RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ゲド戦記 1巻 "A Wizard of Earthsea" 読了
名を知られると術をかけられるって陰陽師みたい。
日本の平安時代のような感覚と思ったけど、
現代のインターネットもそうかも。

Wizard of Earthsea (The Earthsea Cycle)
Ursula K. Le Guin
0547773749

架空の世界を舞台に
少年 Ged が魔術師となり、
影と対峙する。

シリーズ 5 作+外伝 1 作の
Earthsea シリーズ第 1 巻。


★★★★★
60993 語
読みやすさレベル8~9
(米国での Reading Level 6.9 だけど、日本人の大人が読むにはYL8 だと思う)

blogranking.gif


子供の頃に読まずにきてしまったので、
話を知らないまま読みました。
ジブリの映画は観たけれど、ストーリーまったく関係なかった!

※アーシュラ・K・ル・グィンのジブリ映画についてのコメント
http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html

正直、『指輪物語』(YL 9)と同じぐらいだと感じましたが、
あそこまでの長さではないので、レベル8でしょうか。

『ゲド戦記』は、『ナルニア国物語』『指輪物語』と同じく、
ファンタジーというジャンルが確立していない頃に書かれた
草分け的な小説です。

こんな絵空事は子供だましであり評価に値しないという時代ですが、
それだけに気骨を感じます。
児童書ですが、とんでもない。
今どきのファンタジー小説より、よっぽど難しい。

先日おしゃべり会で教えていただきましたが、
ル・グインは人類学者の娘なんですね。
世界観の構築がすばらしい。

冒頭は、この世界の地理的な説明が続きます。
そこを飛ばしながら読んで、ゲドが学校へ行き始めると
面白くなりますから、そこまでがこらえどころ、かな。
(でも、あまり飛ばして読んでも面白くないと思う)

術をかけるには真の名を知らないといけないのだけど、
名は言葉であり、言葉にならないものへの畏れを感じました。
無意識の大海への敬意というか。

そのもやもやを言葉にしたい、でもその言葉は
私の言語にはなくて別の(古代の)言語になるというのも、
面白かった。

とはいえ、6 万語なのに 2 週間も抱えていました。
読む時はガッツリ読むのだけど、翌日開きたくなくなって
2 ~ 3 日おきに読んでいました。

Kindle 版はこちら。今のところ WordWise 機能には対応していません。 (2015 年 1 月 22 日現在)


関連記事
読みやすさレベル8 | 21:11:55 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。