RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
映画『リトル・ダンサー』がGRになった
rfuji さんのブログで紹介されていて知りました。rfuji さん、ありがとう!

Billy Elliot (Penguin Longman Penguin Readers)
Melvin Burgess
1405850000
男の子だけどバレエ・ダンサーになりたい Billy Elliot くんの物語。意外と男くさい話でした。

背景としては、80年代サッチャー政権が炭鉱の閉山をすすめており、炭鉱の町はストライキで闘っているところ。誰もが貧しく、やり場のない怒りが街に満ちている。そんななかで、バレエの世界と出合った Billy くん、息子にはボクシングをさせたかった炭鉱夫の父(これが渋い! 高倉健のよう)、将来への不安を暴力で発散するしかない兄。

映画『フラ・ガール』と比較するのも一興。炭鉱とフラダンス、炭鉱とバレエって似てるでしょ? 『フラ・ガール』の時代は、女の子が裸に近い格好で、というところに時代の嫌悪感がありましたが、Billy くんの場合は、男がバレエなんて「ゲイ」じゃないかと「ゲイ」が認知されはじめた時代です。

11歳ということで、淡い性の揺らめきのような要素があります。(ちょっと胸キュン、ただし18歳未満)。

★★★★★
レベル3
12931語
(80分くらいで読み終わりました。分速160語……自分では120語くらいで読んでると思ってた)


Billy Elliot
Melvin Burgess
1903434335
読んだ方のレビューはこちら。

あずきさん
雫さん

映画やGRのあとでノベライズへ進む道もありますよね~。


▽ポチッとお願いいたします。
関連記事
blogranking.gif

読みやすさレベル3 | 14:53:36 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント

気になってるんですが

ニホンの場合は
オネェ言葉というものがありますよね

それで、だいたい本読んでても分かるんですが

英語の場合、ゲイだとわかるのでしょうか?

どうやってみわけるのでしょうか?
2007-10-01 月 17:54:27 | URL | AKIRA #- [ 編集]

オネェ言葉
ゲイがでてくる小説をあまり読んでないのですが(爆)
それでも読んでるとゲイだってわかるなあ。
なんでだろう。

そういえば、男に向かって、baby とか sweetie なんて言ったりしてますねー。
2007-10-02 火 09:09:03 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ゲイについてのコメントが展開されていますが、
ペーパバックを読めるようになると、
ゲイが登場する作品にも出会えるのだなぁ~と
記事とは別なところで反応してしまいました(^^);

記事を紹介してくださって、ありがとうございます。
フラガールとの比較が面白かったです。
確かに似ている話ですね~。
雫さんの記事では、ノベライズも読みやすいとのこと、
ぜひぜひ、そちらも読んでみたいと思います♪
2007-10-02 火 11:24:40 | URL | rfuji #obWbQ39E [ 編集]

rfuji さん、こんばんは~♪
すごくいい話で感動しました~!!
ご紹介ありがとうございました♪

(という話がしたかったのに、
なぜゲイの話になっていくのか…
自業自得ともいいますが・爆)

映画も観たいです。
この子が踊るところを観てみたいと思いました!
2007-10-02 火 20:14:20 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。