RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
『評価と贈与の経済学』 内田樹、岡田斗司夫
Kindle オーナー ライブラリーにあったので、無料で借りて読みました。
(ありがとうございます!)

評価と贈与の経済学
内田樹 岡田斗司夫 FREEex
B00BVM9K66

岡田斗司夫さんは、
家人がときどき買ってくる
週間アスキーにコラムを書いてる人、
あと『いつまでもデブと思うなよ』
レコーディング・ダイエットの人
としか知らなかったのですが、
面白いことされていたんですね。

社員が月に一万円出して
社員になる権利を買う会社をつくったのだそうです。
もちろん社員は他に本業がある人なんですが、
中世のパトロンが文筆家やアーティストを養っていたのと
似ています。
ホリエモンがなんで先に思いつかなかったんだって
早速社員になったそうです。

この本は、そんな岡田さんと内田樹さんの対談です。

「これは自分への贈り物だ」と思った人が、なにかでお返ししたいと
パスを出す。パスを出す人のところにはボールが集まる。
貨幣は流れを好む。
もらったボールは俺のものとパスをせずに溜め込む所には
次のボールがこない。

贈与からはじまる経済学の話でもあり、
教育(師からパスを受け取ったと勝手に思うことで学びが発動する)、
若者論などあちこちに話は広がり、しなやかな知性を感じる本でした。

この人はボールをもらったらワンタッチでパスを出す人だ、
この人ならこの仕事やってくれそう、
と「評価」を受けるためには、ある程度顔の見える関係というか
コミュニティのサイズ感も大切なのかなあ。
(そういう「評価」は数値化できない、ということでいいですか)



Kindle オーナー ライブラリーは、毎月見直しになるので、
少なくとも今月いっぱいは、この本が借りられます。

来月になると端末から自動的に削除されるので、
今のうちにハイライトしたところを紙にメモしておくことにします。
(注:本につけたハイライトは、同じ本を買ったり借りたりすると
出てくるそうです)

日本のアマゾンだけのサービスで、
Kindle 本体をもち、プライム会員(有料)であることが条件ですが、
年会費 3900 円で毎月1冊借りられるので
充分モトがとれそう。

ただ、どの本が対象なのか検索しにくいので
(特に洋書を検索する方法がない)
アマゾンさん、もっと検索しやすくしてください~。

今月は、読みやすいと人気の "Finding Hannah" も
Kindle オーナー ライブラリーの対象になってます。
プライム会員: ¥ 0


こんな刺激的な本を無料で読むという贈り物をもらったので
ブログで紹介するというパスを出しました。
どこかで誰かにパスが回りますよう。

関連記事
blogranking.gif

よもやま日記 | 16:35:42 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。