RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
シャ-ロック・ホ-ムズの冒険DVD
これも、たか先斗町さんのブログ記事で知りました。(ありがとう!)

シャ-ロック・ホ-ムズの冒険DVD book(vol.1)

テレビドラマが2作入っています。
(画像は楽天ブックスさんへのリンク)

アマゾンのレビューでは、本のつくりが安っぽいとありますが、つねづねプラスチックの過剰包装を止めて安く提供して欲しいと思っていた私には、紙袋に入った付録DVDに満足です。結果的に薄くなってるので、本棚での納まりもよい。

原作を読んだ『まだらの紐』だけ観ました。

■関連記事
シャーロック・ホームズ「まだらの紐」読了

頭の中が、イギリス英語の音に飢えていたのですが、
これはまた、みごとなクイーンズ・イングリッシュですねー!

英語字幕をつけて観はじめたら、
脳内地声さんが自分なりのカタカナ発音で英語字幕を黙読しはじめ(爆)
耳からの音がほとんど入ってこない状態に。

そこで字幕を消して、音だけで観ました。
さっぱりわからんかったー(笑)。
クイーンズ・イングリッシュには、まだ慣れないのです。

音だけで2回観たあと、英語字幕をつけたら、
映画の音そのものが耳に入ってくるようになりました。
脳内地声さんもシツコク自分で文字を読もうとしますが(笑)、
2対1くらいの割合で、映画音声さんの勝ち。

そこで、音声をありのまま受け入れつつ、
この声にあたる文字(模様?)がこれだぞと
かんでふくめるように観てみました。

疲れた(笑)。

多読のおかげで、パッといちべつで内容がとれるスパンは広がってるのですが、
このレベルの英語だと、まだ一瞥でとれず、DVDを巻き戻し(?)
なんども繰り返しチマチマと進みました。

結論。 このレベルは、まだ私には、時期が早い。
音と文字のつながりが快適にできそうなのは、
たぶん読みやすさレベル4~5くらいまでのようです。

そういえば、私の場合、日本語のテレビ番組の場合でも、
字幕は自分の脳内地声で黙読しています。
だから、耳からの音声と、目からの黙読が両方あるのは
べつにいいのか、とおもいつつ。

▽どこにいくんだろう、のポチッ♪
関連記事
blogranking.gif

映画・ドラマ・ビデオ | 20:33:59 | Trackback(1) | Comments(15)
コメント

全くイギリス人ってやつは・・・
Julieさん、こんばんは!イギリス育ち(?!)のグリーンです。
アメリカンに毒される前にイギリスで育ったはずなのに、日本に帰ってきて仕事で英語を使い始めたら、日本以外でもなんとなく世界はAmerican Englishが主流?って思えてきました。仕事はsimple is the bestだからかなあ?Nativeじゃない登場人物も多いし。。。で、嫌いなはずのAmerican Englishの方が楽になり、音にも慣れるとわかりやすいし、悔しいが、毒されてしまいました。もちろん、バリバリのAmericanでスラングとジョーク連発されたらお手上げですが。

でね、TVで時々シャーロックホームズの冒険は見ていたけど、あれはわかんないよ!私は早々にあきらめて、日本語吹き替えで見てますもん!泣けるのは、映像だけ見ていても、聞き取れないと謎解きが理解できない・・・・という作り方。

私は今でも’音’としてはQueen's Englishが好きです。気取っているといわれますが、あの気取りがなんともイイのだわ。。。

時々あるんですが、単語ちゃんと聞き取れているのに、なにいっているかわかんない!ということがイギリス英語にはある。昔私の仕事で登場していたイギリス人の女性は、とっても頭のイイ人で文章もうっとりするくらいカッコイイのですよ。こっそり勝手に師と仰いで、どれだけカッコイイ言い回しをマネっこさせていただいたことか。。彼女の書く英語は、知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。

イギリスでも国会中継みたいなものがあるけど、あれもすごい。私にはまるで、競い合って難しい英語を競い合っているかに見える。あの人たち、皮肉言うの好きだし。それに引き換え、アメリカ大統領演説のシンプルなこと!私が喋るならこれでいいや、でも時には格調高い報告書なんて書いてみたい、と密かに願っているグリーンであります。



