RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
マーリーが絵本になった "Strike Three, Marley!"
難しいのを続けて読んでいると疲れるので、休憩です。

野球好きな甥が手にとらないかな~と親心ならぬオバ心で、
買ってみました。

Marley: Strike Three, Marley! (I Can Read Book 2)
John Grogan Richard Cowdrey
0061853860

野球場に連れてきてもらった
犬の Marley。
おとなしくしてられるかな?

★★★☆☆
読みやすさレベル1~2
490 語

星を減らしたのは、絵が日本人好みじゃないほうの
リアル系のやつだったから。
(個人の感想です)

図書館や多読の教室に、あればうれしいけど、
個人で買うには微妙かなあ。(スミマセン)

ただし、後述する マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと
ファンなら、ちょっとうれしいかも。

↓続きあり。

blogranking.gif


映画にもなっていたんですね。(観ていませんが)

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと [Blu-ray]
B003N25N6I


それにしても野球用語って、もともと英語ですねえ。
和製英語で覚えていたものが
「おおー、英語ではこう言うのか」って発見があって
何冊か読んでいるけど、そのたびに新鮮に面白いです。

いわゆる野球のアウトが出てきますが、
野球の out って、英語の out ですよね。
out ってこういう感じなのかなあ~と
先入観をはずして、頭の中をやわらかく。

そっちかと思って読むとそうでもなかったりして、
いちいちギョッとするのも面倒なので、
どんな out がきても
対応できるように、心の中で
out のイメージをふんわり広げてみたり。
言語化しない、ゆるいイメージにしておくほうが
使い勝手がいいみたい。

ベストセラーになった Marley & Me というエッセーがあり、
それをやさしく書き直して児童書にした Marley が出て、
さらにやさしい英語の絵本も出たようです。

John Grogan 氏のエッセー (89627 語)


児童書(37729 語)


絵本は、5 冊組のボックスセットがありました。
(私が買った本も入っていました、気がつかなかった)
Marley's Big Box of Reading Fun: Contains Marley: Farm Dog; Marley: Marley's Big Adventure; Marley: Snow Dog Marley; Marley: Strike Three, Marley!; and Marley: Marley and the Runaway Pumpkin (I Can Read Book 2)
John Grogan Richard Cowdrey
0061989452

作者の名前 John Grogan と Marley で検索すると、
もっとたくさん出てきます。


そして GR にもなっていました。
(GR:英語が母語ではない英語学習者向けに、
語彙と文法を制限して書かれた段階別読み物。
graded readers と呼んでいます)

Penguin Readers Level 2: Marley and Me (MP3 Audio CD Pack)
John Grogan
1408263912表紙の写真、かわいい!




関連記事
読みやすさレベル1 | 10:19:20 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。