RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
01月 « 2020/02 » 03月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
「おとな式」から「こども式」へ
先日の記事で、日本語だって文字どおりに発音していないと書きました。

以前の私は、「大岡越前」を「おぉかえちぜん」と「お」を1回半くらいしか言わない時間で、早口で文字のとおりに再現して「おおお」と3回発音できれば達成した(!)と思っていました。それなのに、自分の音が元の音源の英語と違うような気がしていました。

ある程度英語の音に慣れた人で、ゆっくりの素材だと全部カタカナで言えてしまえる人、早口で全部言おうとしてしまう人(爆)は、一度ショック療法をやってみるのもいいかもしれません。 blogranking.gif


ショック療法向けの音源を2つ紹介。


Fox in Socks (BOOK & CD)
Dr. Seuss
0007181477
韻を踏んだ、ナンセンスな英語の絵本です。リズムが良くて、すっごく楽しい♪

意味を考えても意味がないので、音だけに集中してやるきっかけにしてください。


Nate the Great Collected Stories
Marjorie Weinman Sharmat John Lavelle
0807220434
4話入ってお得なカセット。

"I, Nate the Great, ..." の部分はゆっくりで、それ以外が早く、大袈裟な抑揚がついていて面白い。ついていけないっと思ったところで、また "I, Nate the Great, ..." が出てくるので、そこで休憩(笑)。

ゆっくりのところを言ってから、全くついていけなくなって無言になってしまう(爆)。その中間の、なんとかついていこうとして破綻してる(?)あたりが、いい感じに「こども式」に上滑りしているようです。



しかし、ですね。

私はずっと Nate ばかりやってたのですが、ブレークスルーを感じることは、ほとんどありませんでした。

むしろその後で、ものすごーーーくゆっくりな素材を繰り返していたときのほうがブレークスルーを感じました。

かといって最初からゆっくりな素材だったら、私の場合は全部カタカナ発音で達成したっ(!)と思い込んでいたことでしょう。
(注:そういうのがない人の場合は、ゆっくりな素材から始めたほうがいいと思います。上の 2 つは、いきなりやるにはかなり早口な素材です)



だから多読と同じで、ゆっくりな素材(レベルの低いもの)の大切さがあるかもしれません。

快調に飛ばす練習で早い素材、精度を上げるためにゆっくりな素材というふうにレベルを上下するのがいいようです。


<おまけ>

Frog and Toad: Audio Collection
Arnold Lobel
0060740531
この「Brrrraaaaaa」を真似するのが大好き♪

ページをめくるところで「ピー」という音が入りますから、途中でわからなくなっても気持ちを新たにまた続けることができます。





では、何日かネット落ちします。

今年は初めてブログを作り、たくさんの方に読んでいただきました。ありがとうございました。

みなさま、よいお年を~♪
関連記事
音のこと(シャドーイング) | 23:49:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