RECENT ENTRIES
blogranking.gif
fc2blogranking
CATEGORY
多読の本・お役立ちサイト
CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10月 « 2018/11 » 12月
ARCHIVES
with Ajax Amazon
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogranking.gif

スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
vanishing cream とは? 実在するの!?
洋書を読んでいたら、おばさんが「私の vanishing cream はどこ?」と
探すシーンがあって、ええー、vanishing cream って実在するの~!?と
とても驚いたのです。

(恥ずかしながら、知りませんでした)

というのも、私の中では vanishing cream といったらアレだったんです。
Oxford Reading Tree シリーズに出てきたアレですよ。

アレ(↓)。

Vanishing Cream (Oxford Reading Tree)
Vanishing Cream (Oxford Reading Tree)


絵をよ~く見てください。
子どもたちの手が……???
そして、かたわらのビンのラベルには vanishing cream と書いてある!

これを読んだ当時、私は vanish の代表的な訳語は知ってたんですが、
この表紙を見て、vanish ってこういう感覚なんだ~~ほおおお~
と面白かったのを覚えています。

(以下、長いので続きに)


blogranking.gif

“vanishing cream とは? 実在するの!?”の続きを読む>>
多読的英語ネタ | 20:23:18 | Trackback(-) | Comments(-)
【イギリス英語】tea がお茶じゃないやつが出てきた
ジブリ映画『思い出のマーニー』の原作 "When Marnie Was There" を
読んでいたら、
tea がお茶じゃない場面が出てきました。

イギリスの tea はお茶じゃないというのは、
以前、じゅんじゅんさんがシャーロックの例でブログに書いていましたけど、
まだ読んでない方、必読ですよ。

(読むのを楽しみにしている方もいると思うので、
そのシーンだけ引用します。何も見たくない方はネタバレ注意です)


↓続きに隠します。


blogranking.gif

“【イギリス英語】tea がお茶じゃないやつが出てきた”の続きを読む>>
多読的英語ネタ | 16:03:11 | Trackback(-) | Comments(-)
投げ技、発動
大人向けのミステリーを読み始めていたのですが、
登場人物が出揃うかどうかのあたりで
別なことで忙しくなり、何日かあいだが空きました。

このままいくと、1~2ヶ月、
もたもた抱えてることになりそうなので、
その本はいさぎよく投げることにしました。

忙しいときは、もうちょっと、すきま時間で
さくさく読めるもの、読もう~。

生活には波があるので、波にあわせて
本も投げたりひっこめたり本棚に返したり。

それは英語の問題じゃなくて、
多読を生活になじませるコツみたいなもの。

Happy Reading♪

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 09:31:26 | Trackback(-) | Comments(-)
とくダネ!で「My name is ...」は今どき使わない!?
一昨日、テレビ番組「とくダネ!」で
「My name is ...」は今どき使わない、
「What's your name?」も失礼なききかた、
「Good-bye」は、そう簡単に再開できない感じ、とやっていました。

うん、私もそう思う。
とはいえ、My name is ... も What's your name? も使うし、
場面や状況次第と思います。

以下、長いので続きに。 blogranking.gif

“とくダネ!で「My name is ...」は今どき使わない!?”の続きを読む>>
多読的英語ネタ | 01:35:52 | Trackback(-) | Comments(-)
納期を伝える【おそるおそるビジネス英語】
若かりしころ、製品の納期問い合わせがあったときに、

We will ship it on Jan 23.

と 返信して帰ると、翌朝必ずアメリカから電話がかかってきて、
メールさんきゅ~、重要だから確認するね~という前置きで、
これはもう他部署に確認した納期なのか、
船積み手配は済んでるのか、
と聞かれたものでした。

こちらにすれば、納期連絡してっていうから連絡したのに
必ず、電話がかかってきて、なんか変だなあ~と思ってました。

(今から思うと、
君はそうするつもりなんだね。気持ちはわかった。
で? 実際どうなの?
と思わず電話かけたくなる気持ちがわかるわー)

で、本を読んでいてハッとひらめいたんですが。

It is to be shipped on Jan 23.