2009-05-07 木 21:53:26 | URL | グリーン #ex3yOCrA [ 編集]

おはようございます。
 Julieさんは脳内地声さんが出てくるようになったのは多読の為ですか?それともやはり多聴を併用しているからですか?
 なにはともあれ何をしていても楽しそうでいいですね。

 ところで、多読開始!と張り切って行った図書館。なんと閉館日。連休明けから木曜日に変更になっていたみたいで・・・。

 そんなこともあるさ!代わりに以前近所の100均から貰ってきていた英字新聞の興味のある記事だけ拾い読みしました。結構読めましたが、スラスラとはいきませんでした。
 
 まぁ今日また図書館に行って、気持ち新たに happy reading 続けたいと思います。
2009-05-08 金 09:42:31 | URL | ハテナクマ #- [ 編集]

ブリティッシュ・イングリッシュ
Julieさん、グリーンさん、こんにちは。

英会話にも、シャドーイングにも興味のない私ですが、音には興味がありまして、日本語字幕であってもできるだけ英語音声を聞くようにしていますので、今回の話題興味を持って読ませていただきました。

クイーンズ・イングリッシュというと思いだされるのは、2年前に公開された「クィーン」(原題:The Queen)ですね。そのまんま(笑)ですが。やんごとなき方々はこんなしゃべり方をするのかと、主演のヘレン・ミレンの素晴らしい演技を堪能する以外にも楽しめたことを思い出しました。

会社でやらされた英会話の先生によると、クイーンズ・イングリッシュって、英国人だからと言っても、普通はしゃべられないそうで、労働党のサッチャーさんは首相になったので練習したとか。確かに庶民を描いた映画「フルモンティ」「ブラス」「リトルダンサー」などで聞く英語は、時々これ英語?って感じることがありましたものね。

グリーンさんが、
>あの気取りがなんともイイのだわ。。。
と言われていますが、ここ同感です。でも、つらつら考えてみると、私の好きなイギリス英語って、アメリカ映画に出てくるイギリス英語が好きなんだ(笑)ということに気が付きました。例えば「ハリーポッター・シリーズ」、「プライドと偏見」など。アメリカ人にもわかりやすいイギリス英語というのが、私のツボにはまったようですね。

この場を借りて申し訳ありませんが、グリーンさんの
>知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。
こことっても興味があります。やさしい単語を使った、格調高い文章ってどんなのかな。ぜひ蘊蓄オフで聞かせてねー。
2009-05-08 金 13:17:21 | URL | パピイ #- [ 編集]

グリーンさん、こんばんは!
> Julieさん、こんばんは!イギリス育ち(?!)のグリーンです。

わーい! イギリス育ち(?!)のグリーンさん、ご無沙汰してます♪

> アメリカンに毒される前にイギリスで育ったはずなのに、日本に帰ってきて仕事で英語を使い始めたら、日本以外でもなんとなく世界はAmerican Englishが主流?って思えてきました。仕事はsimple is the bestだからかなあ?Nativeじゃない登場人物も多いし。。。で、嫌いなはずのAmerican Englishの方が楽になり、音にも慣れるとわかりやすいし、悔しいが、毒されてしまいました。もちろん、バリバリのAmericanでスラングとジョーク連発されたらお手上げですが。

毒されて・・・ですか(笑)。
すると、5/8 は、May 8th ですか、5th of Aug でなく??
シンガポールや香港だとイギリス英語(の中華風味)ですよねー。
そうかとおもうと台湾の人はアメリカに留学経験ありだったりして、
だれにむけて、どの英語が通じるのか、わからなくなったことがあります。

> でね、TVで時々シャーロックホームズの冒険は見ていたけど、あれはわかんないよ!私は早々にあきらめて、日本語吹き替えで見てますもん!泣けるのは、映像だけ見ていても、聞き取れないと謎解きが理解できない・・・・という作り方。

そう! そうなんですよ!CSI は、映像だけみても謎解きがわかるのに!(笑)

