RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
昨夜、電車の中で
隣に立ったスーツ姿の男性が、やおら鞄から
Grammer in Use を取り出して読み始めました。

おおー、いいですねーと心の中で拍手。

しかし。
しかし、です。

うーん、こんなことを書くと申し訳ないのだけど、
読めてはいるのだけど、ややしんどそうな様子。

息が止まったり
そわそわしたり
ページを握り締めたり。

そういえば、私も多読をはじめる前に
Grammer in Use を読んだときは、
そんなもんでした。(^^;

一見中学生~高校生くらいの英語で書かれているから
簡単そうにみえるんですけどね(^^;

答えを見てみると、自分の回答と違う言い回しになっていて、
「このほうが英語らしいなあ」と感じられればいいのだけど、
当時はそんな風にも思えなかったので、
自分の回答が当たっているのかどうかわからず、
あまつさえ、本の正解が間違ってる、誤植に違いない、
と思うこともありましたー(爆!)

レベル0~3をたっぷり100万語読むと
もっと楽に読めるようになるのだけど。

つまり中学高校レベルの英語を知識としては知っていても、
運用した量が圧倒的に足りなかったから、ですね。


で、私は、隣で読みかけのダレン・シャン10巻を
出すのが申し訳ないような気がして
「レベル0~3を多読しましょう~」と
念じて過ごしたのでした。

The Lake of Souls (Saga of Darren Shan)
Darren Shan
0007159196


▽多読が広がって、楽に英語を読める人が増えますように!
関連記事
blogranking.gif

英語で英語学習 | 10:18:40 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-27 火 22:56:05 | | # [ 編集]

とくめいきぼーさん、ありがとうございます!
管理人のみ閲覧いたしましたー♪

もっとやさしい本を持ち歩いていたら、こういうのを読むんだよーといわんばかりに取り出していたかもしれません(笑)。

Grammer in Use を読んで、同じような症状を感じている方には、ぜひ、レベル0~3の多読をしてほしいです!!
2007-11-28 水 10:20:50 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

以前、ご紹介頂いたWord Power 1500 今頃ですが購入しました。やってみたら面白かったので私のブログで紹介しました。で、詳しくはJulieさんのブログで・・・と振ってしまいましたので、あしからず・・・・英語での問題集系は読みなれしていないとしんどいですよね。やっぱりYL3までをたくさん読んで~~と思いますよね。
2007-11-28 水 13:15:13 | URL | NEO #- [ 編集]

NEO さん、こんばんはー!
ご紹介ありがとうございます!
あれ、面白いですよねー。
でも、あれが面白いといえるまでに
YL3までの蓄積がものをいいますよねー。
そうでない人には拷問だろうなあ
とおもいます・・。
2007-11-28 水 21:33:51 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

やっぱりそうだよね。
1500は語彙が簡単だからみんなが気楽にできるかな~と思ってしまったのですが、確かにYL3までの蓄積がないと拷問となりそうね!・・・自分の成長って見えないから難しさレベルの感覚ってわからなくなります。多読をしているから簡単だと思えるのよね。
私は学校英語はほとんどしなかったので学校英語をしっかりやったJulieさんのコメントは参考になります。いつもありがとう。
これからもブログ楽しみにしています!
2007-11-29 木 11:51:04 | URL | NEO #- [ 編集]

2度目のコメントさせていただきます♪

実は、この記事を読むまでその文法書の存在すら知りませんでした;;
その後、近くの本屋さんで偶然見つけて、中身を見ることができました~。
とりあえず内容は理解できそうでしたが、分厚いしなかなか難しそうですね。
文法や英作文に自信が無いので、もしその分野に効くのであれば試してみたいと思っています。

私もブログやっています。
よかったら遊びにいらしてください☆



2007-11-29 木 20:48:53 | URL | ari #UbZTmtOs [ 編集]

NEO さん、私もですよー!
私も数百万語読んでから1500をやったので、なんて楽しいんだろうって思いましたが、オフ会などで多読をはじめて少したった頃の方たちに「あれは難しいよ!」と口々に言われたのでした(爆)。

英語ができる人(?)のいう「やさしい」は絶対ムズカシイ、当てにならない、と多読をはじめた頃はわかっていたのに、だんだん自分が英語が読めるようになってきて、最初のころ、自分がどれだけ英語がわからなかったか忘れそうになってきてます(ためいき)。Oxford Bookworms の Level 1 が難しくて、あれを辞書なしで読む自信をつけるまで20万語くらいかかりましたもん。

おたがい「こんなの読めないよー」と思っていた頃の気持ちを忘れないようにしていたいですね!
2007-11-30 金 08:02:06 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

ari さん、にどめましてー!&文法のこと
Basic Grammer in Use のほうが「やさしい」ですよー。でも、読みやすさレベル3~4以上だと思います。この本のすごいところは、Mary や Bob や Clara が○○をした、という文章があったあとで、she や he が出てくるところです。いきなり He で始まるような例文はありません。これが英語の世界なんだなあ~と思います。

文法は、、、英語の場合、文法の研究が進んでいるので、文法さえできればという枷にとらわれやすいですが、文法なんか本当のところがわかってる人は誰もいないのだ、と思います・・(酒井先生の受け売りです・爆)。どんどん例外や細則が出てきて、あれもこれも丸暗記の世界。最近の英文法の発見は日本人がしているときいて、スゴイと思いましたが、同時に「こりゃダメだ」と思っちゃいました。つまり、ネイティブにとっては、それくらい無意識にやっていることを「発見」しているわけで・・。身に付けたいのは、その無意識にやっている感覚なんです。重箱の隅をつつくような細則は、文法学者になりたいわけじゃないので、どうでもいいかーと(^^;

そして、その英語の感覚、英語の世界観を身に付けるには、やっぱり、「どんな人でもレベル0から」の多読だなあと感じています。
2007-11-30 金 08:38:49 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

そんなときは!
そういう英語お勉強中の人を見付けたら、「こども式サイト」の栞をさっと渡して、さっと去りましょう!
2007-12-05 水 23:32:44 | URL | さかい@tadoku.org #- [ 編集]

さあ、みなさん、http://tadoku.org/ へ!
さかいせんせー、その手がありました!(笑)

さっと渡すのは恥ずかしーので、ひらりと落として「お嬢さん、なにか落としましたよ」「え?」(電車のドアがプシューと閉まる)(二度とあえない二人)(無情に雪が降る)というのをめざします!
2007-12-06 木 13:12:28 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。