RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
とほほ。 (続きがあります)
だいぶ前のことですけど、4月5日の Ustreem 放送(ラジオデイズ)
原発問題について某氏がおっしゃっていたこと。
(以下、うろ覚えなので、言葉尻が違うことになりますが、ご容赦を)
(言葉尻が違うのに、その方が批判されるのも気の毒なので、
ここでは「某氏」とさせていただきます)


ま、壊れるもんだよね。(会場、一瞬シーンとする)
テクニカルに、ときどき、壊れるものを、
壊れたときにどのように扱うかというのが安全対策なんだけど、
壊れるので安全対策でこうしましょう、というと、
なにっ、壊れるのか! 安全じゃないのか! という話になって、
いや、安全です、というと、
だって今壊れるって言ったじゃないか、安全じゃないんだろっ、
いや、安全です、と。
そうやっているうちに原発を作ってる人たちも
自分たちの言葉にとらわれて、
安全対策がどっかにいっちゃったんだろうね。

(おおむねこのようなことだったかと…)


私は、いや、もう、ほんと、そのとおり、と思いました。
反原発派と推進派と、極端なところで二項対立しているうちに、
なんか凝り固まっちゃったんだろうなあ。
言質をとられまい、とすると、どんどん極端になるものだし。



「放射能は、安全じゃない」というのは正しい。

しかし、「安全ではない」と言いつのることが、
安全ではない状況を呼び寄せた、ということでもある。




とほほ。


しかし、この「反省」もないと、クールでリアルな対応として、
話が進まないんじゃないかと思ってます。


(続きがあります。クリックして読んでね)

blogranking.gif



とにかく福島第一原発を終焉させなければならない。

東電の社宅に落書きするとかケチな真似は、やめましょうよ。
もう被ばく量をゼロにはできないけど、とにかく小さく、
これ以上大きくならないように、なるべく小さくすむようにと祈りながら
反対派も推進派もあらゆる英知を集めて終焉へ向けていかなくちゃいけない。
そもそも作ったのが間違いだった、って、いま話してても仕方ないじゃん。

という話をしたいのだけど、そういう話をすると
推進派とみられがちなのが困ったものです(笑)。
ドドスコスコスコ、LOVE 注入♪


その一方で、ですよ。

現在稼動中の原発に対しては、止めていただきたい。
あんなものは、もういらん。
そちらの話をするときには、「原子力発電は安全ではない」という
一番原理的な、極端な言い方を採用することになる。
そもそも地震国に原発作るな。


(あれ????)


つまり、あれですね、これからの夢を語るときには原則的に、
起きてしまった事故へはプラグマティックに個別対応。


さて、話は飛びますが、この文章、好きです。
お医者さまが書いていて、「被災地でノロウイルス感染症が流行しているとき、
そこに支援に行けるか」というテーマです。

ウソと二枚舌とゼロリスク


信念は持ちつつ、とりあえず薄ぼんやりと、
あっち派でもなく、こっち派でもなく、
そもそも前代未聞の事態にマニュアルはない(by 内田樹)と思って、
臨機応変、ゆるゆるに構えておくほうが、
うまいこといくんじゃないかなあ、と思っています。

そして、英語多読をしているタドキストは、辞書やマニュアルにとらわれることなく
状況を読んで、ゆるゆると「落としどころ」を探るのが得意なはず!(^-^)v
みんなで生き残ろうぜ!


関連記事
よもやま日記 | 11:45:11 | Trackback(-) | Comments(10)
コメント

なるほどね、
おおむねそのようなことかと…。

日本の技術に慢心があったような
気もします。

それにしても、
原爆投下で戦後、
大地震、大津波、原発事故で「災後」
(ということばが使われ始めたようです)

日本は nuclear に呪われているのか?
2011-04-21 木 21:06:59 | URL | ケオラエス #- [ 編集]

ケオラエスさん、こんばんは!
「災後」ですか。
たしかに大きな出来事でしたものね。

いえ、のろわれてるなんてことはありません。

むしろ、トラウマを解消したかったのだと思います。

あれを平和利用できたら、どんなにすばらしいことだろう、という夢だったのだと思います。

外国の富に追いつき、追い越せ、とか。

そこを理解してあげて、原発を成仏させてあげましょうよ。
2011-04-21 木 22:06:24 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

