RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
オフィスで使えない英語
雑誌で、オフィスでの日常会話をあつかったものがあったので立ち読みしました。勤務態度編として、

彼はさぼっている。
いつも朝遅れてくる。
マイペースで仕事をしている。

などといった例文が並んでいましたが、ネガティブすぎて唖然…(^^;

英語では、誉めるのが基本!
誉め方を教える前にグチを教えてどうするっ。

この例文ね、英語に訳したのを読むと
とってもトゲトゲしく感じました。


日本語で言いたいことを英語でも言えるってことは
一見理想のようにみえますが、
日本文化の発想のまま英語に置き換えても
それは英語(英語の文化)ではないのだー!

…と思います。
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 15:06:52 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント

英語表現
わたしも全くそのとおりだと思います。

良い具体的な例がすぐに思いつかないのですが、
「~を英語でなんていうの?」と聞かれても、
「いや、英語でそういうことって言わないし...」ってことも多々あるかなぁと。
そういう時に改めて文化の違いとか確認できたりするんですよね。
イギリスとアメリカでも違ったりするし...
2007-03-14 水 06:48:52 | URL | ぶるーべりー #8LCdvow6 [ 編集]

ぶるーべりーさん、コメントありがとうございます♪
そうそう、まさに
>「いや、英語でそういうことって言わないし...」
なんですよねー。

そういえば、「拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」ってこれでいいのかなあと労作の英作文をみせられたことがあります。

メールだから「Hi, Bob.」でいいんだよと応えました……。(相手の名前が Bob だった)

Hi って、簡単な単語なのに、使いこなせないのは、なぜでしょうね。状況と言葉を結びつけて吸収しないで、Hi はハーイ!とだけ思い込んでるから??
2007-03-14 水 11:58:56 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

「Hi」でいいものなの!?
Julieさんこんばんはー。
仕事でまったく英語を使わない私に仕事相手へのメールで「Hi」でいいなんてびっくりしましたー。
仕事だとさ「拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」とまで書かなくっても「いつもお世話になっております。」とかは使うじゃない。
これを英語にとは思わないけど、そういう感じの雰囲気の英語ならではの言い回しとかってあるものなのだと思ってた。
そうかー。違うのか~。
やっぱり私の中では「Hi」は「ハーイ!」かも。
2007-03-19 月 00:57:31 | URL | おーたむ #akW1sRJg [ 編集]

おーたむさん、ハーイ!
ええっと、仕事でよくみかけるのはこんな感じの出だし。

Hi, Autumn-san.

Thank you for your commnet about "hi".

この出だしだと for の後を入れ替えれば「おーたむさん、いつもお世話になっております。○○の件についてですが」というあたりが一遍に言えて便利です。よく真似してました(爆)。そういえば、おーたむさんが audible.com から受け取ったメールも出だしは「Thank you for ...」だったね。^^
http://autumn.pepper.jp/diary/archives/2007/02/07_2318.php
2007-03-19 月 10:06:57 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。