て、書けばよかった。

It is to be shipped out on Jan 23.

のほうがもっと英語らしいか。
今度、機会があったら、こう書こう。

あ、もちろん、The shipping date is Jan 23. もオッケーです。

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 11:21:46 | Trackback(-) | Comments(-)
新年によせて
旧年中は、たいへんお世話になり、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

去年の、自分の中での多読ハイライトは
「古典もけっこう読めるようになったじゃん」でした。
(とはいえ、まだまだ……ではありますが)

「万年レベル3の状態」が何年も続いたけど、

(※万年レベル3:上のレベルも読めるけど、
首を伸ばして読んでる感が強く、
なんのかんのいっても楽に濃い目に
楽しめるのはレベル3だよね~、という時期)

最近、ようやく万年レベル3を脱してきたような気がします。
(気のせいかも……)

先日、英語圏のサイト(http://testyourvocab.com/)で語彙力チェックをしたら
そのサイトの基準では、約 1万語 と判定されました。
(日本語にしろと言われると、まったく同じ日本語がないので困るけど、
「こういう物を、ぐるんと回す動きのことでしょ」とか、そんな感じ)

同じサイトの資料をみると(Native speakers in greater detail)、
これはネイティブ・スピーカーの7~9歳児くらいでしょうか。
うん、まあ、最近、それくらいの年齢向けの本が
楽になってきた、という感覚はあります。

それくらいの年齢+大人の常識力で、
古典も読めるっちゃあ読めるけど、まだまだでもある、ですね。

といっても Vocabulary の数値で、やっぱり暗記なの?
と怖がらせてもなんなので書いておきますが、
基本2,000単語を使えるようになれば、
書き言葉の8割、話し言葉の9割をまかなえる

といわれています。
だから、やっぱり、もっとやさしい本が大切だな~と思います。
地の文がよくよくわかってると、ちっとくらい難しい単語が
ほんの少しだけ混ざっていても、さらっと読めちゃう、
そんな力をつけたいよね~。

今年もやさしい絵本を読んだり、ネットの新聞記事を読んだり、
ときどき無茶して大好きな小説を読んだり、
ビデオや映画も楽しんでいきたいなあ~。

(そして、積読本を減らすという抱負はもう言わない。
毎年思っても、無理なのがよくわかった・爆。
成り行きにまかせて、気ままに進みつつ、
今年も未読本を積み上げるぞ~・爆)


blogranking.gif

多読的英語ネタ | 13:16:05 | Trackback(-) | Comments(-)
家の中に fireplace がある、と見て……
なぜか「囲炉裏」を連想。

ちゃう、これ、アメリカや。

というわけで、脳内映像を微調整。

火を部屋の真ん中ではなく
壁に収納しました。


blogranking.gif

多読的英語ネタ | 00:24:21 | Trackback(-) | Comments(-)
英語を読んでいる夢(?)をみた
それは一昨日のことじゃった。

夜、布団の中で "The Left Hand of Darkness" を読んでいて、
だんだん眠くなってきて、
でも、coursera のクラスの課題本なので
うつらうつらしながら読んでいました。

目は Kindle の画面の文字を追いかけるのだけど、
ハッ! そんな展開になるのか、覚えとかなきゃ!と我に返ると
まったく別のことが書いてありました。

そう、4 行分くらい、勝手に活字を組んで創作していたようです。(^^;;
目はちゃんと活字を追いかけている夢でした。
それがまた意味のある文章になっていて
夢の中で続きを読んでいたのでした。

それを 3 回繰り返したところで、あきらめて寝ました。

朝になったら、その章の最初のあたりから
なにも覚えてませんでした。
3 ページくらいさかのぼって読みました。

いや~、夢の中で英語をしゃべっていたというのはあるけど、
夢の中で活字を読んでいたのは初めてです。

この時期、布団乾燥機をかけた、ふかふかの布団には
独特の魔力がありますね。

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 09:47:19 | Trackback(-) | Comments(-)
coursera 哲学のクラスもとりました
まだ最初の週なので、よくわからないのですが(汗)
イギリス、エジンバラ大学の哲学入門クラスをとりました。

Introduction to Philosophy

講師が毎週変わり、ビデオを観て、クイズに答えるだけ。

楽勝!