> 私は今でも’音’としてはQueen's Englishが好きです。気取っているといわれますが、あの気取りがなんともイイのだわ。。。

あー、わかるなー、これ。
私はアメリカ英語のほうが、それも西海岸ぽいほうが好きなのですが、
Queen's English の気取りは、なんとも好き~。

> 時々あるんですが、単語ちゃんと聞き取れているのに、なにいっているかわかんない!ということがイギリス英語にはある。昔私の仕事で登場していたイギリス人の女性は、とっても頭のイイ人で文章もうっとりするくらいカッコイイのですよ。こっそり勝手に師と仰いで、どれだけカッコイイ言い回しをマネっこさせていただいたことか。。彼女の書く英語は、知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。

これ、パピイさんと同じく、私もききたいです!!!
(でもね、今月もオフ会に出かけられなそうなの。ぐすん)

> イギリスでも国会中継みたいなものがあるけど、あれもすごい。私にはまるで、競い合って難しい英語を競い合っているかに見える。あの人たち、皮肉言うの好きだし。それに引き換え、アメリカ大統領演説のシンプルなこと!私が喋るならこれでいいや、でも時には格調高い報告書なんて書いてみたい、と密かに願っているグリーンであります。

わたし、国会中継さっぱりわかりません。そうか、そういう競い合ってる言葉だったのですね。
グリーンさん、すごいなあ。
英語のレトリックって皮肉をいいたいがために発達したのかしらと思ったり。。。

私も格調高いやつ、まずは、読んでみたいなあ。。。
こんど教えてくださいね!
2009-05-08 金 21:50:37 | URL | Julie #- [ 編集]

ハテナクマさん、こんばんはー!
>  Julieさんは脳内地声さんが出てくるようになったのは多読の為ですか?それともやはり多聴を併用しているからですか?

シャドーイングなんかしなければ、こんな思いをせずにすんだのに・・・と思っています(爆)。

>  なにはともあれ何をしていても楽しそうでいいですね。

こうみえて、本が読めなくなって困ってるんですよ(笑)。
黙読するときの脳内音読の声のおきどころ(?)が、
揺れ揺れになってしまって困ってるのです。
(でも、自分におきていることをおもしろがるのは得意です!爆)

>  ところで、多読開始!と張り切って行った図書館。なんと閉館日。連休明けから木曜日に変更になっていたみたいで・・・。

あらあら。
あまり頑張り過ぎないように、肩の力をぬきなさいって
神さまが「ガクッ」を用意してくれたのかもしれませんねー♪

>  そんなこともあるさ!代わりに以前近所の100均から貰ってきていた英字新聞の興味のある記事だけ拾い読みしました。結構読めましたが、スラスラとはいきませんでした。

はい。その読み心地、覚えておいてくださいねー。
いずれやさしいもの、ほんとにやさしいものを読んで、感覚をくらべてください。
(むだな体験というものは、ないのですよ、ほんと)

>  まぁ今日また図書館に行って、気持ち新たに happy reading 続けたいと思います。

はーい。happy reading♪
2009-05-08 金 21:57:26 | URL | Julie #- [ 編集]

今日はもう寝ます・・・
パピイさん、コメントありがとお!
よい子は寝る時間なので、
明日お返事書きますね・・・
2009-05-08 金 22:01:31 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Re: ブリティッシュ・イングリッシュ
> Julieさん、グリーンさん、こんにちは。

パピイさん、こんにちは!

※パピイさんも、グリーンさんも、私より前から tadoku してらしゃる方なので
ものすごい音薀蓄トークになりそうな予感・・・。

> 英会話にも、シャドーイングにも興味のない私ですが、音には興味がありまして、日本語字幕であってもできるだけ英語音声を聞くようにしていますので、今回の話題興味を持って読ませていただきました。

ぱちぱち!

