RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
08月 « 2020/09 » 10月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
はじめての児童書
ずっとペンギンやオックスフォードのレベル2の GR を読んでいた中学2年生が、Nate the Great にハマりました。4冊借りて帰ったよ。

その読みっぷりが実に堂々と、ニヤニヤとしていてね。
自分でどんどん本棚から出して帰った。

Nate the Great (Nate the Great Detective Stories (Paperback))
Marjorie Weinman Sharmat
044046126X


それから、GR ばかり読んできた年配の男性。児童書も読みたいのだけど、どれを読んだらいいのかわからない(もう100万語近く)。

英語圏の子供向けの本はネイティブらしい表現が満載で、いきなり読むと凹むことがあるのを説明した上で、Frog and Toad Are FriendsYoung Cam Jansen シリーズをご紹介。

以上、ブッククラブにてでした。
(最近はずうずうしくなってきたので、どんどん自分から声をかけて本のお薦めをしちゃうのだー・笑)
関連記事
blogranking.gif

読みやすさレベル1 | 10:38:23 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント

Julieさん初めまして!
FC2のトップページに、こちらのブログが紹介されていて興味を持って尋ねて来ました。ちょうど長年遠ざかっていた英語を勉強をし直したいと思っていたので。中高生時代によく通った洋書屋で買って読んでたオックスフォードの本達はGRって呼ぶんですね、初めて知りました。Nate the Greatの表紙を見て、高校の宿題で『Mrs. Pepper Pot』シリーズの読破が出されたのも思い出しました。あれも児童書なのでしょうか?この本を先生が選んだ理由の一つにノルウェー語を英語に翻訳したものなので文が読みやすいというのがありました。やっぱりネイティブのものは読み難いので避けたのでしょうね。
SSSも初めて知りました。知らない単語はそのままにして、わからない文は飛ばして、つまらなければやめてしまえなんて斬新ですね~。なんでもキッチリやらないといけない日本の教育と違って、私のいい加減な性格に合ってそう。
ということで早速、懐かしさも含めて洋書屋へ行ってみたいと思います!さて、今の私のレベルはどのくらいなのかしら?SSSの新しい世界に触れてワクワクしてしまいます。
では、突然,失礼しました。。。
2006-04-24 月 21:47:54 | URL | sato #rMrDjJbs [ 編集]

sato さん、初めまして!
コメントありがとうございます!
わくわくが伝わってきて、嬉しくなりました。

スプーンおばさんを宿題で読んでいたなんてすごいですね。レベル2~4のようです。学校の宿題で辞書を引きながら読むのは、それくらいのレベルのことが多いですねー。SSSでは、(予算の許す限り)レベル0からを奨励しています。和訳しないで楽ちんに読める感覚をチェックしてみてくださいね。

日本語でも実は100%理解しているわけではなくて、飛ばしながら読んでいます。英語でも飛ばして読めるようになると、日本語読書とかわらない感覚になってきますよ。

趣味の読書として Happy Reading♪
2006-04-25 火 14:00:51 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なつかしの洋書
トップページににSSS方式(Start with Simple Stories) をやってらっしゃるJulieさんのブログが出てて興味が沸いたので早速お邪魔して来ました。(^^)翻訳の出来なさに,もう一度英語の勉強をやり直し 2006-05-05 Fri 22:30:49 | 天国への階段
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