RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
01月 « 2024/02 » 03月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
ハリーポッター7巻の読み方
読了してから時間も経ったので、これからハリポタ7巻を読もうとしている方のために、参考になりそうなことを書いておきます。

(なにも知りたくない方は読まないでください)

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling
07475910591章~3章のあたりで進まなくなった方を念頭において書いています。○○のシーンから面白くなるからそこまではガマンねという内容です。(若干のネタバレはあります)


(それでもよかったら、続きをどうぞ)


▽続きの前にポチッとしていただけると喜びます。
blogranking.gif


1章は「お通し」です。
雰囲気を味わって先へ進みましょう。

また、1章では、ある登場人物が出てきます。
「この人誰だっけ? と思った」という証言を、
1章を読み終わった複数の人から聞きました。
それくらいの雑魚キャラ(もしくは新しい登場人物?)です。
どうぞ、そこで立ち止まらずに先へ進んでください。
ただし、この人物、この7巻の中では今後も出てきます。

2章は「刺身のツマ」です。
いよいよハリーが登場します。でもまだ話は動きません。
今までのあらすじを確認する章です。
ちょっとイライラします、ムカムカします。
でも、ここで投げてはいけません。
本が楽しくないのは、いやーんバカーんな内容だからです。
(このあたりのローリングさんの手腕は流石です)

3章、ここからいよいよ話が動き出します。
Dursley 一家が登場します。
ハリポタのオープニングはこれじゃなくっちゃ♪と思いながら、
ハリーをいじめる Dursley 一家に腹を立てて読みます。
イライラします、ムカムカします。
でも、ここで投げてはいけません。
本が楽しくないのは、この一家が不愉快だからです。
そしてニヤッとするところもあります。お楽しみに♪

4章、ここからようやく魔法がはじまります。
わくわくします。
ここまでくれば、助走がついて走り始めるでしょう。

ただーし!
魔法の世界がはじまると、なんだかよくわからない描写も出てきます。
英語がわからないのではなくて、ハリーにも、読者にも
何が起こったのかわからない描写にわざとなっているのです。
ハリーと同じように不安な気持ちで先へ進んでください。
先へ進めばわかります。

そして、、、

「炎のゴブレット」の巻では、魔法の世界へ入ったものの、
世界大会の催しが長すぎて、
そのあたりで挫折した方も多かったと思います。(私です)。
そこを越えて、学校へたどりつけばシメタものでした。


そういう意味で、
本当に話が動き出して面白くなるシーンは、、、


(あくまで私見です)


















結婚式のシーンのあとからです。




このへんまでいけば楽しくなるので、
結婚式が終わるまでこらえて、たどりついてください~。


ではでは、どちらさまも Happy Reading♪
関連記事
ハリーポッター | 12:38:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