RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
08月 « 2020/09 » 10月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
翻訳学習
山の音
川端 康成
4101001111
サイデンステッカー氏の英訳 "The Sound of the Mountain" を読んで日本語に翻訳し、自分の訳文と、川端康成氏の美しい文章を比べて凹むという楽しい企画です(爆)。

The Sound of the Mountain をふと覗いたら読めそうだったので、1章やってみました。

辞書はどうしようか迷ったのですが、辞書の訳語のような言葉は川端は使ってないと思ったので、使いませんでした。わからない単語は前後関係からだいたいの内容を把握して、その内容を川端だったらどう書くのだろう、自然な日本語にしたらどうなるのだろうと思いながら進めました。(『山の音』は数年前に読んでいます)


結果は…

いやはや、のけぞりました!

サイデンステッカーは英語として自然になるよう工夫をこらしています。川端は自然な美しい日本語を追及しています。1文を1文で訳していないし、前後の入れ替え、省略、補い訳のオンパレード。そして確かに、そうしないと英語にならないのです。英語と日本語は、こんなにも違うものなんですねえ。

なかでものけぞったのは、1章最後の一文です。

"He felt that a life was being lost."

サイデンステッカーは、冗長な長文を重ねた後、シンプルな文章で締めています。英語だとそのほうが力強く印象に残ります。川端はシンプルな文章を重ねた後で、やや冗長と思える文章で締めています。

「信吾は失われてゆく人生を感じるかのようだった。」

「~かのようだった」英語に直訳したら仮定法など複雑な構文で書きたくなる文なのに、サイデンステッカーは直球勝負です。

でも、それぞれ印象に残ると思いませんか。英語と日本語で、印象に残る文章、強調の仕方が逆になると感じました。

こうなってくると、1文1単語でアプローチしても翻訳になりませんね。せめて1章単位で小説として書き直さないとダメだあ~と思いました。(^^;

あ、わからなかった単語は、当たらずしも遠からずなところに、ちゃんと着地してましたよ。翻訳というよりも、英語らしさ、日本語らしさの断層をみた思いでした。さすがにレベルが高いので、続きはもっと本が読めるようになってから、かな。
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 09:42:49 | Trackback(0) | Comments(16)
コメント

Julieさん、こんばんは。
この前はアドバイスありがとうございました(*^_^*)
実はSSSのサイトで、私が住んでる札幌にもブッククラブがあるのを見つけました!
しかも通勤途中なので交通費かからない場所。
連休後にでものぞきに行ってみようと思ってます(^・^)
2006-04-28 金 21:30:02 | URL | Run #- [ 編集]

札幌ブッククラブみつかってよかったですね!
Runさん、ラッキーですね!
ブッククラブを利用できると多読の初期費用をかなり抑えられると思います。
札幌のブッククラブは、北海道のタドキストたちが協力して本の整理などしたそうです。5月20日には紀伊国屋で酒井先生の講演会があり、その後おしゃべり会(飲み会?)もあるそうですよ!
http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=8973
いいタイミングなので、講演会に参加できるといいですね♪
かなり初期の頃から多読をしてらっしゃるジアス兄さんのブログはこちらです。
http://ch.kitaguni.tv/u/10275/
2006-04-29 土 14:23:51 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ウェディングの洋書を探していて、ふいに辿りつきました。日本の純文学が英訳されているなんて、読んでみたいですね。
2006-04-29 土 22:43:20 | URL | ウェディングプランナーのお仕事日記 #dGo7Yo4k [ 編集]

こんばんは、最近SIRやICRを過剰摂取中のミグです!随分ムチャクチャな事をしますねー。でも戦前の外交官が英文を和訳して、再度その和訳を英訳するという荒行(?)をやっていたらしいです!
ミグ遠藤周作のDeep River(ISBN0804820139)や宮崎賢治のThe Restaurant of Many Orders(ISBN4770027257)などをミカン箱に入れてますが、同じ事を試すならお貸ししましょうか?

2006-04-29 土 23:53:06 | URL | ミグ #- [ 編集]

◎ウェディングプランナーさん

ご訪問ありがとうございます。
日本の純文学ばかりか、ノルウェーの森やキッチンも英訳されてますよ。もちろん MANGA も!

