RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09月 « 2017/10 » 11月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
話すこと、私の場合。
外国の方と話そうとして、
ことばがでてこなくて、赤面して、
穴があったら入りたい
穴がなければ掘っちゃいたい
という気持ちになること。

そんなの、日常茶飯事ですー!(がっはっは)

で、そういうときに、
ああいえばよかった、こういえばよかったって
帰る道みち反省します。

お風呂とかトイレとか布団の中とか。

くやしかったぶん、脳内シュミレーション(笑)。

「あー... あー...」としか言えなかったけど
「Excuse me!」って言えばよかった、
いやいや、この場合「Hey!」のほうがいいな、
あれそういえば、どっかの映画で「Hey! Ma'am」って聞いたことあるな。
Hey! Ma'am!... Hey! Ma'am!... (←脳内発声)

映画で思い出した声を映画そっくりに頭の中でシャドーイングしたりして、
気がつくと声が出ていて、夜道であやしい人になってたりして(爆)。

Ma'am だと女の人限定(それも目上に扱う感じ?)だし、
Hey! Lady!...???
うーん、キャメロン・ギアスがムッとして振り向く映像が
頭に浮かぶなあ。

男の人相手だったら
Hey! Mister!... ???
いや、それはあまり聞いたことがないような気がする。
Hey! Men~
いや、それは黒人英語だし。
Yoh! Man~
いや、それはラッパー。

ま、いっか、Hey で。

なんていうことを、ぐねぐねと脳内シュミレーションしています。

次に活かすために。

そんな急にベラベラしゃべれるわけないじゃん。

Hey! っていう、簡単な一語でも、それが自分のクチから
適切な場面で適切に出てくるまでには
それなりの自己反省会(笑)と脳内シュミレーションがあるのです。

あくまで、私の場合、ですけど、
英会話そのものの時間よりも、
そのあとの、夜道で穴を掘って入ってる時間(笑)のほうが
ずっと効いているような気がします。


▽恥はかくもの、活かすもの、のポチッ♪
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:52:21 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント

お久しぶりです。

Julieさんくらいの方でもこういう事があるのですね! 安心しました。

私も脳内シュミレーションしていますよ~
色々なスチュエーションを想定してやってみたりします。

話しながら間違えているな~と分かっているが、会話中はいちいち戻って訂正するなんてナンセンス・・・ドンドン進行して、後からこう言うんだよな~と心の中で言い直したりと・・・

では!
2010-04-29 木 09:41:20 | URL | NEO #- [ 編集]

NEOさん、こんばんはー♪
わあ、NEO さんも!

>話しながら間違えているな~と分かっているが、会話中はいちいち戻って訂正するなんてナンセンス・・・ドンドン進行して、後からこう言うんだよな~と心の中で言い直したりと・・・

ある、あるー!
会話中は会話のノリが大事だもんね。

わたしも安心しました。
NEOさん、ありがとう!!
2010-04-29 木 21:41:47 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

穴堀は卒業したものの・・・
こんばんは、グリーンです。

え~~~、穴堀なんてしないくらい厚顔無恥になりました。
そうそう、脳内シュミレーション、無意識にやりますねえ。私はなぜか電車の中が多くて、無意識に始まるので、声はさすがに出していないんだけど(ハズ!)口はどうも動いていて、気づいてひどく焦る・・・・

シュミレーション段階では調子よければ3通りくらいパターンが作れるのに、本番では出来損ないが1つだけだったりするんだよなあ。悔しいゾ。

ところで、私今まで、よく知っている人に冗談半分でHey!っていったことあるかもしれないけど、本気でHeyって声かけたことないかも?映画の中ではなんでみんなあんな気楽にHey Hey言えるんだろう?
2010-04-30 金 01:13:24 | URL | グリーン #ex3yOCrA [ 編集]

グリーンさん、こんにちは~♪
コメントありがとう!

>え~~~、穴堀なんてしないくらい厚顔無恥になりました。

さすが!この一行に大爆笑。

電車の中で無意識にっていうのも、あるある~。私も声は出してないので、ギョッと振り返られたこともあるけど、きっとあれは私じゃないはず(厚顔ムチムチ)。

>シュミレーション段階では調子よければ3通りくらいパターンが作れるのに、本番では出来損ないが1つだけだったりするんだよなあ。悔しいゾ。

ある、ある~♪
で、またシュミレーションするんですよね、くやしいから♪

そういえば、わたしも、Hey! って声かけたことないかも、です。。。「へい」とか「へえ」って日本人的には間抜けな感じがするから出てこないのかなあ。HHHHHHey! って H の雑音で相手の注意を引く言葉だから、あれはハラに力入れないと出ない~。あっ。ハッとしたときの、ハッと腹に力がはいった瞬間に Hey! っていく感じかしら?

(シュミレーションは完璧だわっ・爆)
2010-04-30 金 08:22:07 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Hey・・・
Julieさん、こんにちは。ひまわりです。
わたしは、むか~し、英語学校で、先生に、“Hey,Chack!”と、声をかけて、むちゃくちゃ怒られたことがあります。
それまでニコニコだった先生の顔が、わたしの言葉を境に、カーッと真っ赤になり、“What did you say!!?”
それから、指を立てて、「こっちへこい」の合図。
正面に立ったわたしに、先生は、こわ~い顔で、「“Hey”という言葉は、カウボーイが牛や馬に対してつかうような言葉です。わたしは、あたなの先生だ。牛でも馬でもない。あなたから“Hey”などという下品な言葉で、呼ばれる筋合いはない。わかりますね。」というようなことを(英語で)、きっぱり。こわかった。。。
「適切な場面で適切に」って、たいせつですね・・・
すみません。Heyの部分だけに、反応・・・
2010-04-30 金 09:14:00 | URL | ひまわり #o.trGIrQ [ 編集]

こんにちは。Julie さん。

Hyde です。

「あるあるあるある!!!!」…です。
そう遠くない昔、イギリス人の偉い先生に、私がその先生に何か説明した後、その方に "Right?" と言ったら、「そんな言い方は失礼だ!」と日本語で怒られちまいました…。
 まあ、そーゆーことにめげずに「実践では、恥をかいたぶんだけ上達する」と思うようにして、現在に至っていますが…。
 P.S. みなさんのコメント、おもしろい(!?)ですね。
2010-04-30 金 19:15:44 | URL | Hyde #- [ 編集]

ひまわりさん、こんにちはー♪
うわああ、たいへんでしたね!

Heyってそうなんだ~。うう、たしかに、いわれてみれば、児童書を読んでいても、先生へのクチのききかた(特に校長先生に対してはリスペクトしないといけない)というのが
よくでてきますし。うー、でも、そうか、真っ赤になって怒るほどなのかー。

ひまわりさん、シェアしてくれてありがとう!!(こんなブログのコメント欄で、なんだかもったいないなあ。ありがとうね!)
2010-05-01 土 10:01:29 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Hyde さん、こんにちは~♪
Hyde さんでも、そういうことがあるんですねー。安心しました。

日本語で注意されたって、その先生もすごい方ですね!! 本気でおこってくれる先生って、あとになると、ありがたいよね。

>まあ、そーゆーことにめげずに「実践では、恥をかいたぶんだけ上達する」と思うようにして、現在に至っていますが…。

そうだ、そうだー!!
恥をかきすてちゃったら、もったいない!(爆)

Hyde さんもシェアしてくれてありがとう。本当に、みなさんのコメント面白くて、ありがたいです。
2010-05-01 土 10:25:09 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