RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
02月 « 2024/03 » 04月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
「眉」じゃなかった(^^;;
今まで、ずーっと「眉」だと信じて疑わなかった単語が、そうじゃなかったのがわかりました。

デルトラ5巻の表紙を見てほしいのですが、怪物の目の上、真ん中のところに緑のものがあります。この緑の位置に、その単語が使われていました。

ああ、恥ずかしい。

このイラストがなかったら、なんかへんだなあと思いながら気がつかなかったと思います。(そういえば、いままでにも、なんかへんだなあと思いながら通り過ぎていたことが多々あったような……)

絵に助けられました。(^^)

ロングマン現代英英辞典をひいたら、「目と髪の間」という意味が最初にきていて、「眉」は2番目でした。

で、英和辞典をひいたら、「眉、額」……順番逆じゃん!(笑)

自分の勘違いの原因は、日本の英和辞典のおかげだったということもわかって、トホホ感を満喫しております。

では、英辞郎(英和辞典)の例文をご紹介します。
ご鑑賞ください。

・He wiped the dirt from his brow. : 彼はまゆからほこりをはらった。

※brow が brows ではなく単数であることに着目すると、より味わい深いトホホ感が迫ってきます。


▽応援クリックお願いいたします(1日1回のクリックが有効になるしくみです)。
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:00:01 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント

Julieさん、お久しぶりです。

掲示板にはご無沙汰の私ですがJulieさんのブログはいつもチェックしていますよ^^
デルトラは読めば読むほどはまり、一気に加速した本です。読み飛ばしが多くて今回の記事を読んですごいな~Julieさんと思いました。
語数が進んでから読むといろんな事が見えてくるんだろうな~と。
でも語数が進んでも気づかない私がいるな~^^。
Brow そうなんだ~ってびっくりしちゃったわ~~。最後の例文はビンゴなぐらいトホホですね。

水戸黄門様の話から始まり、Julieさんすごい。で、最近思うのがJulieさんのブログは一冊の本になるな~と思うのでした。

では!
2007-10-18 木 10:28:48 | URL | NEO #- [ 編集]

英和辞典はまちがっている?
はじめまして。

Julieさんの文章は、まとめて本にするといいなぁ、と私も思っていました。

水戸黄門の文章はとても参考になりました。

ところで、

on a substantive statementと、英字新聞にあり、ついでに、

substantialを?英和辞典と?英英辞典でひいたら
かなりちがっていました。

?では、実体のある、実在するとありますが、
?ではlarge in amount or value、または、
large and solid(oxford現代英英辞典)と、ありました。

英和辞典が、まちがっているのかなと、思いました。

いつも楽しい文章をありがとうございます。
2007-10-18 木 11:41:49 | URL | tofu #- [ 編集]

NEO さん、おひさしぶり!
うれしいな~、もう~。
本だなんて、ほめすぎですよ~~。(*^^*)

NEOさんは、早い時期にデルトラ読んでましたよね。私もいつか読むぞ~と思ってました。

brow はね、今まで本を読んでいて、汗をぬぐったり、泥をぬぐったりするシーンを何回も読んでたはずなのに、みごとに気がつきませんでしたー(笑)。
2007-10-19 金 06:59:43 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

tofu さんも、そんな体験が!
tofu さん、こんにちは!
SSSの掲示板でお名前拝見しています。(^^)

tofu さんも、辞書の訳語をうたがう体験をしてらっしゃるんですねー。
substance は、私にとっても、まだ実体がつかめていない、ぬらりひょんとした単語です。多読前、何度辞書を引いてもピンとこなかった記憶があります。だから、tofu さんのコメントには、「へえ~」でした。英和辞典って、そもそも英語と日本語の概念が一致するわけがないのに、なんとか合わせてようとする苦渋の痕がみえかくれしますねー。訳語を並べるのをやめて、説明にすればいいのに。google で検索して、ヒットした文の前後関係をつまみ読みするほうが早いかもしれませんよー。
2007-10-19 金 07:18:46 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