◎ミグさん

『山の音』をやるのはね、翻訳の勉強をする人の間では有名な勉強法なんです。なんたって自宅で、川端とサイデンステッカーが先生・・・(笑)。川端が「和語」にこだわる作家なので面白いんです。漱石や三島だと英語の影響を受けた漢文調なのでね(^^;
川端だからやってるわけで、他の作家をやる体力はないですー。(それに訳してると英語が読めなくなる~・爆)お申し出、ありがとうね!
2006-04-30 日 09:35:13 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

わかりましたー
わかりましたー。川端康成限定なんですね。ご紹介した本、ミカン箱に戻しましたので…でも、川端作品を使用するのが翻訳の有名な勉強法とは知りませんでした。
Julieさん、あまり無理せず翻訳学習はハッピー リーディングの妨げにならない程度に…
ではでは
2006-04-30 日 22:37:19 | URL | ミグ #- [ 編集]

Donald keene & 川端 康成
こんにちは~

対訳 竹取物語 ISBN: 4770023294 というのを 借りてきて 現代語訳と 英訳を
比べたことがあります。

Donald keene の英訳
川端 康成 の 現代語訳

なわけですが、原文を全部読んだことはないので....ですが
英語だと情緒が感じられないのは、自分の英語力不足のような気もしましたが (笑

元は同じ物なのに世界が違うように感じます。
2006-05-01 月 11:06:59 | URL | 久子 #- [ 編集]

◎ミグさん

はーい、お申し出ありがとうでした!

◎久子さん

これ面白そうですね。
その世界の違いを読んで、くらくらしてみたいです(笑)。
2006-05-01 月 23:57:34 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Julieさん

面白いことをされたんですね。
へぇ~と驚いていたら、有名な勉強法だなんていうのも拝見してまたもやびっくりです。
誰がどんな文体だとか言うのもさっぱり分からんのですが、とにかくワクワクするような実験をしていたのだ!というふうに受け取りました。
読み比べるに止まらず、表現の世界に足を踏み入れていかれたんですね。
草木を分け入って黙々と歩いていくと、素晴らしい風景が見えるんだろうな。
またのお茶目なレポート楽しみにしています。
2006-05-03 水 22:12:57 | URL | Dre-dre beauty #eDiGCEZ6 [ 編集]

Dre-dre さん、こんちはー!
コメントありがと!
たしかに、ワクワクするような実験でした。
凹むというよりね、2人の巨匠の技に惚れ惚れしましたよ。
そのうち、また実験したいと思います。
2006-05-04 木 23:18:56 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

はじめまして!
私も、以前、翻訳の仕事をしていたので、たいへん興味深く読ませて頂きました。
面白い試みですね!
でも、そうとう凹みそう……。
ちょっと勇気が要ります。
2006-05-05 金 13:10:54 | URL | ちょいハピ #- [ 編集]

ちょいハピさん、コメントありがとうございます!
翻訳の仕事をされていたなんてすごいですね。
かなり変えてあるので、川端の文章には絶対なりません(笑)。ある種の「答え」を期待して日本文を見ると大違いで笑っちゃいますよ~。
2006-05-05 金 23:21:36 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Julieさん、おもろいことやってるねぇ。
なかなか、楽しく読ませてもらいました。僕もこの英訳本読んでみようかな。
実は、今DHCの和文英訳の通信講座受けてます。日英翻訳ワークショップというやつでいろんな題材を英語に訳してNative Speakerが添削してくれます。「山の音」の英訳本参考になるかも。
ではでは。
2006-05-16 火 02:57:43 | URL | モーリン #- [ 編集]

モーリンさん、こんばんは!
日英のほうが英日より単価が高いって言いますね。モーリンさんすごいなあ。私はムリムリっす(笑)。

「山の音」は産業翻訳にはあまり参考にならないような、すごく参考になりすぎて深みにハマるか、どちらかのような気がします。少なくとも直訳はないような・・・。

と書いて思い出しましたが、酒井先生が「サイデンステッカーは直訳が多いと批判があるけど、山の音はそうでもなかった?大丈夫だった?」と言っていました。私は直訳になってないことにびっくりしたけど、もしかしたらそれで当然のレベルなのかも???
2006-05-16 火 23:34:27 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

こんにちは。
ほかの翻訳者と話しても単価下がってるようです。なんか特徴出さないと、これからは厳しそうです。私はずっとオンサイトでここ半年はQA(レビュア)です。でも2~3月に友人から頼まれて和文英訳をやりました。以下のページの "Facirities" および "Banquet" から検索できる施設の紹介がそれです。よかったら覗いてみて。
http://www.welcome.city.yokohama.jp/convention/eng/index.html

ではまた。
2006-05-18 木 02:26:10 | URL | モーリン #- [ 編集]

QA
QAって大変そうですねえ。翻訳支援ソフトが妙な訳語を入れちゃうことがあるし。でも、そこにモーリンさんみたいな力のある人がいると頼もしいですね。
英訳もさすがだなあ。すっと読める・・。
2006-05-18 木 13:07:29 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