続きを読まないで書いてしまいました。

>そもそも作ったのが間違いだった、って、いま話してても仕方ないじゃん。

そう、これが Julie さんとはじめから
同意見。なんだか自分だけは別の電車に
乗ってるみたいな言い方、は嫌いです。

>そして、英語多読をしているタドキストは、辞書やマニュアルにとらわれることなく
状況を読んで、ゆるゆると「落としどころ」を探るのが得意なはず!(^-^)v
みんなで生き残ろうぜ!

そうだっ!
2011-04-21 木 22:15:31 | URL | ケオラエス #- [ 編集]

ケオラエスさん、おはよー!
あ、たしかにこれ、続きがあるのが
わかりにくいですね、修正します。
(この続きを書くのに何日もかかったのにー! 笑)

>なんだか自分だけは別の電車に
>乗ってるみたいな言い方、は嫌いです。

うまい! 座布団一枚!

>そうだっ!

ありがとっ!
2011-04-22 金 08:38:12 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

わたしからも座布団を!
>なんだか自分だけは別の電車に
>乗ってるみたいな言い方、は嫌いです。

ケオラエスさん、うまいです! 賛成!
Julieさんたちのおっしゃってるようなふうに、多くの人が認識しないと、同じことが続くと思います。

2011-04-22 金 14:04:36 | URL | mouchan #- [ 編集]

「放射能は、安全じゃない」というのは正しい。は正しくない。
「放射能は、安全じゃない」というのは正しい。 は正しくないです。

核融合で放射線をバンバン出しているものを毎日見ているのに安全じゃあ無いとは誰も言わないですよね。

そうです、太陽ですね。

危険なエネルギーが人に当たって初めて被害をうける安全じゃあない状態になるんですね。適切に隔離できるならば安全です。でも15年に一回くらいの割合で放射性物質を大々的に振りまくから安全じゃあない。


東電社宅に落書きをするのは良くないですね。東電本社に土をまくくらいにしましょう。
2011-04-22 金 22:33:35 | URL | 匿名さん #sSHoJftA [ 編集]

mouchan さん、こんにちは!
ありがとっ!

今度こそ変えたいですね!
2011-04-23 土 10:35:31 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

匿名さん、あはは! いえてますね!
太陽か。たしかに!
アーサー・C・クラークの太陽風で飛ぶ宇宙船なんていうのもありましたねえ。

太陽も、あまり浴びすぎると皮膚がんになるリスクが高まるので、安全ではない。

それをいったら、蛍光灯や昔のテレビのブラウン管も電子を飛ばして蛍光物質を発光させているから、あれはベーター波なんじゃ??と前からふしぎ。

ま、あまり「ざっくりと」○○は正しいとか言うと、程度や確率や個々の事象にも言及しましょう、という話に必ずなりますね。

そして、確率の話をしてると、ゼロじゃなくちゃいやだ、という話も必ず出てくる…。

そうすると議論に疲れた人たちが離脱していって、極端な二項対立の構造ができあがる。

二項対立の罠にハマらず、信念をもって進むっていうのも、結構むずかしいものです。

東電については、東電アホやろと思うけど、東電の中にも内側から変えていこうと思ってる人も
いると思うんだよねー。

いろんな意見もあるけど呉越同舟、
でも舟の向かう先はこっちー
というふうにいきたいですね。
2011-04-23 土 11:58:56 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ソーラヨット
たしかディアーナ号だったと思います。太陽活動の活性化による放射線の増大でレースが途中で中止になったんですよね。
今では日本のIKAROSが実験航行に成功していますよね。

β線は陽電子で、蛍光灯やブラウン管は電子(マイナスに荷電)です。蛍光灯は熱で飛び出した電子が水銀蒸気にぶつかって出る紫外線が蛍光塗料に当たって発光します。
2011-04-23 土 21:39:37 | URL | 匿名さん #sSHoJftA [ 編集]

陽電子!
長年の疑問がとけそうな予感です。自分で調べてみます。では!
2011-04-25 月 09:14:33 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。