> クイーンズ・イングリッシュというと思いだされるのは、2年前に公開された「クィーン」(原題:The Queen)ですね。そのまんま(笑)ですが。やんごとなき方々はこんなしゃべり方をするのかと、主演のヘレン・ミレンの素晴らしい演技を堪能する以外にも楽しめたことを思い出しました。

この映画みてないなあ。これですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000UVXHSQ/paperbackread-22/ref=nosim/
イギリス=フランス=イタリアの合作映画なのだそうで・・・。

やんごとなき方々のしゃべり方といえば、話は横にそれますが、映画『アメリカン・プレジデント』(とうぜんハリウッド映画)をみたとき、アメリカにも、やんごとなき方々のしゃべり方というのがあるのかと大変おもしろかったです。

この映画では、たしか庶民(?)の女性と恋におちるのですが、大統領だってみんなと同じさ、everyone is equal in the United States! という路線と、大統領はやっぱりぼくらのスーパーヒーローさ、my dear Mr. President! というやんごとない方の路線とのバランスが絶妙でおもしろかったです。

> 会社でやらされた英会話の先生によると、クイーンズ・イングリッシュって、英国人だからと言っても、普通はしゃべられないそうで、労働党のサッチャーさんは首相になったので練習したとか。確かに庶民を描いた映画「フルモンティ」「ブラス」「リトルダンサー」などで聞く英語は、時々これ英語?って感じることがありましたものね。

わたしの英会話のイギリス人の先生も、ここまでクイーンズ・イングリッシュではありません。
Britain's Got Talent をみていても、そんなにクイーンズ・イングリッシュではないような??

とはいえ、ポール・ポッツさんのテレビ番組(YouTube で5分割になっていたやつ)のナレーターの方は、けっこう British な、クイーンズ・イングリッシュだと思ったのですが・・・
(このあたり、どうなんだろう? グリーンさん、わかる??)
シャーロック・ホームズをみたら、もっと輪をかけて、クイーンズ・イングリッシュだったのです。

ワトソン君とふたりで、ものすごく気取ったしゃべり方で、
頭がいいんだなあ、このひとたち・・・当時の知的階級って・・・なのです。
にもかかわらず、ワトソン君のほうが愚鈍にみえる。
なんでだろう。帽子が丸いから?

> グリーンさんが、
> >あの気取りがなんともイイのだわ。。。
> と言われていますが、ここ同感です。

私も同感!
「まだらの紐」の中で、一番好きなのは、ホームズが甲高い声で
"HA!" と笑うところなのです。
怒鳴り込んできた相手の台詞をユーモアとして受け止めたかのように、
クイーンズ・イングリッシュの気取った "HA!" ひとことで相手をやりこめる。
ああ、カッコいい・・・。
この H の音の鋭さがまたなんとも・・・。

> でも、つらつら考えてみると、私の好きなイギリス英語って、アメリカ映画に出てくるイギリス英語が好きなんだ(笑)ということに気が付きました。例えば「ハリーポッター・シリーズ」、「プライドと偏見」など。アメリカ人にもわかりやすいイギリス英語というのが、私のツボにはまったようですね。

わたしも、そういうところがツボです。
いや~ん、スノッブで素敵~~と思っちゃう(爆)。
そういえば、イギリス映画『ラブ・アクチュアリー』で、アメリカにいくと british な声というだけで女の子にもてると聞いて、アメリカにやってくるイギリス青年二人がいて、笑いました。

> この場を借りて申し訳ありませんが、グリーンさんの
> >知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。
> こことっても興味があります。やさしい単語を使った、格調高い文章ってどんなのかな。ぜひ蘊蓄オフで聞かせてねー。

どんどん、この場を借りてくださいませ!
わたしもすごく聞きたいです。
でも今月も薀蓄オフにまだ行けなくてすごく残念。
パピイさんの会社の日本語ネタも愉しみにしていて、どんなお話になるか「確認し」、「具体的に考察」した上で、英語での「体制をつくり」、「見える化をはかろう」とおもっていたのにー!
(連発してしまった・・・フライングですね・・・)

ではでは、Happy 薀蓄オフ~♪
2009-05-09 土 09:55:50 | URL | Julie #- [ 編集]

 おはようございます。

 頑張りすぎないように神様が「ガクっ」を用意してくれたという解釈、素敵です。
そのような気がします。
 で、昨日行ってきて何冊か借りました。
でも前もって借りようと思っていたものが見つからず、とりあえず自分が面白そうだなと思うものにしました。
 1冊目は映画のシナリオ版ネバーエンディングストーリー。だいたいすんなりと読めました。
 基本自分の興味でいいんだとは思いますが、何を借りるかやっぱり迷ってしまうので、Julieさんのブグログの本を参考にしていいですか?
 Frog and Toad のシリーズなんて楽しみです。
 happy reading で今日も1冊。

