RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ブッカー賞発表
今年もブッカー賞が発表になりました。

公式サイト: Welcome to The Man Booker Prize 2014

イギリス連邦およびアイルランド国籍の著者による英語で書かれ、
イギリスで出版されている長編小説が対象でしたが、
今年から国籍は問わないことになり、
アメリカ人も受賞できると話題になりました。

受賞作は、こちら。
オーストラリア、タスマニア島在住の作家さんです。
(おめでとうございます!)

The Narrow Road to the Deep North
Richard Flanagan
0701189053

タイトル The Narrow Road to the Deep North は、
俳句の松尾芭蕉からとったそうで……ん?

そんな俳句があったっけ? としばし悩んで、気がつきました。
奥の細道!

第二次世界大戦中、日本軍の捕虜となった青年医師は、
その二年前、叔父の若い妻と愛し合う。
二人の愛を半世紀にわたって描く。

タイ、ビルマ国境にかけられた橋の捕虜収容所なので、
これは映画『戦場にかける橋』と同じなのでしょうか。

Kindle でサンプルを少し読んだ限りでは、
耳元でささやくような淡々とした文体で、
思わず引き込まれそうです。
(ほかの本を読みかけなのにー)

私は、ペーパーバックが出るまで待とうと思います。

関連記事
blogranking.gif

洋書多読情報 | 16:17:54 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。