RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
09月 « 2021/10 » 11月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
読んでよかった!

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
水村 美苗
4480814965
<普遍語>と<現地語>と<国語>について。

ヨーロッパでは、かつてラテン語が<普遍語>でした。ラテン語が読めれば、<普遍語>で書かれた<図書館>に出入りできます。<叡智を求める人>は、<現地語>と<普遍語>の<二重言語者>になっていきます。

<二重言語者>の定義が面白かった。
バイリンガルというと、今の日本では、二ヶ国語を「話す」人のイメージになってしまうので、本書では、<現地語>のほかに<普遍語>を「読む」人という意味で、あえて<二重言語者>という言葉を使っています。

そして、現在は、英語が<普遍語>となり、英語が読めれば、インターネットの<大図書館>にアクセスすることができるようになった……。

本書では、緻密に、言葉の歴史を解説しています。もちろん、日本語という(中国からみれば)<現地語>が、いかに科挙制度の支配をのがれて、自分達の<国語>として花開いたか、についても。

著者は、12歳のときに親の仕事の都合でアメリカに暮らし始め、でも英語になじめず、家にあった近代日本文学全集を耽読していたそうです。そうした経歴も興味深く読ませていただきました。

わたしのまとめでは薄っぺらいので、言葉に興味のある方は、ぜひお読みください。

個人的な感想は、また後で。


人気ブログ・ランキング参加中です。みなさんに応援いただいているので、なるべく毎日更新を心がけていますが、手一杯で更新できない日もあります。それでも順位をキープしてるのは、ほんとうにみなさんのおかげです。ありがとう。
関連記事
blogranking.gif

よもやま日記 | 09:57:55 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント

Julieさん、こんにちわ。
きょうは春ランマンで気持ちいい日ですね。
私もこれ、読みました。前半部分が私にとってはおもしろかったです。いろんなところで
話題になっていますね。どういう立場の人でも("専門を超えた"という意味です)読める内容になっていますね。
是非、英語をはじめ、多言語に翻訳されて、日本語以外のことばを使う人の感想も聞いてみたいものです。
2009-03-15 日 13:09:04 | URL | Hyde #- [ 編集]

書かれていないこと
Julie さん、こんばんは。

この本、だいぶ前に読んだので記憶が
薄れてますが。。。

書かれていないこと。。。を読みながら
感じました。フィリピン、シンガポール、
インドのことです。これらの国の状況を
うらやましいなんて思っていた(?)ことが
いかに浅薄だったか。。。

(これ書き込めますかね。。。)
2009-03-15 日 23:02:19 | URL | たむ #- [ 編集]

Hyde さん、こんにちは!
> きょうは春ランマンで気持ちいい日ですね。

ほんとうに!
ひかりのどけき春の日に、しずこころなく薀蓄語らん、というわけで(?)
ひさしぶりに薀蓄オフに行ってきました。

> 私もこれ、読みました。前半部分が私にとってはおもしろかったです。いろんなところで
> 話題になっていますね。どういう立場の人でも("専門を超えた"という意味です)読める内容になっていますね。

前半の出だしのあたり、面白かったですねー。

> 是非、英語をはじめ、多言語に翻訳されて、日本語以外のことばを使う人の感想も聞いてみたいものです。

たしかに! それぞれの言葉を使う人たちは、それぞれの感想をお持ちでしょうね。
この本、英語で書いてもよかったんじゃないかなあ。
あ、それだと、日本人で読む人が少なくなってしまうのか!
2009-03-16 月 12:51:39 | URL | Julie #- [ 編集]

Re: 書かれていないこと
たむさん、こんにちはー!
たむさんのご紹介で読んだので、コメントいただいて
とってもうれしいです。

> この本、だいぶ前に読んだので記憶が
> 薄れてますが。。。

ああっ、私がタイミングを逸しましたね。。。(^^;

> 書かれていないこと。。。を読みながら
> 感じました。フィリピン、シンガポール、
> インドのことです。これらの国の状況を
> うらやましいなんて思っていた(?)ことが
> いかに浅薄だったか。。。

日本が植民地になったのは、第二次世界大戦後の
ほんのわずかな期間だけですみましたものね。
(沖縄をのぞいては・・・かな)

> (これ書き込めますかね。。。)

書き込めましたね! よかったー!
(一時、なぜか書き込めなかったんですよね)
ほっとして、コメントいただいたのと、ダブルでうれしいです。

これからも、よろしくお願いします。
2009-03-16 月 12:56:34 | URL | Julie #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