 前に薦めてもらった歴史の本
「隠された十字架」
「日出処の天子」
も予約しちゃいました。
 
 いろんなことでお世話になってますね。
いつもありがとう。
2009-05-09 土 11:12:55 | URL | ハテナクマ #- [ 編集]

まずはJulie さんへ。パピイさんも読んでね
こんにちは。似非イギリス人のグリーンです。
British English談義はさかぽんも好きだろうから(きっと私よりはるかにたんまりと語ってくれるハズ)それを期待しつつ、次回薀蓄ネタにします。
あ~~~不参加なの?skypeもダメ??

>すると、5/8 は、May 8th ですか、5th of Aug でなく??

8th May, 2009ですよ、私は。08/05/09と書く輩も多いのですっかりこれで定着です。月は絶対数字で書かない。

>彼女の書く英語は、知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。

う~~ん、読む場合は自分でコントロールできるので、一瞬??ってなったり、じっくり読み返し考えて、あ、そういうこと!ってなったり、へえ~~こんな言い方あるんだ!!って感動したりしますね。

聞いているときは↑をやっているヒマはないので、??のまま仕方なく飛ばしていると所々よくわかんなくなってくる、って感じです。

具体的になにか思い出せるといいので、次回薀蓄までに思い出したことメモを作成します。
とりあえずふたつ。

その1;最初、見たとき私には一生思いつかないと思ってしまった言い方。
(手紙やカードの冒頭や最後に)
I hope this finds you well.
このfindの使い方、いまだに体得できておりません。(使わなくても他の言い方できるし。。。)

その2;ながらで見ていた映画(なんだか忘れた)で上流階級のおば様が、かわいい息子のガールフレンドに向かって
How would you possibly explain me xxxxxxxxx
って質問を開始した。笑う場面ではなかったけど笑いました。whyでいいじゃん!


>わたし、国会中継さっぱりわかりません。そうか、そういう競い合ってる言葉だったのですね。
グリーンさん、すごいなあ。
英語のレトリックって皮肉をいいたいがために発達したのかしらと思ったり。。。

い・い・え!!!私もわかりません。でも面白いから見ていた。顔の表情とか抑揚のつけ方から漠然と想像して見ていた。国会中継でしゃべっていることなんてどの国もよくわからんもんだ。そういえば、サッチャー政権末期(私ちょうどこのとき居たのです)にLame duckという言葉が有名になりましたね。

でも、英語がもっとわかったら「英語で言い訳する方法」って薀蓄も語れるようになるのに残念だ。

ではでは、ますます脳内二重人格に磨きをかけて楽しんでください。














2009-05-09 土 12:39:30 | URL | グリーン #ex3yOCrA [ 編集]

パピイさんへ。Julieさんも読んでね
パピイさん、そしてJulieさん、こんにちは。
うわ~~~なんだか話しが盛り上がって、あれは?これは?が一杯でてきて楽しいです。

>クイーンズ・イングリッシュというと思いだされるのは、2年前に公開された「クィーン」(原題:The Queen)ですね。そのまんま(笑)ですが。やんごとなき方々はこんなしゃべり方をするのかと、主演のヘレン・ミレンの素晴らしい演技を堪能する以外にも楽しめたことを思い出しました。

最近BSでやっていたので見ました。英語音声だけだとわからないので、日本語字幕兼でか
なり忙しかったけど「見聞き」しました。ブレア首相が女王の前で一生懸命formalにしゃべっても意外に普通の英語に聴こえてしまった気がしたんですけど(笑)パピイさんどうでした?
私はエジンバラ公が一番わからなかった。ま、嫌味も多くてわかりにくいんだろうと思うのですが、英語字幕ちょっと見てみたい気がします。

