RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
今どきの Kindle にはデフラグ(最適化)をかけちゃだめです。
「Kindle デフラグ」という検索ワードでいらっしゃる方がいて、
私が以前書いた記事がヒットしているのに気が付きました。

これは、訂正記事をかかねば! とあわてて書いています。

当時使っていた Kindle はハードディスクだったんです。(磁気ディスク)

今どきの Kindle Paperwhite、Kindle Fire、iPad などは
フラッシュメモリ(半導体チップ)なので、
むしろデフラグはかけちゃだめです。

(↓理由は続きに)

blogranking.gif


フラッシュメモリには書き換えできる上限回数があります。
(数十万回とか?)
デフラグは、メモリのそれぞれの番地(区画?)を地道に
片っ端から入れ替えてはまた入れ替えることを繰り返していくので、
たぶん一発で上限に達して、おしゃかになります。
(ギガバイトだったら少なくともギガ回数かかるのかしら。10 億回?
もっと効率よくやるのか、よく知りませんけど)

日本で発売されたのは、Kindle Papwhite 以降なので、
日本のアマゾンから普通に買ったものならフラッシュメモリです。
デフラグかけちゃだめなやつです。

(私が記事にしたのは、Kindle が日本に上陸する数年前、
アメリカから個人輸入した機種で、当時はハードディスクでした)

磁気ディスクだと読み出しに時間がかかるけど
(機械的に、なんだろう、レコードに針がウィーンて近づくイメージ?)、
フラッシュメモリーだと半導体チップですから
電子的に中を通り抜けていくので速く、
たぶん無茶な使い方をしてない限り、データーが分断されていても
そんなに遅くならないんじゃないかなあ。

(このあたり、「iPad デフラグ」で検索すると参考になるかも)

ハードディスク(HDD)とフラッシュメモリを使ったSSDは
富士通さんのこのページが中身の図があってわかりやすいかな。
SSD(Solid State Drive)とは

デフラグってなんですか食べられますかという方は、
とりあえずパソコンには磁石を近づけるな、
ウィーンて音しているときに蹴るな殴るな、
データ壊れるで、とだけ覚えていてくだされば。
(パソコンにはハードディスクが使われています。2015 年現在)

Kindle や iPad は、公式のアクセサリーで磁石で横に取り付ける
カバー(蓋?)がありますから、フラッシュメモリだと多少は
磁気に強いのかなあどうなのかなあと不思議です。

でも Kindle の正面や裏から磁石を近づけるとオン/オフするんですよね。
あまり機械にとって良くないかもしれません。
(私もあまり詳しくなくてすみません)

あと、フラッシュメモリは数年通電しないでいると消えちゃうようです。
使わなくなった Kindle もたまに充電してあげたほうがいいかも。


それにしても、Kindle を取り巻く状況もずいぶん変わりました。
昔の記事は日本上陸前の話で、当時は役に立つ記事だったんですが、
どうしよう、全部の記事を見直さないといけないのかなあと
頭を抱えています。


関連記事
Kindle (キンドル) | 11:29:41 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。