RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12月 « 2020/01 » 02月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
Who Was Mark Twain?:
『トム・ソーヤーの冒険』を書いたマーク・トウェインの伝記です。

Who Was Mark Twain?: Who Was? (Who Was...?)
Nancy Harrison
0448433192
ああ、楽しかった。なんて楽しいおじさんなんだろう。

Mark Twain というペンネームの由来は、今までにも聞いたことがあるのですが、どうもピンとこなくて、今回この本を読んでやっとすっきりしました。イラストが描いてあったのが助けになりました。絵があるって素晴らしい。

本名は Samuel ですが、洞窟で行方不明になったことが 1 回、ミシッシピー河で溺れて死にそうになったのが 9 回あるそうです。

"You gave me more uneasiness than any child I had," his mother told him. (Sam later said she enjoyed it.)

こういうところが、Mark Twain さん、好きです。
大人をみている子どもの目というか。

著書からの引用があったので、気にいったのを 3 つ、ご紹介。
"My works are like water. The works of the great masters are like wine. But everybody drinks water."

"Work consists of whatever a body is obliged to do, and play consists of whatever a body is not obliged to do."

"I was young and foolish then; now I am old and foolisher."

活字工をやったり、蒸気船の船乗りをやったり、ニセ記事を書いたり、世界各地を講演したり。この人と同じ時代を生きた人々は楽しかっただろうなあ、と思いました。

関連記事
blogranking.gif

読みやすさレベル3 | 22:15:45 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント

先日ディズニーランドで蒸気船のマーク・トウェイン号に乗った時、
船内のナレーションでマーク・トウェインの名前の由来を語っていました。
本名だと思っていたので、びっくりしました(^^;)
なかなかセンスのあるペン・ネームですよね?

著書からの引用、面白いですね。
私も気に入りました!!
特に上のと下の、謙虚なのか豪快なのか?(笑)

この人、すごく人生楽しんでる感じでいいなあ。

2009-07-29 水 20:29:49 | URL | すけさやママ #- [ 編集]

すけさやママさん、こんばんはー♪
>先日ディズニーランドで蒸気船のマーク・トウェイン号に乗った時、
>船内のナレーションでマーク・トウェインの名前の由来を語っていました。

ああっ、そういえば、そうでした。
そのときもヘエ~って思ったのに、
しばらく経つとわからなくなってました。(^^;

> 本名だと思っていたので、びっくりしました(^^;)
> なかなかセンスのあるペン・ネームですよね?

ほんと、ほんと。Mark ~ っていうのがね!

> 特に上のと下の、謙虚なのか豪快なのか?(笑)

道化として極めてるのか?(笑)
年を取って、wise man というのにもあこがれていたけど(指輪物語のガンダルフや、ハリポタのダンブルドア校長のイメージ)、fooler っていうのもいいですよねー。

>この人、すごく人生楽しんでる感じでいいなあ。

そうなのよ~。それでも、やっぱり人生には不幸もあってね。その笑いとペーソスがなんともいえないの。Who Was シリーズで、ホロッとくるとは思わなかったよ~(涙腺よわすぎ)
2009-07-29 水 22:31:16 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