RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
Stand by Me ふたりのキング。歌と小説と。
ベイ・E・キングの歌う名曲『Stand by Me』。

「ただそばにいる」のではない、と感じて、
stand ってなんだろうと、この歌が大流行した1661年を調べました。

1661 年は、1 月にケネディが大統領に就任。黒人の公民権運動が盛んになり、3月には、バス(Freedom Riders)がテロで爆破される事件がおきました。このバスは、人種平等を訴える活動として、黒人・白人の若者たちが乗り合わせ、偏見の強い南部各地をめぐってキャンペーンをしていたのです。まさに、Stand up for freedom だった年。
When the night has come
and the land is dark
and the moon is the only light we'll see,
No, I won't be afreid,
Oh, I won't be afreid
just as long
as you stand
stand by me.(歌詞から引用)

Different Seasons小説の中にも出てきますが、「勝負どころ」ってのが人生にはあるものです。勝つとか負けるとかでなく、そのとき、その場で stand してることを試されるというか。

流されない、ぶれない、揺れない。
あるいは、揺れてもいいけど、それでも stand する、ということ。

※そういえば、弱気になったとき "I can't stand any more." なんて言いますね。

そんなときに、隣で一緒に立っていてくれる人のありがたさ。
ありがとうって思うのです。

"The Body" は、そんな物語でした。 GR も出ているので、よかったらどうぞ。

The Body (Penguin Readers: Level 5)
Stephen King
0582418178

▽ポチッと。
関連記事
blogranking.gif

読みやすさレベル9 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント

こんな歌詞だったか・・・
聞いているだけじゃ、さっぱり何言ってるのかわからなかったよ。
難しいことなんか、言っていないのに・・・
まだまだ、ですなあ。

意味がわからなくても充分いい歌だけど、
背景と意味がわかると、さらにずっしり来るね。
2008-06-18 水 17:01:22 | URL | こるも #HYk322Nk [ 編集]

こんな歌詞でした!
こるもさん、こんばんはー!

ネットでけっこう紹介されているので、
2番の歌詞も探してみて。

ずしっとくるよねえ。
2008-06-18 水 20:39:04 | URL | Julie #KF52YxzM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。