RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
辞書を引かないのに単語がわかる!?
多読をはじめたばかりの頃、辞書を引かなくて単語がわかるようになるのか不思議でした。今日は、最近した体験談です。

Wolvesブラックなオチのきいた絵本 Wolves を読んでいたら、狼たちがダンボール箱に入ってる絵がでてきました。

本文には a pack of wolves ... と書いてあります。

なんで箱に pack されているんだ……?

狼の生態を説明しているところなので、狼は○匹~○匹で行動しますという意味になりそうなところでしたが、絵の意味がわかりませんでした。

頭の中に「?」のフラグが立ちました。(←これが大事!


その後、Hatchet を読んでいたら、a pack of wolves というフレーズが出てきました。

この本は、ヘリコプターが墜落し遭難、手斧ひとつを頼りにサバイバル生活を送るという物語です。そのなかで、森の奥を探検したいけど、a pack of wolves に出合ったらどうしようという場面がっ。


このときビビビとひらめきました!

狼の群れを数えるときに、a pack of wolves と言うにちがいない。


こんなふうに閃くときは、実は、それまでにも意識していなかったけど、何度も同じフレーズに出合っていると思われます。

そしたら出てきました。


Magic Tree House の12巻 Polar Bears Past Bedtime をシャドーイングしていたら、狼の遠吠えがして a pack of wolves かも~~という場面。

この本を読んだのはずいぶん前ですが、そのときは前後関係から狼の群れのことだなと思った記憶があります……(^^;

思ったけど、前後関係でなんとなく納得して忘れたようです(^^;

絵本で、狼がパックされている絵を見て、はじめてこの言い回しを意識したようです。

なんだー、3年前に出合ってるんじゃーん。


そして、ダレン・シャンを読んでいたら、また出てきましたよ。

狼の群れに出合って絶体絶命のピンチになります。
その騒動がおさまったあとで、登場人物の一人が
「a pack of vampire」という言い方をします。

詳しくあらすじを書けないのですが、
ここでは、ヴァンパイアを狼になぞらえるというジョークを
言っているのだなと思いました。

ニヤリ……。(^^)


いろんなことが繋がってきて、こういうのが言葉を豊かにしてくれるのだなと思った体験でした。

本日の結論

◆ 多読で多くのシーンで出合うことで、言葉が豊かになる。

◆ なんとなく流して読んでいた言葉でも、絵本で出合うと強烈な発見がある。

◆ やっぱり絵本はいい♪

WolvesHatchetPolar Bears Past Bedtime (Magic Tree House (Sagebrush))Magic Tree House CD Edition: Books 9-16Vampire Mountain (Saga of Darren Shan)
関連記事
blogranking.gif

洋書多読情報 | 12:15:01 | Trackback(0) | Comments(14)
コメント

記憶の中の
今までに読んだ何冊もの本の中の一場面一場面が繋がって、ひとつの言葉が理解できる・・・その瞬間って嬉しいですよね♪
私はまだ同じ本の中で前後の文章から理解できたコトしかないのですが、その時はとても嬉しい気持ちになりました。
これからも楽しんで読んで、読んで、読んで、いつか以前に読んだ本の場面と繋がって理解できる、そんな瞬間を楽しみに、色々な本を読んでいけたら、と思います。
2007-01-19 金 13:22:39 | URL | YOKKO #z8Ev11P6 [ 編集]

こんにちは
10万hitおめでとうございます。
英語では経験ないですが、日本語でこの感動は経験しました。純日本人ですけど。
英語が苦手なのですが、だんだんその気になってきてしまい、自分でも単純だと思います。
少しずつ試してみようかな…。
となるとまず洋書ですね。
2007-01-19 金 16:01:01 | URL | 猫まんま #XPf/GE5Q [ 編集]

気がつかなかった~
おととい、MTHのPolaer Bears...を読んだばかりですが、a pack of wolvesには気がついていませんでした。
a lot ofの親戚かな、くらいの認識で飛ばしていたようです。
記憶にも残ってなかったです。
ちょっと前の絵本の会でJulieさんに"Wolves"を紹介してもらって、説明も聞いていたのに。。。
まだまだいろんな英単語や言い回しとの出会いが足りないのでしょうね。
来月で多読2周年になる夜行猫でした。(今日はシモネタじゃないぞ!)
2007-01-19 金 22:19:02 | URL | 夜行猫 #r7kgzLsk [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-01-20 土 11:11:28 | | # [ 編集]

YOKKOさん、猫まんまさん、夜行猫さん、こんにちは!
♪YOKKOさん

「アハ!体験」というか、そうやってわかったときってうれしいですよね!言葉が自分のものになる体験ですね。(逆に、この体験がないから単語帳で暗記した単語は使うときに英語としてピントが合わなくなるんですよねえ)