(ほんとはフォーラムで議論に参加するといいらしい)


ただ、初回の「哲学とはなにか」を入門者に説明する回は、
誰が担当してもこうなるのだろうなとは思いますが、
とてつもなく眠かった。

うーむ。投げるかも。

blogranking.gif

多読的英語ネタ | 09:58:38 | Trackback(-) | Comments(-)
coursera はじめました。
♪ 冷やし中華~、ぢゃなくて、coursera はじめました。
オンラインで世界中の大学の講義を受講できるものです。

https://www.coursera.org/

ここからミシガン大学の Erick Rabkin 教授による
Fantasy and Science Fiction: The Human Mind, Our Modern World
の講義をとりました。

週に 1 冊読んで、火曜日の夜までにレポートを出す、
という鬼スケジュール。

ひえ~、そんなに読めね~と前回は見送りましたが、
講義のビデオをみるだけでもいいし、
ここで参加しなかったら、自分のなかの中2の私が泣く
と思ったので、思い切って参加しました。
(だって SF が大学の講義でとりあげられるなんて
絶対、聴きたい!って思ったもの)

それにしても、自宅のパソコンで留学(?)なんて
すごい時代になったもんです。

(続きは長いです) blogranking.gif

“coursera はじめました。”の続きを読む>>
多読的英語ネタ | 12:37:59 | Trackback(-) | Comments(-)
前のページ 次のページ
SEARCH BOX
読みやすさレベル (YL)
文字なし絵本・・YL0.0
ハリポタ1巻・・YL6~7

おかげで、苦行だった英語の本が楽ちんに読めるようになりました♪
快読100万語!ペーパーバックへの道
快読100万語!ペーパーバックへの道
酒井 邦秀

詳しくは→NPO 多言語多読

PROFILE

Julie

  • author: Julie
  • A Japanese grown-up :)

    多読 3原則
    1.辞書は引かない
    2.わからないところは飛ばす
    3.あわない本はドンドンやめる

    洋書をすらすら読みたいなら、すらすら読めるレベルから辞書を引かずに少しずつ読み上げていけば、いいのだ!

    目からウロコの英語多読をしています。

    英語の語順どおりにそのまま読み「英語のままわかる」感覚を自分で育てていきます。 (そのためには、苦行しない(笑)。どんな方でもレベル・ゼロから始めるほうが、結果的に楽に読む量が増えます)

    日本語を迂回した理解 (和訳) を避ける理由は、(1) 時間がかかって即反応できないから、(2) どんな単語でも日本語と英語の間にはズレがあり、英語の世界でのニュアンスをつかみたいから、ひいては (3) 自分の知識にないことに出合ってもその場で適切に対処する力を鍛えるため、です。ベーシックな言葉をたっぷり吸収していこー!

    楽しい本との出合いがありますよう、そしていろいろな「発見」がありますように!
    Happy Reading♪

    2003年5月 多読開始、半信半疑で読み始める。
    2005年5月 1021冊、700万語通過&ブログ開設(それ以前の多読記録は、このブログにはありません)
    2006年9月 1218冊、1000万語通過
    2009年11月 Kindle 2 ユーザー。
    2013年11月 Kindle Paperwhite 購入。
    未読本は心の余裕!

    Julieの英語多読本棚(多読初期に読んだ本を登録中)
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
多読 LINKS
♪お世話になってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。