku.orgにあり・・・

極北って、ぶれない目印のたとえですか。(^^)

Mr.Pride が邪魔をしていたと多くの方が述懐してますけど、
キャッチコピーとしては Mr.Pride をくすぐる方向へいくのでしょうねえ。
迷ったりぶれたり葛藤したときに
ふとみあげる場所に tadoku.org がなるといいですね♪
2009-03-13 金 00:10:24 | URL | Julie #- [ 編集]

ちょっと思い出したので・・
昔々のことをふと思い出しました。

今を去ること25年前、まだ多読授業をしていないsakai@tadoku.com氏の授業を大学で履修していた頃、初めての海外でイギリスに行き、Oxfordで不思議の国のアリスの飛び出す絵本を買って、知り合いの子供さん(4-5歳)にプレゼントしました。飛び出す絵本は私が気に入っちゃったんですが、差し上げました。その子のお父さんもお母さんも決して英語は得意じゃないけど、読み聞かせをしてあげたそうです。そうしたらその子はとっても喜んで、一日何度も読んで、読んで、とせがんできて’大変よ。。。。’と御両親は言っておりました。英語を読んでもらっても英語がわかるわけではないのに、それでも独りで飛び出す絵本で遊ぶより、読んでもらうことが嬉しかったんでしょう。

なんだ。。。とてもイイ話しじゃないか。
2009-03-13 金 01:02:19 | URL | グリーン #- [ 編集]

グリーンさん、いい話だ!!!
ありがとうございます!
すごくいい話ですね。

> その子のお父さんもお母さんも決して英語は得意じゃないけど、読み聞かせをしてあげたそうです。そうしたらその子はとっても喜んで、一日何度も読んで、読んで、とせがんできて’大変よ。。。。’と御両親は言っておりました。英語を読んでもらっても英語がわかるわけではないのに、それでも独りで飛び出す絵本で遊ぶより、読んでもらうことが嬉しかったんでしょう。

ああ、そうだ、「一緒に遊ぶ」だ!と思いました。
お勉強じゃないよ~っていいながら、
一緒に遊ぶことを忘れていましたよ、わたし。
グリーンさん、どうもありがとう!!!
2009-03-13 金 10:05:23 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。