♪猫まんまさん

日本語でも単語の説明をきいただけじゃわからなくて、実際に使ってる場面に何度か出会ってから自分のものになりますよねー。

はじめるなら、まず、酒井先生の『快読!100万語』を読んでみるのがいいと思います。わたしは新宿のブッククラブを利用してます。(横浜、大阪にもあります)

ブッククラブの案内:
http://www.seg.co.jp/bookclub/index.html

とりあえず本屋さんの雑誌コーナーで「多聴・多読マガジン」をゲットしてみるのはどうでしょう?やさしい英語の本がいくつか収録されています。

♪夜行猫さん

うん、今は大きな意味のところが染み込んでくる時期だから、細かいところは、すっとばしてていいんだよー。わたしだって pack に目がいくようになったの900万語超えてからだもん(爆)。今の時期に細かいところを意識するとかえって読めなくなるから、大きなところを読んでいってください(祈)。

♪匿名希望さん

おっけーですよー。
2007-01-20 土 14:57:57 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

はじめまして
こんにちは、はじめまして。
時々遊びに来ています。

私も以前多読にはまっていましたが、しばらく遠ざかっていました。今年になってまた、多読を再開しようと思っています。

Julieさんの読んだ本を参考にさせていただきたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。
2007-01-20 土 15:37:28 | URL | ねこつめ #- [ 編集]

『快読!100万語』を探し始めました。
アドバイスありがとうございます。
2007-01-20 土 20:54:43 | URL | 猫まんま #XPf/GE5Q [ 編集]

ありがとー!
Julieさん、おもしろい、具体的な、体験談、ありがとー! これ、「こども式」で引用または亜リンク?させてもらっていいかな?

夜行猫さん、a pack of なんて a lot of の親戚かな?でいいんですよー! (実際そうだし・・・)そのうちもうちょっとくわしくわかってくるからね、それでいいとおもー。

それに、Julieさんも夜行猫さんも、そういう「あ、そうか!」(アハ体験のアハはひどいとおもー)っていう瞬間を待っている語や言い回しが体の中にいーっぱいあるんだと思うよ。これからも楽しみだね!!
2007-01-21 日 10:38:22 | URL | さかい@tadoku.org #- [ 編集]

ねこつめさん、猫まんまさん、コメントありがとう!
♪ ねこつめさん

もしや遠ざかったきっかけは、100万語達成したから、でしょうか(汗)。
間があくと前に読めたレベルが読めなくなってることもあるので、やさしいやつからリハビリしてくださいねー。

♪猫まんまさん

みつかるといいですね!
2007-01-21 日 19:07:50 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

さかい先生、コメントありがとうございます!夜行猫さーん!
♪さかい@tadoku.org さん

リンクでも亜リンクでも?、どうぞよろしくです!
"A-ha!" って馬鹿にしたような響きを感じるんですが、気のせい?(笑)。

夜行猫さん、読んでるかな~、読んでくれるといいな~。
2007-01-21 日 19:14:42 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

さかい先生、Julieさんありがとう~
Julieさん、祈ってくれてありがとうございます。これからも大雑把リーディングで楽しく読んでいきます。
さかい先生も、コメントありがとうございます。Happy Readingで、たんすの肥やしならぬ、無意識領域の肥やしをどんどん貯めていきます。

A-ha!といえば、そういう題名のジョーク本(邦訳)を読んだことがあるので、私には笑顔のイメージがある単語です。
洒落が解って楽しい、ピン!ときて嬉しいって感じかな。
その点「腑に落ちる」という日本語は「身に付く」に通じるものがあって重みのある言葉だと思います。
2007-01-22 月 15:36:46 | URL | 夜行猫 #r7kgzLsk [ 編集]

夜行猫さん、ありがとー
> 無意識領域の肥やしをどんどん貯めていきます。

いい言葉だねー。
「腑に落ちる」も好きー。
わたしも貯めるぞっとおもいました。
(でも腹の肉はおとしたい)
2007-01-23 火 00:11:19 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

packs of wolves
Julieさん、おはようございます♪
絵本を読んでいたら、『packs of wolves』って出てきたんですよ(*´∀`*)
Julieさんの記事にあった!あった!と思って、嬉しくなってしまいました♪
暗記・勉強ではなく、こういった瞬間を大切に読書を楽しんでいこうと思います!

リンクさせて頂きましたので、ご報告させて頂きますね♪
これからもどうぞよろしくお願いします!
2007-02-08 木 06:55:18 | URL | YOKKO #z8Ev11P6 [ 編集]

YOKKOさん、ありがとうございます!
出合いがありましたか!(^^)
気になり始めると、どこかで出合いがありますね。
これからも楽しく Happy Reading♪
2007-02-08 木 12:58:42 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。