RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12月 « 2020/01 » 02月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
レモニー・スニケットのサイン会
flyingace さんのブログで、『世にも不幸せな物語』(通称:不幸本)の筆者サイン会の様子を伝える CBBC の記事が紹介されています。

Lemony Snicket comes out of hiding

ええと、不幸本をまだ読んでいない方のために、
僭越ながら、事情を説明をさせていただきます(汗)。


  • 筆者 Lemony Snicket 氏は敵の魔の手を逃れ、逃亡生活を送っている。
  • 同時に、Baudelaire 家の孤児たちの足跡を取材して本を書いている。
  • 本の原稿は逃亡先から追手の目を盗んで、編集者へ送られる(受け渡し方法は毎回スリリングらしい)。
  • Lemony Snicket 氏の正体は Daniel Handler 氏であるという噂がある。
  • Daniel Handler 氏は自分が Lemony Snicket 氏であることを否定し、あくまで代理人であると主張。
  • サイン会には Daniel Handler 氏が代理で出席。
  • Lemony Snicket 氏は、脇をワニに噛まれたため欠席となった。


    たいへん不幸な偶然に襲われた Lemony Snicket 氏に、
    千羽鶴を送りたい気持ちでいっぱいです(笑)!!



    もっと詳しく知りたい方へ
    ダニエル・ハンドラー:フリー百科事典『Wikipedia』へのリンク

    A Series of Unfortunate Events: The Loathsome Library (A Series of Unfortunate Events)
    Lemony Snicket Brett Helquist
    006083353X
    1~6巻のボックスセット
    関連記事
    blogranking.gif

  • 読みやすさレベル5 | 16:41:50 | Trackback(0) | Comments(3)
    コメント

    へ~なるほど~。面白いですね~。ご紹介ありがとうございます。
    そんな説、まったく知りませんでした(有名な話なのですか、もしかして?!)

    こういうのって、同時代で読んでいる子供にはたまらなく魅力でしょうね。
    2006-06-01 木 08:46:11 | URL | Hazel #DjOCIH06 [ 編集]

    1~6巻のボックスセットって気になりますよね。次に7~12巻が出るとして最終13巻が半端になる...ここで何か仕掛けがあるとおもしろいなぁ。13巻は1~12が全部はいる箱!だったりとか...
    2006-06-02 金 09:31:25 | URL | ぶひママン #- [ 編集]

    Hazel さん、ぶひママンさん♪
    ◎Hazel さん

    Count Olaf の一味に日夜追われつつ(?)本を書いているはずの Lemony Snicket さんが作中人物で、本当の作者は別にいるなんて説、失礼しちゃいますよねー(笑)。
    サイン会、魅力的ですよね。
    わたし達も同時代で読んで、The End を待つ楽しみを共有したいです♪

    ◎ぶひママンさん

    わーい、コメントありがとうございます♪
    とっても不幸な仕掛けがあると面白いですね。全巻入る箱だったけど、必ずつぶれているとか。
    2006-06-02 金 20:16:15 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    SEARCH BOX
    読みやすさレベル (YL)
    文字なし絵本・・YL0.0
    ハリポタ1巻・・YL6~7

    おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
    快読100万語!ペーパーバックへの道
    快読100万語!ペーパーバックへの道
    酒井 邦秀

    詳しくは→NPO 多言語多読

    PROFILE

    Julie

    • author: Julie
    • A Japanese grown-up :)

      多読 3原則
      1.辞書は引かない
      2.わからないところは飛ばす
      3.あわない本はドンドンやめる

      洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

      目からウロコの英語多読をしています。

      英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

      日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

      楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
      Happy Reading♪

      2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
      2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
      2006年9月 1218冊、1000万語通過
      2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
      2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
      未読本は心の余裕!

      Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
    • RSS
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    多読 LINKS
    ♪お世話になってます♪