RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
twitter で小説を。#TwitterFictionFestival が面白かった!
今年はじめて知ったのですが、作家さんたちが twitter 上で
物語をつむぐ、Twiter Fiction フェスティバルが
5 月 11 日~15 日に行われました。

公式サイト: http://twitterfictionfestival.com/
公式ツイッター: @TWfictionfest

私は、その中から、トップバッターをつとめた Celeste Ng さん、
目玉であるマーガレット・アトウッドとレモニー・スニケットを読みました。
(スニケットは大好きな不幸本の、謎の作者です)
面白かったので紹介します。

blogranking.gif


1. Celeste Ng さん@pronounced_ing



連続ツイートのまとめはこちらで読めます。

https://storify.com/pronounced_ing/twitter-fiction-2015

これが面白かったのです。発想がすごい。

図書館の机の下にポストイットがはってあり(ポストイットの写真を投稿)、
そこには謎のメッセージと番号が。
図書館の本の整理番号とあたりをつけて本を探すと
その本にもポストイットが。
そうやって次々に本を探していくと
その本のタイトルとポストイットのメッセージで
別れた恋人への物語が浮かんでくる、
本好きの心をくすぐる物語でした。

それにしても、こんなにピッタリのタイトルの本があるんですね。すごい。

2.マーガレット・アトウッド@MargaretAtwood



連続ツイートのまとめはこちらで読めます。

https://storify.com/BexWrites/margaret-atwood-twitterfiction

飛行機の中で思いついた物語だそうです。
架空の映画を飛行機の中で見ている人が
その感想をリアルタイムでツイート、
どんな映画か読者が想像するという趣向。

正直、これはよくわかりませんでした。
少ない語数で想像させるものは、一語がわからないときの
ダメージが大きいです。(芸術系絵本によくあるやつ)

でも、文字数の制限がある中で、ちゃんとストーリーを作るあたり、
そしていかにも twitter らしいところがすごい。

3.レモニー・スニケット@lemonysnicket

唯一、リアルタイムでツイートを読みました。
次のツイートがくるまで、楽しみで、楽しみで。



健忘症にかかった作者をみんなで助けて、謎解きをしよう!
読者参加型です。

連続ツイートのまとめは、こちらからどうぞ!
https://twitter.com/twittermedia/timelines/598935822734241793

よく考えたら、ただいま進行中の新シリーズ All The Wrong Questions に
関係していました。(登場人物たちが出てきます)
木の下にいるのだけど、どうやってここまできたのか、
木には twitter でつぶやく小鳥さんたちがいるから、
どうか教えておくれ……。

読んでから参加すれば、もっと面白かったと思いますが、
読んでなくても楽しめました。
そして、All the Wrong Questions のシリーズが読みたくなりました。
うぬう、またしても、作者の術中にはめられるのか……。
いけずな文体が癖になる。

偶然かもしれませんが、私も勇気を出して
あてずっぽうの返信をしたんですけど、
その後すぐにスニケットが箱をみつけたと言って
The box is small but very heavy, like the poetry of Basho, ...
とツイートしたんですね。

芭蕉が出てくるなんて、Welcome! と言われた気がしました。
日本から返信があったとわかって
作家のイマジネーションがふくらんだのかな。
だとしたら、うれしいな。
(と、妄想できるのがリアルタイムで参加したうれしさですね!)

<全体>

今は公式サイトも変わっていますが、開催期間中は
どの作家が何時にツイートするかスケジュールが出ていました。

また、公式ツイッターをフォローすると、今からはじまるよ、と流れてきます。

その作家さんをフォローすると、そのあとツイートが流れてきて
タイムラインで読めます。

作家さんによっては、今日はここまで続きはあとで、という方もいたり、
こんな夜中に読んでる人いるのかな、今日はやめた、という方もいたり、
ある意味アメリカンと思いました。

その点、有名な作家さんのほうが、しっかり準備して
のぞんでいる印象でした。

来年もやるのかな、楽しみです!
関連記事
WEB 上の読み物 | 09:57:11 | Trackback(-) | Comments(-)
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。