>会社でやらされた英会話の先生によると、クイーンズ・イングリッシュって、英国人だからと言っても、普通はしゃべられないそうで、労働党のサッチャーさんは首相になったので練習したとか。確かに庶民を描いた映画「フルモンティ」「ブラス」「リトルダンサー」などで聞く英語は、時々これ英語?って感じることがありましたものね

イギリス人も練習しないとダメなんですね。サッチャーさんって上流階級の出なのにそれでも練習したんだ。
BBCニュースと民放(channel 4とかITV)のキャスターの話し方は違いますよね。イギリス英語=Queen's Englishという単純なものではなく、ある種方言(?)といえるくらい違うものなのかしら?
かといって庶民の英語がわかるかといえば、これがさらに難しくベッカムのインタビューがよくわからずショックだった記憶がある。

>こことっても興味があります。やさしい単語を使った、格調高い文章ってどんなのかな。ぜひ蘊蓄オフで聞かせてねー。

思い出したことメモ、作成中です!あ、来週の今日はもうオフだ。

>とはいえ、ポール・ポッツさんのテレビ番組(YouTube で5分割になっていたやつ)のナレーターの方は、けっこう British な、クイーンズ・イングリッシュだと思ったのですが・・・
(このあたり、どうなんだろう? グリーンさん、わかる??)
シャーロック・ホームズをみたら、もっと輪をかけて、クイーンズ・イングリッシュだったのです。

ちょっと待ってね。後日報告書だします。

>「まだらの紐」の中で、一番好きなのは、ホームズが甲高い声で"HA!" と笑うところなのです。
怒鳴り込んできた相手の台詞をユーモアとして受け止めたかのように、
クイーンズ・イングリッシュの気取った "HA!" ひとことで相手をやりこめる。
ああ、カッコいい・・・。
この H の音の鋭さがまたなんとも・・・。

そうそう、ホームズ君のHA!はすごい。マイフェアレディでもHの練習させられますよね。Hは隠れた難しい音なのですよ。私がこれに気づいたのは、私のfirst name がH始まりだからと、ある時英語のhotelの音が「ホテル」と違うと気づいたから(当たり前だ!)

ではでは、この話しは機会があればもっとしましょう!
2009-05-09 土 13:11:01 | URL | グリーン #ex3yOCrA [ 編集]

ハテナクマさん、こんばんはー!
>  で、昨日行ってきて何冊か借りました。
> でも前もって借りようと思っていたものが見つからず、とりあえず自分が面白そうだなと思うものにしました。
>  1冊目は映画のシナリオ版ネバーエンディングストーリー。だいたいすんなりと読めました。
>  基本自分の興味でいいんだとは思いますが、何を借りるかやっぱり迷ってしまうので、Julieさんのブグログの本を参考にしていいですか?
>  Frog and Toad のシリーズなんて楽しみです。
>  happy reading で今日も1冊。

おお! まずは最初の一冊から、ですね!
面白い本との出会いがありますよう!!

>  前に薦めてもらった歴史の本
> 「隠された十字架」
> 「日出処の天子」
> も予約しちゃいました。

今となっては古い感もありますが・・・(^^;
「日出処の天子」って、マンガも図書館で予約できるんですか。
いいところにお住まいですね。

>  いろんなことでお世話になってますね。
> いつもありがとう。

こちらこそ、ありがとうございます。
2009-05-09 土 20:58:42 | URL | Julie #- [ 編集]

グリーンさん、コメントありがとう!!!
>skypeもダメ??

あっ、そうだ、skype 参加という手があった!参加します!!

> 8th May, 2009ですよ、私は。08/05/09と書く輩も多いのですっかりこれで定着です。月は絶対数字で書かない。

なるほど~。私は、May 8, 2009 で定着してましたー(笑)。

> >彼女の書く英語は、知らない単語があるからわからないんじゃなくて、文章そのものが(構成、言い回し?)格調高くてわからなかったの。
>
> う~~ん、読む場合は自分でコントロールできるので、一瞬??ってなったり、じっくり読み返し考えて、あ、そういうこと!ってなったり、へえ~~こんな言い方あるんだ!!って感動したりしますね。
>
> 聞いているときは↑をやっているヒマはないので、??のまま仕方なく飛ばしていると所々よくわかんなくなってくる、って感じです。
>
> 具体的になにか思い出せるといいので、次回薀蓄までに思い出したことメモを作成します。
> とりあえずふたつ。

おおっ、ありがとうございます!

