RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ルイス・サッカーのファンの方へ
ルイス・サッカーの短編も読める、ということで。

The Chronicles of Harris Burdick: Fourteen Amazing Authors Tell the Tales With an Introduction by Lemony Snicket
Chris Van Allsburg
0547548109

ゆっくり味わって、
ちびちび読んでいます。

最初の Tbitha King(スティーブン・キングの妻)の短編は、ややむずかしめ。

2 作目で、にんまり。
それから途中を飛ばして
ルイス・サッカーを読みました。

やっぱりサッカー好き♪
Harris Burdick 氏の世界に合ってますね~。

スティーブン・キングの短編は、書下ろしではなく、
以前発表された短編を収録しています。


さて、この本の説明をしておきますと。
25 年前に出版された、謎の「画集」に、14 人の作家がストーリーをつけたものです。
(続きあり)
blogranking.gif


その「画集」の前書きによれば…。

The Mysteries of Harris Burdick. Chris Van Allsburg
Chris Van Allsburg
184939279X

Harris Burdick という無名の画家が
Peter Wenders という男のもとを訪れました。

画家は、14 枚の不思議な絵を渡します。
それぞれの絵には、謎めいたタイトルと短い説明。
この絵のストーリーは明日持ってくるから
と言い残して画家は去りました。

しかし、翌日、Harris Burdick は現れず、
そのまま、この天才画家の行方は杳として知れません。

Harris Burdick とは、いったい何者なのか、
この絵に、どんなストーリーがあったのか、
謎は謎のままです。

私にとって最大の謎なのが、作者名が
クリス・ヴァン・オールズバーグ氏となっているところです。
いやいや、出版社まちがってますから。
作者は Harris Burdick 氏に決まってるじゃありませんか。

さて、このたびの本では、Harris Burdick 氏の行方について
Lemony Sinicket 氏が素晴らしい推理をしています。

関連記事
よもやま日記 | 21:42:02 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。