RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
Kindle book から著者に質問ができる!@author ベータ版スタート
すごすぎるよ、アマゾンさん。

元記事はこちら(英語)。
@author: Connecting Readers and Writers

続きは長文です。 blogranking.gif


We’re excited to announce a new way for readers to connect with authors and engage in the community around their favorite authors’ books. @author lets readers ask questions while they’re reading a Kindle book, or from an Amazon Author Page. You can see below which authors are participating in our beta release.

読者と著者をつなぐ新しい方法を発表します。大好きな著者の本をとりまくコミュニティーに参加しませんか。@author では、読者が Kindle 電子ブックを読みながら、その場で著者に質問を送ることができます。また、Amazon の Author Page で質問することもできます。このたびのベータ版に参加してくれた著者は、以下のとおりです。

To ask one of these authors a question from a Kindle book, just highlight a passage using the 5-way controller, type “@author” followed by your question, and Share. We’ll tweet the question to the author and post it on the Author Page; you’ll automatically receive an email if the author answers your question. You can also ask a question from the Author Page of a participating author; look for the “Ask a question” link beneath the author’s biography or next to one of the author’s books if you want to ask a question specifically about that book.

Kindle から著者に質問するには、5-Way キーを使って電子ブックの文章をハイライトし、@author と入力した後に質問を書き、[Share] を選択します。Amazon 側で著者に質問を Twitter で送り、Author Page に投稿します。著者が質問に答えてくれれば、自動的に読者にメールが送られます。また、このプロジェクトに参加してくれた作者の Author Page に質問を書き込むこともできます。著者紹介の下にある [Ask a question] のリンクをクリックするか、特定の本についての質問は本の横にあるリンク(?)をクリックしてください。(?訳注:現状では個別の本のところにリンクがありません)

Authors won’t be able to answer all questions, but readers can answer other reader’s questions from the Author Page too. If the author answers a question written from a Kindle book and you’ve chosen to follow the author on https://kindle.amazon.com, the question and the author’s answer will both become Public Notes in your book.

著者がすべての質問にお答えすることはないかもしれませんが、読者たち同士で Author Page の他の読者の質問に答えを書き込むことができます。Kindle 電子ブックからの質問に著者が答えると、https://kindle.amazon.com でその著者の [follow] を選択している場合、読者の質問と著者の答えの両方が電子ブックの Public Note になります。

We’re eager to see the great questions you ask! Learn more.

great な質問をお待ちしています。詳細は、こちら。

(参加してる著者については、元記事↓を参照)
@author: Connecting Readers and Writers


Kindle から、好きな文章をハイライトして twitter でコメントを書く機能がありますが、
その機能を応用しているようですね。

私は自分の読書メモ(Note)を公開してないのでよくわかりませんが、
https://kindle.amazon.com の中で、Kindle ユーザー同士が
お互いにフォローしたりされたりする仕組みがあります。
(私はフォロー数もフォロワー数もゼロのままです・笑)

肝心の著者さんですが、ロマンス本の作家さんもいらっしゃいますよ。
『金持ち父さん』が有名でしょうか。



ところで、さかいせんせー、多読の本を英語で書いて
Kindle edition も出版しませんか~?


関連記事
Kindle (キンドル) | 13:05:24 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。