RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
100%わからないのが当然!
前回の記事では「100%わかってよみたい病」について書きました。

「コップに半分水が入ってます」って話に似てませんか。

コップに半分水が入ってます。

もう半分しかない?
まだ半分ある?

あなたなら、どちらと感じますか。

同じ事象でも、とらえる側の見方によって、違う事実として映る場合がある、という話です。事実と思えたことでも、見方を変えれば違う世界が開けてくる。つまり、事象に意味をつけて判断し、勝手に凹んだり盛り上がったりしているのは、ほかならぬ自分なのだー!(笑)

たとえば、多読で70%くらいの理解で読んでいるとします。

70%しかわかってないよ、くるし~
70%もわかって読んでるよ、楽しい~♪

楽しんで読んでいれば、60%の理解だろうが、50%の理解だろうが10%の理解だろうが、自分の主観が「楽しい」であれば、それでいいのだー!(笑)

多読をはじめたばかりの頃は、わからないところが気になるのはあたりまえ。

多読になれてきても、ちょっとしたきっかけで、
わかってないほうへ目がむいちゃうことがあるんだよねー。

95%分かって読んでる、超やさしい本のあとで、
10%しかわからないペーパーバックを読んで焦ったとき、とか。

再読だから理解度上がってるかも、と思ったら
やっぱり60%だった、とか。

テストを受けて100%を求められ、
100%わかるのがイイのだと「刷り込み」を新たにしたとき、とか(爆)。

わかってるんだからいいじゃーん! だったはずなのに、
わかってないほうの部分をみちゃうんだよねえ。

今回私が平気なのは、このあいだやった、
日本語でも100%理解して読んでない! という実験のおかげだと思います。

手前味噌ですが、過去記事2つ、読んでくださいませ。

【実験】日本語でも100%理解して読んでいるわけではない
専門用語も飛ばしてわかる?

……そもそも「わかって読む」ってなんだろうねえ。

日本語の「わかって読む」では、やっていないことを、
英語の「わかって読む」では適用しちゃってるようなのだ。(^^;


▽理解度なんか測定しちゃダメ。自分で自分に成績つけないこと!のポチッ。
関連記事
blogranking.gif

多読的英語ネタ | 08:10:39 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント

納得,納得
そうなんですよね。
日本語と違って英語だと「全部理解しなきゃ!」という思いがなぜか強いです。
強すぎます。
分からないまま残しておくことに不安を感じるのでしょうね。

沢山読んで,分からないところをそのままで,それでまた沢山読んで,何度も目にしているうちになんとなく意味が分かるようになる。
コレって本当に自然な流れだと思います。
分からないものに不安を抱えているのは,たぶんインプットも少ないからだと思います。少ないものから最大限の情報を得ようとして無理をしてしまっているのでしょう。

多読や多聴は語学学習過程の中で本当に大きな役割を果たしているんだなあということに気づき始めているこの頃です。
そういいながら,自分が実践できていないのが一番イタイのですが・・
2008-02-22 金 08:16:27 | URL | Tim #mQop/nM. [ 編集]

Tim さん、短くて難しいものではなく、やさしくて長いものへ
>日本語と違って英語だと「全部理解しなきゃ!」という思いがなぜか強いです。

わかります。
特に、英文法の例題のような単文だと、語彙レベルがむずかしいので、まず焦る(爆)。加えて、1語わからないと1文がまるまるわからないように出来ている!

長さがあるとねー、1語わからなくてもなんとなくつなげて、その1語の姿が全体からみえてくるってこともあるのだけど。

それから、英語圏の子ども向けの絵本は、語数が少ない分、1語わからないときのヘコミ度も高いですね。特に、芸術系絵本は一語一語を練り上げていて、最初はムリ!(爆)

まずは、外国人向けに語彙制限をしたGRのやさしくて長いやつ(レベル0)で、飛ばしても平気なのかな、どうなのかなっていうところを、おそるおそる試してみて(笑)、充分に安心感を味わうのがいいと思います。

がんばらずに、楽しんでくださいね♪
2008-02-22 金 11:44:20 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Tim さんへ追伸
短くて難しいものではなく、やさしくて長いものへ

と書いたのは、従来の英語学習の例文は
短くて難しいものだ、というつもりでした。
わかりにくかったので、追伸です。

短くて難しいものを分析することで、
長くて難しいものを読むアプローチ、
でもそんなの、難しいばかりが続く(笑)。

多読では、やさしくて長いものにから
難しくて長いものへいきます。
やさしい、やさしいと思ってるうちに
いつの間にか難しいのも
読めるようになっていた
というアプローチです。
2008-02-22 金 16:25:22 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

Julieさん。はじめまして。
私も、昨年から英語の多読をしています。
今、ナルニア国物語を読んでいるのですが、児童書でもところどころに???というところがあります。でも、ストーリーを追うのには問題ないので、読んでて楽しいですね。
自分が読んでて楽しければ、それでいいのだー!というご意見には諸手をあげて大賛成です!!!
2008-02-23 土 09:18:55 | URL | ウェーバー #- [ 編集]

初めまして☆
こんばんは&初めまして。以前より、時折訪問させて頂いているのに、コメントを残すのは、これが初めてです。今後ともよろしくお願いします☆

一昨日、Harry Potter 1を読み終えた所なんですが、私の語彙力だと(日本語で理解した度合いを100%にした場合)多分70%強くらいの理解力だと思いました。実は7年前に一度読み終えているのですが、当時のスキルから推測すると25%くらいしか理解していなかったと思います。この7年間に約50%も理解力が上がったと思うととても嬉しかったです。なので、私の場合、後者の“70%もわかって読んでるよ、楽しい~♪”だと思います。

100%は無理だとしても、また近い将来、このHarry Potterをもう一度読む機会があったら、少しでも向上していたらと思うと楽しみで仕方ありません。現在、4年前に読んだDarren Shan 1に昨夜から取りかかったのですが、どれくらい理解力が上がっているのか、今からワクワクしています(←物語ももちろん、楽しみなんですけどね・笑)。

また遊びにきます☆

追伸:
Julieさんは、Darren Shan全巻制覇されていたと思いますので、過去記事を参考にさせて頂きますね♪
2008-02-23 土 19:21:06 | URL | りとる #hsmDMIx2 [ 編集]

ウェーバーさん、いらしゃいませ♪
>今、ナルニア国物語を読んでいるのですが、児童書でもところどころに???というところがあります。でも、ストーリーを追うのには問題ないので、読んでて楽しいですね。

そうそう! 細かいところを求めると全体がみえなくなっちゃったりするし、楽しいのが一番ですねー!

ナルニア、すごいなあ。
私は途中の巻で止まってますが
王子様の映画の前にはまた読みたいです。(^^)
2008-02-24 日 17:01:23 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]

りとるさん、いらっしゃいませ☆
100%の理解度で翻訳のフィルターを通して読む
ハリポタより、
70%の理解度で読む原書のハリポタのほうが、
ずっと豊かですしねー。(^^)

ダレンは1巻と最終巻が面白かったです。
ええと、あまりネタばれになることは
ブログには書いてないので、
あまり参考にならないかもです (^^;;;;;
2008-02-24 日 17:16:05 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。