RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
Life of Pi 読了、解説本も
これはすごい小説ですね。さすがブッカー賞。
最後まで読んでよかった。

Life of Pi
Yann Martel
0857865544

トラと漂流した227日。

秀逸なコピーです。
ぜひ楽しみに読んでほしいので
細かいあらすじは言いますまい。



★★★★★
読みやすさレベル7~8
99365 語(出版社サイトより)

以下、ネタバレにならない程度に、続きに書きます。


blogranking.gif


これから読む人への情報(?)としては、

  • 漂流にいたるまで、が長い。
    ハリポタは学校についてなんぼ、
    ライフ・オブ・パイは海に行ってなんぼ。
    長いですが、そこを読んでこそでもあるので、こらえましょう。

  • 食べながら読まない。
    後ろになるほどサバイバル度が上がり、
    お食事シーンがキツイものになります。
    カフェなどで食べながら読むと、味がしなくなります。
    私のタマゴ・サンド……。(←やってしまった)

    読み終わって、questions がいろいろ浮かんできたので、
    解説本を買いました。



    この本は、コンパクトにまとまっていてよかったです。
    (紙の版なら 79 ページ、私は Kindle 版で購入)

    あらすじ、登場人物、解釈のポイント、
    作者が参考にした漂流の実話など。

    例えば Symbols の項には、
    Animals、Religion、Numbers、Color が挙がっています。
    色の視点はなかったので、ほほう~と思いました。

    解釈は読者しだい、it's up to readers という言葉に
    なんとなくホッとしたりして。

    ひとつ、"Life of Pi" というタイトルに
    the がついてないことについて、引用します。

    (ん? ここは若干ネタバレかも)








    This is life as Pi tells it, but it is not "the" entirety of his life. The absence of the article, "the" in Martel's title tells us that this is a life ongoing, a life not completely defined.


    以上です。
    関連記事
  • 読みやすさレベル8 | 14:47:41 | Trackback(-) | Comments(-)
    SEARCH BOX
    読みやすさレベル (YL)
    文字なし絵本・・YL0.0
    ハリポタ1巻・・YL6~7

    おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
    快読100万語!ペーパーバックへの道
    快読100万語!ペーパーバックへの道
    酒井 邦秀

    詳しくは→NPO 多言語多読

    PROFILE

    Julie

    • author: Julie
    • A Japanese grown-up :)

      多読 3原則
      1.辞書は引かない
      2.わからないところは飛ばす
      3.あわない本はドンドンやめる

      洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

      目からウロコの英語多読をしています。

      英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

      日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

      楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
      Happy Reading♪

      2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
      2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
      2006年9月 1218冊、1000万語通過
      2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
      2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
      未読本は心の余裕!

      Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
    • RSS
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    多読 LINKS
    ♪お世話になってます♪
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。