> その1;最初、見たとき私には一生思いつかないと思ってしまった言い方。
> (手紙やカードの冒頭や最後に)
> I hope this finds you well.
> このfindの使い方、いまだに体得できておりません。(使わなくても他の言い方できるし。。。)

うわあ~、これ、すごいねー。
私は、この言い方みたことないです。

> その2;ながらで見ていた映画(なんだか忘れた)で上流階級のおば様が、かわいい息子のガールフレンドに向かって
> How would you possibly explain me xxxxxxxxx
> って質問を開始した。笑う場面ではなかったけど笑いました。whyでいいじゃん!

あっはっは! いいなあ~、これ。力関係がでてる~~。
ほかのも、楽しみにしてます!

> そういえば、サッチャー政権末期(私ちょうどこのとき居たのです)にLame duckという言葉が有名になりましたね。

私、この言葉知らなかったです・・・。wikipedia で調べちゃった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF

> でも、英語がもっとわかったら「英語で言い訳する方法」って薀蓄も語れるようになるのに残念だ。

はるかなるやぼー?
(そういうときは、英語がわからないフリでとおす!ではダメなのでしょうね)

> ではでは、ますます脳内二重人格に磨きをかけて楽しんでください。

はーい、ありがとう! グリーンさんも Happy うんちく~♪
2009-05-09 土 21:13:58 | URL | Julie #- [ 編集]

グリーンさん、パピイさんへ
さっき、返信書いたのを、間違って消してしまった・・・。

> パピイさん、そしてJulieさん、こんにちは。
> うわ~~~なんだか話しが盛り上がって、あれは?これは?が一杯でてきて楽しいです。

ほんと楽しいです。ありがとう!!
こんなところで(爆)、音薀蓄三つ巴になるとは、うれしー!!

> >クイーンズ・イングリッシュというと思いだされるのは、2年前に公開された「クィーン」(原題:The Queen)ですね。そのまんま(笑)ですが。やんごとなき方々はこんなしゃべり方をするのかと、主演のヘレン・ミレンの素晴らしい演技を堪能する以外にも楽しめたことを思い出しました。
>
> 最近BSでやっていたので見ました。英語音声だけだとわからないので、日本語字幕兼でか
> なり忙しかったけど「見聞き」しました。ブレア首相が女王の前で一生懸命formalにしゃべっても意外に普通の英語に聴こえてしまった気がしたんですけど(笑)パピイさんどうでした?
> 私はエジンバラ公が一番わからなかった。ま、嫌味も多くてわかりにくいんだろうと思うのですが、英語字幕ちょっと見てみたい気がします。

すごく観たくなりました。その、ブレア首相が!(笑)

> >会社でやらされた英会話の先生によると、クイーンズ・イングリッシュって、英国人だからと言っても、普通はしゃべられないそうで、労働党のサッチャーさんは首相になったので練習したとか。確かに庶民を描いた映画「フルモンティ」「ブラス」「リトルダンサー」などで聞く英語は、時々これ英語?って感じることがありましたものね
>
> イギリス人も練習しないとダメなんですね。サッチャーさんって上流階級の出なのにそれでも練習したんだ。
> BBCニュースと民放(channel 4とかITV)のキャスターの話し方は違いますよね。イギリス英語=Queen's Englishという単純なものではなく、ある種方言(?)といえるくらい違うものなのかしら?

