RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
全米図書賞ロングリスト発表
YOUNG PEOPLE’S LITERATURE 部門が発表になりました。
ほかの部門は、日を追って順次発表になります。

公式サイト:2014 National Book Awards

(↓まだ画像がアマゾンにないものもあります)
148055361107636626741780622198B00E78IDE6054555143908041674271442444959144245873905451060790399252517


以下、公式サイトにあったあらすじをざっとまとめました。
(なにか違っていたらご容赦)

Laurie Halse Anderson, The Impossible Knife of Memory

父はイラクからの帰還兵。悪夢にうなされる父と転々と暮らす少年だったが、街に落ち着き学校に通うことになる。

Gail Giles, Girls Like Us

高校の特殊学級を卒業した少女ふたりが、ルームメイトとしてアパートを借りて暮らす。初めての実社会。

Carl Hiaasen, Skink No Surrender

寄宿学校がいやで逃げ出した少女が危険な男 Wild Stink と出会う。"Double Whammy" の続編のようです。

Kate Milford, Greenglass House

冬。旅館を営む古い建物 Greenglass House はシーズンオフのはずだった。謎の一行が泊まりにきて、やがてその建物の謎があきらかに……。主人公は 12 歳、養子でもらわれてきた少年。

Eliot Schrefer, Threatened

母が亡くなり孤児院にいた少年。教授と名乗る男があわられ、チンパンジーの調査にジャングルへ向かう。新しい家族ができたと思いきや、ふたりは襲撃され……。

Steve Sheinkin, The Port Chicago 50: Disaster, Mutiny, and the Fight for Civil Rights

第二次世界大戦時、黒人部隊の海軍のドックで爆発があり、300 人以上が死亡。安全が確保されるまで仕事につきたくないと拒否した黒人兵士 50 人は、命令違反で起訴され処刑される。戦時下の人権問題。

Andrew Smith, 100 Sideways Miles

少年は世界を分ではなくマイルで見る。(……ってどういう意味だろう? 汗)お父さんがカルト的な人気を誇る作家で、その登場人物ではなく僕は僕なんだというために。

John Corey Whaley, Noggin

首を切られて冷凍保存された少年が 5 年後、別の体につけられる。前と同じ生活に戻れるのか。(首だけでいる状態のあたりがちょっと読みにくそう?)

Deborah Wiles, Revolution: The Sixties Trilogy, Book Two

3 部作の 2 作目。1964 年、少女の住む南部の町に人種差別解消の投票を呼びかける運動家たちがやってくる。白人の視点で、当時、政治的にどちら側かを選ばなくてはならなくなった若者を描く。

Jacqueline Woodson, Brown Girl Dreaming

人種差別の激しい 60 年代。南部で生まれニューヨークに引っ越した黒人少女は自分の居場所がちゅうぶらりんに感じる……あら、これ、詩の形式ですよ。サンプルをダウンロードしたけど、読みやすそう。


どの作品が受賞するのか、気になりますねー。


関連記事
blogranking.gif

洋書多読情報 | 10:40:42 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。