RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
この音、知ってる!
読んでいた本の中で、会話の文章。

you are xxxxxxx to

というようなところ(xxx 部)で少し長い単語がでてきて、
こんな単語知らないなあと思ったときに、
パアッ と音が浮かんできました。

わ、これ、知ってるよ。
よく聞くよ、これ。
こういう感じのときに、よく聞く音だよ。
あら、やだ、わかってるじゃん。
この文脈で、ぴったり。

英語で音のほうを先にしっていて
文字でつながったのは、初めての経験でした。

こういうことも、あるんだねえ。

で、体験が鮮明だったわりには、その単語を覚えていません(爆)。
覚えようとすると、せっかく自分の中にたまっていた音じゃなくて
自分なりのカタカナ変換したものになりそうで。

ま、一度パアッ~とひらけたので、
次にあっても(きいても)、わかるでしょう(笑)。
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 22:56:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント

Julieさん、こんばんは。

〉you are xxxxxxx to

〉英語で音のほうを先にしっていて

同じような経験があります。
ずいぶん昔、ヒアリングマラソンをやっていた時
音を先に知って、あとで文字を知りました。

私の「 xxxxxxx」は、
音では単語の終りが濁っていなくて、
文字を見た時は濁って読んで、その後音を思い出しました。

今では、脳内音読で読むときは、濁っていません。

同じ単語かどうかわかりませんが、
結構「体験が鮮明」だっただけに、懐かしく感じました。
2009-06-27 土 23:50:11 | URL | パピイ #- [ 編集]

パピイさん、ありがとう!
パピイさんも、そういう体験があるんですね!

>私の「 xxxxxxx」は、
>音では単語の終りが濁っていなくて、
>文字を見た時は濁って読んで、その後音を思い出しました。

>今では、脳内音読で読むときは、濁っていません。

おお、すばらしい!
スペルどおりに読む音なんてありませんものね。
(音というか、音の流れ、ですね。スペルどおりの一番強い極端形の音でここは読む、という情報さえ、前後の流れで左右される)
目の情報より耳の情報のほうに脳内音読もあわせるようになった??

多読って、なんども出てくる単語が
だんだんわかるようになるので、
音でも、聞いてるうちに、
あちこちで何度も出てくる音が
わかるときがくるんだろうなあ
と「予測」しているのですが、
今回は、音のみで分かる一歩手前のところで
先に文字に出合ったような、
そんな感じです。

文字を知らないと、「ち、聞き取れねー」と
毎回思っていたんですが、
聞き取る必要はなかったんだ!
文字で知る必要もなかったんだ!
そのまま聞き取れない(文字とつながってない)
音の流れをたくさん貯めればいいのだ
・・と思ったのでした。
まだうまく消化できないのですけど。
2009-06-28 日 10:42:04 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。