わっ、BBC と民放で違うものなのですか!!
Britain's Got Talent は民放だから違うのかも。

> かといって庶民の英語がわかるかといえば、これがさらに難しくベッカムのインタビューがよくわからずショックだった記憶がある。
>
> >こことっても興味があります。やさしい単語を使った、格調高い文章ってどんなのかな。ぜひ蘊蓄オフで聞かせてねー。
>
> 思い出したことメモ、作成中です!あ、来週の今日はもうオフだ。

今月は土曜日なんですね。

> >とはいえ、ポール・ポッツさんのテレビ番組(YouTube で5分割になっていたやつ)のナレーターの方は、けっこう British な、クイーンズ・イングリッシュだと思ったのですが・・・
> (このあたり、どうなんだろう? グリーンさん、わかる??)
> シャーロック・ホームズをみたら、もっと輪をかけて、クイーンズ・イングリッシュだったのです。
>
> ちょっと待ってね。後日報告書だします。

よろしくお願いします。といいつつ、BBCと民放で違うときいたら、
そういえば BBC とは違うような気がしてきました。。。

> >「まだらの紐」の中で、一番好きなのは、ホームズが甲高い声で"HA!" と笑うところなのです。
> 怒鳴り込んできた相手の台詞をユーモアとして受け止めたかのように、
> クイーンズ・イングリッシュの気取った "HA!" ひとことで相手をやりこめる。
> ああ、カッコいい・・・。
> この H の音の鋭さがまたなんとも・・・。
>
> そうそう、ホームズ君のHA!はすごい。マイフェアレディでもHの練習させられますよね。Hは隠れた難しい音なのですよ。私がこれに気づいたのは、私のfirst name がH始まりだからと、ある時英語のhotelの音が「ホテル」と違うと気づいたから(当たり前だ!)

「ホテル」で気づいたっていうのが面白い!(当たり前じゃないような気が・・・)
わたしはマイフェアレディで知識として知ったけど、
しみじみそうだなあと聞けるようになったのは後になってからです。

> ではでは、この話しは機会があればもっとしましょう!

はーい! ぜひぜひお願いします!!
グリーンさん、パピイさんの返信は、いつも「濃い」ので、
こんなブログのコメントで、もったいないような気もしつつ。
ありがとうございました!

ではでは Happy うんちく~♪
2009-05-09 土 21:54:56 | URL | Julie #- [ 編集]

ポール・ポッツ報告
Julieさん、再びこんばんは。

先程5分割見てまいりました。ナレーション英語、ディクテーションできそうな喋り方でしょ?(でもこれ民放ITVだっけ?)私にとってはこれは結構Britishです。マネしたくとも、この子音の強さは気合いれてしゃべっても続かない。
口を縦に開けるって聞いたことがあるけど、サッチャーさんのしゃべっているところは、言われて見ると縦かも。。

庶民の方々はホント何いっているのかよくわからんかったけど、映像魔力で飽きずに5分割一気貫徹。

それにしてもイギリス人ってお下劣もの、好きだなあ。

2009-05-10 日 23:04:05 | URL | グリーン #ex3yOCrA [ 編集]

グリーンさん、ポール・ポッツ報告ありがとう!!
> 先程5分割見てまいりました。ナレーション英語、ディクテーションできそうな喋り方でしょ?(でもこれ民放ITVだっけ?)私にとってはこれは結構Britishです。マネしたくとも、この子音の強さは気合いれてしゃべっても続かない。

ああ、やっぱり結構 British ですか!(よかった!笑)
息の音が強くて鋭いですよねー。寒空に響きそう~~。
といいつつ、わーい、British な音に慣れたぞうとおもったら、
シャーロック・ホームズは、もう一段ちがう音で、へこたれたのです(爆)。
(で、これが民放なのかどうか、いまひとつ定かではありません・・・)

> 口を縦に開けるって聞いたことがあるけど、サッチャーさんのしゃべっているところは、言われて見ると縦かも。。

そうなんだー。ちょっと気をつけて見てみよう。

> 庶民の方々はホント何いっているのかよくわからんかったけど、映像魔力で飽きずに5分割一気貫徹。

おお! わたし、オペラの専門家さんがなに言ってるのか
一番ききとれなかったです。

> それにしてもイギリス人ってお下劣もの、好きだなあ。

うんうん。そんなイギリス人が好きかも! と Britain's Got Talent をみていて思いましたー(爆)。
2009-05-11 月 21:22:22 | URL | Julie #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シャーロック・ホームズでリスニング・・・?
Julieさんのブログで宝島社からBBCドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」のDVDブックが出ているのを知りました。いつの間にこんなものが発売に... 2009-05-20 Wed 21:29:42 | 洋書読みの日々~ナラの多読的生活
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。